スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン

著者 :
  • 大和書房
3.69
  • (101)
  • (115)
  • (200)
  • (15)
  • (1)
本棚登録 : 831
レビュー : 111
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479790921

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ユダヤ人の大富豪の教え」から約2週間が経ち、少し感動も治まり、本田健氏ともう少し接したいとの欲からこの「スイス人銀行家の教え」を手に取りました。 その2週間では、私も何も変わっていなかった。 考え方も意欲も、むしろ、しぼんだ様だ。 この主人公のケンと同じく現実に流されてしまっている。 もう一度、意欲とか想いを募らせるためにも!

  • このまま行けばどうなるかを想像
    自分のHeroだったら自分の人生をどのように変えていく?
     自分がheroの後をついていくイメージ。
    その方策を考える。
    実行する。

    ・お金について学んでいる人は少ない。
    ・お金を引きつける人間になるには?
     毎日を充実(自分の得意な事を行う)
     富を蓄積
     付き合う人を味方にする。
     自分を発信源として他人を豊かにする。

  • 「ユダヤ人大富豪の教え」の続編です。
     この本でも、かたちを変えて、大富豪の思考スタイルを学ぶことができます。
    「幸せに成功する人たちは、今蒔いている種が、それがいいものであれ、悪いものであれ、必ず自分の人生に出てくることを知っている。言い換えれば、今の生活や習慣が、将来の自分の人生をつくることを体感しているのだ。」(P.170)

  • ユダヤ人・・・の続編。地味だけど、私はコッチが好き。

  • お金の本だが、もっと幅広く人生訓のようなアドバイスまで書かれている。
    一度読んだだけで全てを理解し当てはめていくのは難しいので、繰り返し読みたい本。

  • お金についてどう考えたら良いのか、どう接したら良いのかが、すうっと理解できる本。ただし、身に付けるためには、読んだだけでは厳しく、ワークは必要かもしれません。

  • 簡易版7つの習慣といえる。ただし、この本では、お金が価値の中心。ある意味、正しいと思えるが、ちょっと薄っぺらい感じがする。所詮簡易版なのでしかたないか?

  • "「ユダヤ人大富豪の教え」の続編。前回と同じ主人公がお金とは何かを学ぶ物語。
    普通の教育課程を経た大人であっても金融、お金に関するリテラシーは身につくことはない。親の教育や周りの友人の感覚などから身につけていくことになるのだろう。お金についての話題はタブーであった家庭から育った自分はこうした本を読んで学ぶしかない。"

  • 読了

  • 読む価値はないかと。

全111件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

経営コンサルティング会社やベンチャーキャピタル会社など複数の会社を経営する「お金の専門家」。育児のかたわら、お金と幸せについてのセミナー・講演会などを不定期に行う。『ユダヤ人大富豪の教え』などの著作シリーズはすべてベストセラー。累計発行部数は、700万部を超え、世界中で翻訳されつつある。

「2017年 『図解 「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本田健の作品

スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスンを本棚に登録しているひと

ツイートする