「月曜日がゆううつ」になったら読む本 ―仕事で疲れたこころを元気にするリセットプラン39

著者 :
  • 大和書房
2.86
  • (0)
  • (7)
  • (19)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 109
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479782438

作品紹介・あらすじ

会社がつらくなってきたあなたへ。「行きたくないなあ」と思っているのは、あなただけではありません。仕事がらみの人間関係に疲れたり、成果が出なくて苦しくなったり、イライラしたり、焦ったり、なかなか一歩が踏み出せなくても、大丈夫。不安の原因は変えられなくても、不安に立ち向かうこころを強くすることはできます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <閲覧スタッフより>
    人間関係に疲れたり、仕事が上手くいかない時、毎日の「ゆううつ」とどう向き合いますか。
    「ゆううつ」は誰にでもあるこころの状態。無理に打ち消すのではなく、「ゆううつ」に対する考え方、付き合い方を変えることが大切であると著者は伝えます。
    --------------------------------------
    所在記号:498.39||ニシ
    資料番号:20099633
    --------------------------------------

  • 内容として悪くないので、もう少し科学的な具体性がほしかった。

  • 2015.9.23

  • がっつり重い内容ではなく、やや軽いノリで読める。
    ざっと全体を読むだけでも何かに気づけそうだし、目次から気になったところだけピックアップして読んでもタメになるので、長くつき合えそうな一冊。

  • 転職したい、まで至らなかった頃、転職を決めた頃、辞表をだしてから。
    それぞれの瞬間で悩んでいた時に読んだ本です。

    自分が、脳のどこでストレスを感じているかなど、自分だけじゃなく、生理的反応なんだと思ったら気持ちが楽になった本です。

    症状別に処方箋がでる感じの本。

  • 仕事以外にも使える、人生を楽しく生きるためのヒントがここにあると思います。非常に読みやすいです。

  • 月曜日に対する憂鬱の共通点と言えば「仕事が嫌だ」という感情でしょう。好きでもない仕事に行かなければならないという感情になれば、誰だっていやになってしまうもの。

    ただ、その嫌だという気持ちの種類も様々だと思います。
    本書で取り上げられているものとしては

    とりとめのない不安
    仕事での疲れ
    職場の人間関係
    などです。

    個人的に気になったのは、最初の「とりとめのない不安」の取り除き方について。
    不安を感じる、自身が持てない、どうもやる気が出ないなんてときにやってみるとよいのが「他人のために行動する」というもの。
    他人に感謝される、または他人のために行動したという気持ちをもつと、ドーパミンやオキシトシンというホルモンが分泌され、活力がみなぎってくるそうです。

    他にも、気にしない、とにかく気の持ちようというのがやはり大切なようです。
    体裁ばかり気にして残業するのもよくないし、嫌な先輩はかわいそうな人と思えと。
    それができれば苦労しないなんとこともありますが、ダメだとあきらめずに試せる方法は何でもやってみるのが大切かなと。

    ただ、ひとつ気になったことが。

    月曜日が嫌な人にとって、最もきついのは「日曜日の夜」なんじゃないのかなと思うわけです。

    月曜日自体は、一度仕事に行ってしまえばあとは惰性で何とか乗り切れることはあると思います。
    また、もし月曜日に出勤した後で嫌な思いをしたなら、上記の方法を駆使して乗り切っていくパワーを付ければいい。そのための本なんだし。

    しかし、日曜日の夜に「明日仕事行きたくない」と嘆いている状態を克服するのは至難の業。ひとによっては夜眠れなくなるなんてこともあると思います。
    そんな「日曜日の夜をビクビクせずに過ごす方法」について良いアドバイスがなかったのが残念です。

    あくまで「憂鬱にならないためにこういう風に気を付けよう」な本ですが、大切なのはやっぱりそこなのかなと。
    憂鬱になってからでは本を1冊読んだくらいでは前向きになれるはずがないわけです。
    そうならないためにも、日ごろから心のケアに気を付けるのが大切なのかなと、改めて感じさせてくれる1冊です。

  • 目新しいことはないが、精神科医の先生が自分のために話してくれているような感覚で読めた。実践しやすいアイデアが結構あり個人的には満足。買って良かった。

  • まさに毎週日曜日の夜はこのタイトル通りなので(笑)
    内容は精神的に疲れない為に、みたいな感じで、元気づけられる訳ではなかったです。精神科の話がちらほら出てきて、「あれ?自分精神科にかかるレベルに憂鬱?」と錯覚しそうになりましたが、たぶんまだそこまではいってない…はず。
    結果として、ゆううつになった時にこの本を読んで気が楽になるか?といったらそんなになりませんでした。(日曜の夜に読んだ結果w

  • 実際に使える「ゆううつと付き合い方法」が書かれていた。精神科医の方なので難しいことが書かれているのかなと思いましたが、全体を通してちゃんと根拠に基づきつつも精神論に走っていない文調で読みやすかったです。

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

精神科医・医学博士。スタンフォード大学医学部睡眠・生体リズム研究所客員講師。1970年、石川県生まれ。東京医科歯科大学卒業。ハーバード大学医学部研究員、自治医科大学講師などを経て、現職。日本精神神経学会専門医、睡眠医療認定医など、資格多数。これまでに数多くの患者を臨床現場で診察するだけでなく、精神科産業医として、企業のメンタルヘルスの問題にも取り組んできた。脳機能を向上させる脳・睡眠研究の学術論文を発表し成果を上げ、医学生・研修医の教育・指導にも力を注いでいる。

「月曜日がゆううつ」になったら読む本 ―仕事で疲れたこころを元気にするリセットプラン39のその他の作品

西多昌規の作品

「月曜日がゆううつ」になったら読む本 ―仕事で疲れたこころを元気にするリセットプラン39を本棚に登録しているひと

ツイートする