週末5万円からの東南アジア

著者 :
  • 大和書房
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479783336

作品紹介・あらすじ

近い、安い、美味い、おもしろい!「休みが取れない、お金もちょっと…でも海外に行きたい!」そんなあなたにとっておきの場所、それが東南アジア。世界遺産、街並み、海・山、グルメ、買い物、お祭り事と、なにを目的にしても、きっと期待に応えてくれるでしょう!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり東南アジアはいいなーと再認識しました。
    タイが大好きなのはもちろんですが、まだ行ったことのない国にも早く行ってみたいです。特にベトナムは街歩きも楽しそうだし、おいしいものも多そうで心ひかれます。
    どこかに行きたいなと思っている人におすすめです。

  • 旅、いいですね。

  • パラパラ

  • 15.sep.12

    タイを根城にして(?)東南アジアを旅している筆者の本はこれで3冊目くらいかなぁ…。

    一見、タイトルだけ読むと「週末という短い時間で、いかにリーズナブルに東南アジアを楽しむか」という本なのかな?と思えるけど、そうではない。笑

    LCCのこととか触れてあるけど、8割は筆者の旅行記。
    内容はまあまあ面白かったし、また東南アジア行きたいな〜と思えるんだけど、タイトルが噛み合ってないのに少しもやっとしたので、星3つで。

    前もこんな本あったなこの人。。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

著者略歴: 1976年千葉県生まれ。旅行作家。妻の松岡絵里と旅先からリアルタイムに更新し続け話題になった旅行記サイトの書籍化『世界一周デート トモ&エリの607日間ハネムーン』(TOKIMEKIパブリッシング)でデビュー。その後夫婦でまとめた世界一周旅行ガイド『してみたい!世界一周』、会社員生活の中での海外旅行体験をつづった『仕事が忙しいあなたのための週末海外!』(ともに情報センター出版局)が大きな反響を呼び、旅行作家としての活動を本格的に始める。これまでに世界90カ国以上を訪問し、現在もほぼ毎月海外へ出かけている。雑誌等への寄稿および記事監修のほか、編集者として旅行ガイドの制作なども手がける。近刊は『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』(講談社)、『自分を探さない旅』(平凡社)など。

「2014年 『35歳からの海外旅行<再>入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

週末5万円からの東南アジアのその他の作品

吉田友和の作品

ツイートする