続けるほど、毎日が面白くなる。もっともっとマイノート (OURHOME)

著者 :
  • 大和書房
4.06
  • (17)
  • (19)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 342
感想 : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479785484

作品紹介・あらすじ

マイノートは心の貯金通帳。
今、書かないともったいない!

仕事も家庭も!
マイノートで目の前の景色が変わり始める!

約2千名が参加!
大人気の「マイノートのつくりかた」レッスンを行うEmiさんが、
自身のマイノートの書きかた&使いかたを全公開!

▼マイノートを「書いててよかった! 」の声が続々!
・マイノートをつけはじめて「自分」に意識が向くようになりました。
・良いことは「はやくノートに書きたい! 」、悪いことは「作戦会議したいわ! 」となっています。
・介護だけに偏らない自分の生活を見つけられました。
・書くことで脳に刺激がいくのか、仕事面では本当に同じ失敗をしなくなりました。

▼本書の目次より
1 マイノートのつくりかた
・心が動いたことを残すマイノートの基本ルール3
・モチベーションが上がるのは「薄い」ノート 他

2 マイノートで自分がわかる
・モヤモヤしたら、連想ゲームのようにして気持ちを書き出す
・書いたものを見返すと自分らしさがわかってくる 他

3 マイノートで生きやすくなる
・人と比べて落ち込むことが減る
・一年前のマイノートが自信をくれる 他

4 マイノートで生活が変わる
・自分の体のメンテナンスに意識がもてる
・自分にぴったりのものが買えるようになる 他

5 マイノートで人付き合いが変わる
・どんな人と気が合うのかわかるようになる
・「わたしらしさ」を発信すると世界が広がる 他

6 マイノートで仕事が変わる
・「5W1H」を使うとやりたいことが具体的に
・「マイノート」と「やることリスト」は違う 他

7 マイノートで子育て・夫婦関係が変わる
・子どもを認める声かけができるようになる
・パートナーのいいところを5つ書き出してみる

8 マイノートを続けるコツ
・書くことが面倒……よりも書かないことがもったいない!
・ハードルを低くする3つのポイント

column
・みんなのマイノートepisode
・みんなのマイノートにもっと深めるアドバイス
・マイノート一問一答
・マイノートを書きたくなる31の質問

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昔何となく1冊のノートに学びを書き始めて止まってる。見返してみると、なぜこれが気になったのかと新たな発見がある。しかしその後ほぼ日手帳、トラベラーズノートなども買い、1冊に書かなくなった。ジャンルがはっきりしていれば別々のノートに書き、迷ったらその他ノートに書くようにしている。この本が推奨する様に1冊のノートに書くメリットがあるのはわかるが、悩みどころ。

  • マイノートをつけてきたけれど、いまいち「自分らしさ」がわからない…
    そんなわたしみたいなマイノート迷子の方にオススメ!

    〜~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~〜

    実はマイノート、18冊書き終わりました。
    最初にマイノートを書いたのは2017年のこと。
    「自分らしさ」がわからなくて、知りたくてつけてきたマイノートも18冊になり、書いた期間も5年になりました。

    読んだ本や気になったチラシ、テレビでのひと言などを書き留めて感想を書き続けてきたけれど、でも今ひとつ、「自分らしさ」というものがつかめない…
    5年も書いてきて18冊にもなるのに、なぜなんだろう??とガッカリしていたところ、Emiさんによるマイノートの本の続編が出版されました。

    本書は前作「わたしらしさを知る マイノートのつくりかた」を読んでいなくても大丈夫な構成になっています。
    本書の最初にはマイノートを書き続けるといい理由、マイノートの基本ルールなどが書かれており、マイノートを書いている方も手に取りやすくなっています。
    また既にマイノートを書いている方にはその良さや書き方の復習にもなります。

    〜~~~~~~~~~~~~~〜〜~~~~~~~~

    そして本書の最大の特徴は「マイノートを書き続けている人が陥りやすい悩み」に対して、こう考えてみようというアドバイスをしてくれているところです。

    わたしの悩みは冒頭に書いたように「マイノートを書き続けているのに、自分らしさが見つからないこと」でした。
    事実を書いて、感想も書いているのに、なぜなんだろう…と落ちこんでいたのですが、本書を読んで以下の点に気づきました。

    わたしのマイノートは
    ・きれいに書こう!本などの内容をもらさず正確に書き写そう!としすぎていた
    ・ひとつの項目に対して感想、ではなく、本や番組全体にたいして長い感想を書いていた
    ・余白が少ない
    ・自分の考えは書いているけれど、それを行動に落とし込むにはどうしたらいいかを書いていない
    のです。

    字がとても多く、余白も少ないため読み返すにはまるで小説を読むかのように時間がかかってしまいます。
    その結果、マイノート最大の醍醐味である「読み返す」ことをほとんどしていなかったのです。
    そこで19冊目にして初心にもどり、Emiさんオススメのノート構成にしてリスタートを切りました。

    〜~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~〜

    でも18冊のマイノートがまったくムダだったのか?というと、けっしてそうではありません。
    (この点はEmiさんも書いてくださっていたので、ほっとしました)
    自分が好きだなと思うことは集めているので、今度はそれがなぜ心にひっかかったのかを深堀りしていけばよく、その深堀りの仕方もまた、本書であらためて見直すことができました。

    試しにいちばん好きなマイノート14、15、17冊目を読み返してみると、あらびっくり!
    その時々で読んだ本、見た番組はちがうのに、書き写している内容に共通点が見つかったのです。
    これには本当に驚きました。
    わたしの深いところにある「こう生きたい」という望みを自覚させてもらった感じでした…

    〜~〜〜~〜~~~~~~~~~~~~~~~〜~〜~

    それにしても、本書を読めば読むほど、著書のEmiさんの視点・アンテナの広さと伝える力のすごさをひしひしと感じます。
    わたしは主に本やチラシ、テレビ番組、子どもの作品などから言葉を拾うことがほとんどだったのですが、Emiさんはさらに街で見かけた看板、素敵だなと思った他社の言動からも、人生のヒントを得ていることがわかりました。
    また、もやもやしていた自分の思考を書き出すことで、自分の考えを経て「こうしよう」というところまで書き出されていることも多いと知りました。
    モノだけでなく、「ひと」を見る力…そしてそこから人生のおもしろさを引き出す能力にしびれました。

    〜~〜~~~~~~~~~~~~~~~~〜〜~~~~

    マイノートは正直、「自分らしさ」を知るための即効性のある方法ではありません。
    けれど、Emiさんというマイノート師匠の本をかたわらにおき、ときどきつづり方を見直しながら書き続けることで着実に、「自分らしさ」に気づけます。
    マイノートを書いている方も、これからの方も、ぜひこの1冊を開いて、動いてみませんか。

  • マイノート始めてみました。
    自分のメモや兄弟からもらった手紙などを貼って振りかえれるように使っています。
    小学生のうちにこの本を読めてよかったです。
    小学生でも読みやすく面白かったです。!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  • 心が動いたときに書く
    自分の思考を整理する

  • 5年日記を付けていたけど、頻繁に振り返ることはなかったです。
    日記が終わるタイミングで、マイノートを始めてみようと思います。

    青:悲しい気持ち
    赤:嬉しかったこと
    黒:気づき
    という3色で実践しようと思います◎

  • 自己啓発100%みたいなノート本は数冊読んでいましたが、女性向けのノート本は初めて読みました。
    楽しくなるし、続けやすいような工夫が沢山あり、とてもわくわくしました。
    シールとかマスキングテープ買ってきちゃいました。(やる気満々)

  • ノート関係は気になって読んじゃう!あんまりまだ習慣にできてないから、無理せずでもうまく使っていきたいなあ〜書き方が綺麗すぎず参考になる本だった!

  • 2022.1.14読了
    この本の以前のものも読んでいて、それがきっかけでマイノート作りを始めたが、続かない状態でした。ただ、自分が中学生の頃から日記は書きづつけているので、マイノートまたやりたいという気持ちはずっと持っているのに、なかなか踏み出せずにいた中で今回この本を手に取りました。日記はどうしても事実の羅列になりがちだけど、マイノートは心の貯金であり、自分の思うままに書いてそれが残せて、その残った部分が今後の人生で役立つ。やらない理由はないので、再び始めたい。

  • 心が動いた事を書くというのが良い。

  • ◉冊数が増えるほど自分に自信が持てる。毎日大切なこと、興味があることを貯金できているという自信◉勉強と同じで人生も復習が大事◉ジャンルを分けない、すべて一冊にまとめる◉マイノートは、書くことも大事ですが、その本質は、見返すことにあります。◉ノートの左に「事実」、右に「自分の心が動いたポイント、感想、意見」を書く(ノートの真ん中に線を引く)

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「OURHOME」主宰。17年間70冊にわたって「マイノート」に記した心の動きやアイデアをもとに、暮らしの情報発信とオリジナルの商品企画を行う。兵庫県西宮を拠点に代表である夫とスタッフ18名と運営。その他、レッスン、雑誌連載、企業との共同開発など多方面で活躍。マイノートのつくりかたを伝えるレッスンは約2000名が受講し、「ワークを通して自分の気持ちを深堀りできた! 」と好評。これまで『わたしらしさを知る マイノートのつくりかた』『揺れ動く今 みつけたいわたしの真ん中』(ともに大和書房)など著書18冊。累計部数54万部。2009年生まれの双子の母。

「2021年 『続けるほど、毎日が面白くなる。もっともっとマイノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

Emiの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
瀬尾まいこ
凪良 ゆう
名取 佐和子
辻村 深月
アンデシュ・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×