なぜ、この人はここ一番に強いのか―男の決め技100の研究

著者 :
  • 大和書房
3.38
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479790259

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心に響く。
    芯の強さが行動の美しさをつくる
    戦う相手はいつも自分の中にいることを忘れるな
    大人に対するいい意味での闘争心を失うな
    自分を問い詰める作業を怠るな
    大人の女と付き合え
    仕事には必ず正面から挑め

  • 4〜5

  • ー人間関係の基本hあ「気持ちよさ」
    ーわかりやすい人間は信じて良い。
    ーまずは戦わなければならないのは、自分の弱さ。
    ー嫌な人でも、来れば拒まない。
    ー仕事に没頭できる人間は機嫌がいい。
    ー仕事を愛し、自分の取り巻く世界を愛することが大切。
    ー子供のように遊べ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)、『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)を連載中。

「2018年 『学生 島耕作 就活編(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なぜ、この人はここ一番に強いのか―男の決め技100の研究のその他の作品

弘兼憲史の作品

ツイートする