品のよさがあふれ出る女性 品のかけらもない女性

著者 :
  • 大和書房
2.75
  • (0)
  • (3)
  • (8)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 56
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479783275

作品紹介・あらすじ

あか抜けない、子供っぽい行動をしていませんか?この本は、あなたのマナーの価値観を180度変える本です。フランス人から学んだ、「無駄を省く=洗練された」生き方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で借りた本。
    図書館の新着本で見つけて、予約した本。
    歩き方とか、立ち居振る舞いなんかが書かれてる事を期待したけど、もっと基本的なマナーのことだったので、残念でした。マナーももちろん大事だけど、立ち方、歩き方の美しさを求めていたので、さっと目をとおしただけとなってしまいました。ごめんなさい。

  • 題名は少し過激ですが、内容はそんなことはなく、いろんなシーンでのマナーや、生活を楽しむコツなど誰かを避難するようなことは書いておらず安心しました。

    「フランス人は10着しか服を持たない」と内容は似てますが、著者が日本の方でなおかつマナー教師をされているため、違和感なく勉強になりました。

  • 衣類の取り扱い方や選び方は個人の自由かなと思うけど、世界基準で考えたプロトコールマナーについてはためになった

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

株式会社エリタージュ 代表取締役社長 銀座フィニッシングスクール ティアラファクトリー主宰。 1974年東京都生まれ。幼少時代より日舞を習い日本人女性としての身のこなしや和の作法を学び、高校の教育課程において礼法・栄養学など礼節をわきまえた育成教育のもと修学。その後国際ホテル科に進み、世界に通じるプロトコールマナーや接遇を学ぶ。 都内外資系一流ホテル勤務後、推薦を得てスイス・ジュネーヴの企業に就職。 帰国後は大手外資系企業にて社長秘書等を経験し、2005年銀座にてフィニッシングスクールを設立。現在、銀座校とパリ校でスクールを主宰。 日本人として世界に誇る美しい和のマナーと、ヨーロッパのエッセンスをプラスした質の高いフィニッシングレッスンが特徴。“自分らしく美しく人生を愉しむ”をコンセプトに、毎日の生活を心豊かに〈衣・食・住〉を美しく生きるためのプロトコールマナーが、多くの女性の支持を得ている。 監修に『心に残る結婚式にするために結婚の段取り&マナーBOOK』『おつきあい上手になるための手紙の書き方と贈り物のマナー』(毎日コミュニケーションズ)。

「2015年 『気持ちがしっかり伝わる 手紙の書き方と贈り物のマナー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

品のよさがあふれ出る女性 品のかけらもない女性のその他の作品

矢部惠子の作品

ツイートする