パリジェンヌのスタイルある暮らし

  • 大和書房
3.13
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479782933

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 氣になったポイント

    壁の色と家具の色合い
    可愛い小物
    植物
    自然光
    穏やかな照明

    厳選されたお氣に入りアイテムをシンプルに配置

    こどもの存在


    うさぎや小鹿のお人形


    個人的に特に印象深かったのは
    カトリーヌさんの家

    それとチェイルリー公園で映画のようにロマンティックな出会いをしたヴィヨット夫妻

    どんな出会いだったのだろう?


  • パリジェンヌたちの暮らしと半生。全員に同じ質問してるコーナーが好き。フランス社会が可能にしてくれる部分も大きいだろうけど、本に登場するどの人も一貫して自分のスタイルを持っていて、それを無理なく生活に反映しているところが格好良かった。

    フランス社会やフランスの価値観に関するコラムもところどころに挟んであって勉強になった。

  • マグネットに包丁を沢山貼り付けている写真が気になった。

  • ここ数冊読んだパリの人たちの考え方や暮らしがとても素敵だったので、イメージも、と思い借りた本。うーん…。かなり違う感じをもった。憧れない…。
    ただ、この本から、より一層自分の好きなジャンルがミニマルシンプルモダンで、小物をいろいろ飾ったり、好きなものを集めて雰囲気を楽しんだりするよりも、何もない・すっきり・デザインはあるけど邪魔じゃないもの・場所が好きだな〜、と改めて思い、それはそれで気づきになった。

  • おしゃれな写真が多くあり、また年齢層がやや高めで落ち着いた感じの内容で参考にしうる部分が多くあります

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

【トリコロル・パリ(荻野雅代・桜井道子)】フランス在住15年以上の日本人ふたり組。2010年に立ち上げたパリとフランスの情報サイト「トリコロル・パリ」(http://tricolorparis.com)でパリの観光情報やフランスの素顔を独自の目線で伝えている。『パリでしたい100のこと』(自由国民社)などのガイドブックから『パリが楽しくなる!かんたんフランス語』(パイ・インターナショナル)などのフランス語会話集まで、著書多数。

「2017年 『おしゃべりがはずむ フランスの魔法のフレーズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トリコロル・パリの作品

ツイートする