子どものやる気を引き出す「聴き方」のルール~「傾聴」で、どの子も100%変わる! ~

著者 :
  • 大和書房
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479783015

作品紹介・あらすじ

"子どもが変わる聴き方"の極意は、親の「こうしてほしい」を棚上げにすること。親が「聴き方」を変えれば、子どもは"自分から"変わります!今日から親子の関係がガラリと変わる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 題名通りの内容。
    期待しているとおりのことが書いてあるという、意外とめずらしいパターン。(この手の本は、誇大広告的なタイトルが多いです。)

    子どもの話を聴いているつもりで、親は自分の意見を押し付けているだけ、子供は次第にその状況に嫌気がさして、心を開かなくなっていく。

    そうならないためには、親は子供の話を、きちんと聴く。傾聴する。
    コツは、子供も自分とは別の1つの人格を持っている他人だと思う事。
    確かに、これができると良いだろうな。
    子どもを自己同一化せずに、ある程度距離感をもって、余裕を持って接すること。

    ただ、聞いているだけでもダメ、そのまま同調するわけではなく、君はこう思ったんだねと、「あなたの感情」として理解してあげることで、子供も頭の整理がつき、過激な表現なども収まってくる。
    (「受け入れる」のではなく、「受け止め」て返してあげる。)
    これは、確かに重要だと思った。

    この通りにできると良いけど、なかなか難しい。
    ただ、こどもが不機嫌になることがどういう場合かということを察しられるヒントが入っているところが価値が高い本。

    本文から

    やる気を失わせる7つのNGワード
    ①指示語や態度で親の要望を強いる。
     「しなさい」「しなきゃだめ」
    ②将来のことを持ち出す
     「しないと、受験で失敗するよ」「そんなことじゃ落ちこぼれるよ」「社会に出たらやっていけない」
    ③過去のことを持ち出す
     「前派いい子だったのに」「小学校の頃はよくできたのにね」
    ④性格を指摘して否定する
     「ルーズな性格だからできないのよ」「飽きっぽいから結果が出せないね」「気が小さいのが原因だと思うよ」
    ⑤生活面のしつけや訓練などと混同する。
     「ルーズな性格だからできないのよ」「飽きっぽいから結果が出せないね」
    ⑥親が悲しいそぶりを見せる。
     「こんな子に育って情けない」「お母さんの気持ちも知らないで」
    ⑦世間体を気にする
    「近所に知られたら恥ずかしいよ」

  • 子どもは心が満たされると、自分で成長していく力を発揮できる。子どもにとって大切なのは、親の傾聴だという。よい会話の例、悪い会話の例が載っていて、とても分かりやすい。丁寧な対話を心がけたい。

全3件中 1 - 3件を表示

子どものやる気を引き出す「聴き方」のルール~「傾聴」で、どの子も100%変わる! ~のその他の作品

松本文男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする