スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン

著者 :
  • 大和書房
3.69
  • (101)
  • (115)
  • (200)
  • (15)
  • (1)
本棚登録 : 831
レビュー : 111
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479790921

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ユダヤ人・・・の続編。地味だけど、私はコッチが好き。

  • お金の本だが、もっと幅広く人生訓のようなアドバイスまで書かれている。
    一度読んだだけで全てを理解し当てはめていくのは難しいので、繰り返し読みたい本。

  • ①150429

  • 13/10/5 スイス人銀行家の教え 本田健
    37お金に解放される8つのステップ
    ①お金に支配されてることを知ること。
    ②お金との会系を見極めること
    ③お金との過去に向き合うこと
    ④お金の知性を身につけること。
    ⑤お金の感性を高めること
    ⑥お金との付き合い方の日常レベルで変える事
    ⑦ビジネスと投資をマスターすること
    ⑧お金の意味を知ること
    54お金の持つ3つの機能➡︎交換機能、増殖機能、蓄積機能
    60 普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由
    (1)今までの人生で真剣にお金について考えたことがない
    (2)今までお金について教わったことがない
    (3)幸せに豊かになるために必要な知識と習慣がない
    (4)自分が幸せな金持ちなれると信じていない
    (5)適当な先生、コーチ、友人がいない
    140お金の知性
    (1)お金の特性を知る
    お金の流れ方の仕組みをマスターする。
    (2)お金の得方を知る
    ①相続するかもらう。 ②仕事を得る。 ③ビジネスをする。 ④不動産収入を得る。 ⑤投資の収入を得る。の5種類。
    (3)収入のチャンネルを増やす
    (4)収入を増やす
    その人の状況によって収入の増やし方が違うのを知らなければならない。
    (5)システムを作る
    稼ぐのが上手くても、システムになっていなければ富は築くことができない。
    (6)人を豊かにすること
    人を豊かにしながら金持ちになっていかなければ長期的な成功はありえない。稼ぐと同時に細心の注意を払って使うお金が人を豊かにするように見届ける。
    (7)時代の流れを読むこと
    (8)法律税務に詳しくなること
    優秀な専門家と付き合って、彼らの専門知識をフルに使いこなすこと。そのために彼らに何を聞けばいいかは知っている必要がある。
    144お金の感性
    (1)受け取ること
    お金を受け取ることができる人は豊かな人。
    (2)楽しむこと
    お金を楽しめるようになるとよりお金を惹きつける力をもつ。
    (3)感謝すること
    人生に感謝、お金がもたらす奇跡に感謝する。相手に、モノやサービスをもたらしてくれることに感謝する。
    (4)喜ばせる事
    (5)流れに身を任せること
    流れに身を任せるといろんなチャンスにめぐり合える。
    (6)信頼すること
    自分と周りの深い信頼がある人だけが幸せで豊かな人生を実現できる。
    (7)分かち合うこと
    お金を分かち合えると豊かになれる。これは宇宙の真理でもある。
    (8)癒すこと
    使うお金次第で人をいらいらさせたり感応させたり癒したりすることもできる。相手に癒しや深い感動が起きるような形でお金を使う。
    147お金の知性と感性では矛盾しているように見えるがそれが人生。要はバランスを取ると言う事。体だってたくさん食べて太ればいいということでは無い。自分の体にとって、適量というものがある。それを超えるとよくない。
    150プライベートバンク:世界中のお金持ちを対象に財産保全、またはそれを中心とした顧客の人生をサポートするためのいろんなサービスの提供
    151 プライベートバンクの業務
    (1)顧客の資産を保全する。
    (2)顧客の資産を運用する。
    (3)顧客の金銭管理のアドバイスをする。
    (4)顧客のプライベートな沈静後サポートする。
    (5)次世代でなく資産承継を確実にする。
    154プライベートバンクの顧客は資産が数億円以上あって社会的に信頼できる人。お金を借りなければいけない連中は客になれない。
    158自分の弱さを認める。だらしなくてもいい。自己嫌悪に陥らない。
    161自分を動かすためのテクニック
    (1)自分がこのままいけば、どうなるかをありありとイメージする。
    (2)自分のヒーローやヒロインを想像する
    (3)なりたい自分をイメージする。そしてそのプラス面を感じ尽くす。
    (4)変わるためのあらゆる方策を考える
    突拍子もないアイデアでも何でもノートに描く
    (5)今すぐできる行動リストを作る
    そのアイディアを組み合わせてリストを作る。すぐできることを10個選び出し明確にする。
    165世の中につまらないことなどない。またつまらない人間もいない。ただ仕事とつまらない関わり方をする人間がいるだけ。
    171人生で最も時間効率よく使いたければ、自分のいちばん得意で好きなこと以外は、他の人にやってもらうこと。

  • お金から解放されると心から決めた人間だけが、自由になれる。(p30)

    自分を信じる。人は、自分で選ぶ最大限の幸せな人生を生きることができると信じる。(p131)

    ビジネスにおける感謝や感動は、成功させるためのガソリンみたいなものだ。(p181)

    うまくいかないのは、失敗ではない。うまくいかない方法を発見しただけだ。(p185)

    パートナーとうまくいっている人は、なぜか運がよくなる。(p205)

    喜んで受け取り、喜んでお金を流す癖をつける。(p218)

    幸せと感謝でお金を使うとき、すべての人を祝福することになる。(p220)

    人生のどん底にあった時、お金に困った時、とてもこんなにいい未来を想像できなかった。人生にもっと信頼をおけていたら、苦しい時も、もっと楽だっただろう。(p226)

    ビジネスの成功の為に必要なのは「自分のやりたいこと」「周りを喜ばせること」「全員が楽しめること」(p234)

    過去をありのままに受け入れ、自分や周りの人、社会、歴史、すべてを許してあげる。全ての人が彼らなりのベストを尽くしたのだから。そして、それは全員にとって、ベストだった。(p247)

  • 本田健さんの本で、かなり影響を受けた。
    お金のレッスン本。物語調に話が進み読みやすい。

    気になったら迷わず、読んでおくべき本だと思う。

  • 「ユダヤ人大富豪の教え」の続編です。本田健さんが伝えたい事が随所に鏤められています。ある側面から見ると、「お金持ちになるためのノウハウ本」です。でもこの一言にどんなイメージを持つかは、人それぞれです。そして着目点は器です。確かに器以上のものは入れる事ができませんからね。

    また「ユダヤ人大富豪の教え」と違ってフィクション性が高いようです。だからこそフローラとの関係を描いた本田健さんに対して、何とも言い難く突っ込みたくなるような愛されるキャラクター性を感じました。

    ありがとうございます。

  • めちゃくちゃ良かった!!!

    もっかい読む!!!

  • 前作の「ユダヤ人大富豪の教え」に引き続き読みました。読み物としてはより読みやすくなっています。

    「現実をうまく言い表した言葉」が多く、とても実用的(?)です。特に最終に登場するとある言葉。これには衝撃を受けました。

    前作に引き続き、ステップアップ書としていいと思います。

  • 久しぶりに本で涙した。
    全ページとは大げさだが、ほぼすべてのページに付箋が貼られるくらい全編にわたり示唆に富んだ深い内容が続く。

    こういう自己啓発系、お金学習系は多いが、本田氏(初めて読んだ)の他の著者にない最も優れた点は、文章力・構成力だろう。

    内容にあった通りの人格であることを疑う人はいまい。
    そういう素晴らしい内容。

  • どれだけ多くの人が関わりたいと思うようなビジョンを描けるか。

    長く愛され続けるビジネスとは、感動と感謝で満たされるもの。

    お金から解放されたら、どれだけあるがままを楽しめるだろうか。

    空想ではなく事実。
    全てはなるようにしてなっている。


    僕の「世界を理解するプロジェクト 経済編」の大切な一冊です。

  • これ、オススメします。
    「お金を稼ぐ」ということの理解。なんだか世界が優しく見えるようになった。

    スイス行きたい!安全を売る伝統。永世中立。こういう、国としてのポリシーってかっこいいな!

    バンカーってお仕事も面白そう。ただ、ファーストキャリアにはしたくないけど笑。

    最後に、エピローグにあった言葉を引用として。
    「人生で最も難しいことは何か。それは、過去を受け入れることだよ。過去をありのままに受け入れ、自分や周りの人、社会、歴史、全てを許してあげることだ。全ての人が彼らなりのベストを尽くしたのだから。そして、それは全員にとってベストだったのだから」
    「過去を受け入れ、未来をしっかりみつめ、現在を真剣に生きるのだ」

  • ストーリー性があって読みやすいです。

    お金のタイプのことなど
    お金のことを,楽しく教えてくれる
    一冊です。

    金持ち父さんシリーズより
    読みやすくてわかりやすいです。

  • 前作、ユダヤ人大富豪の教えの続編。
    前作同様、非常に感銘を受けました。
    本人も書いているように前作より小説チックになっていましたが、
    その辺もあり、読みやすかったです。

    以下、メモ

    ほとんどの人間が、鍵のかかっていない牢獄に住んでいる。
    それに気づかずに、自分の人生を自由に幸せにしてくれる鍵を求めて、
    一生懸命に仕事をしたり、金儲けに血眼になっているのだ。

    お金の3つの機能
    交換機能・増殖機能・蓄積機能

    金持ちの5つのレベル
    1)お金に余裕のある人たち
    2)小金持ち
    3)金持ち
    4)大金持ち
    5)世界的大富豪

    お金の流れがないところでは、どんな商売をやっても
    成功することはできない

    人には、それぞれにお金の器というものがある。
    自分の器の大きさに気づくといのが一番難しい。

    富を引き寄せるための法則
    1)毎日を充実させて生きる
    2)富を蓄積させる
    3)お金の流れを生む
    4)付き合う人をすべて見方にする

    ハッピーなミリオネアに必要な5つのクオリティ
    1)好奇心
    2)情熱
    3)愛情
    4)友情
    5)信じる心

    お金との関係
    ゲラーさん
    ・お金の奴隷になる
    ・お金の主人になる
    ホフマンさん
    ・お金のパートナーになる

    お金の知性
    ・お金の特性を知る
    ・お金の得方を知る
    ・収入のチャンネルを増やす
    ・収入を増やす
    ・システムを作る
    ・人を豊かにすること
    ・時代の流れを読むこと
    ・法律、税務に詳しくなること

    お金の感性
    ・受取ること
    ・楽しむこと
    ・感謝すること
    ・喜ばせること
    ・流れに身を任せること
    ・信頼すること
    ・分かち合うこと
    ・癒すこと

    禁酒させたホームレスの話
    人はなかなか変わらない。

    自分を動かすための5つのテクニック
    1)自分がこのままいけば、どうなるのかをありありとイメージする
    →成功していく人はこのままいけばどうなるのかを正確にイメージできる

    2)自分のヒーローやヒロインを想像する
    3)なりたい自分をイメージする。そしてそのプラス面を感じ尽くす
    4)変わるためのあらゆる方策を考える
    5)今すぐできる行動リストを作る

    ミリオネアの6つの習慣
    1)余分に払う
    2)金持ちと付き合う
    →いい服を着て、金持ちを友達として、いいユーモアのセンスを持つこと
    3)ベストを求める
    →他人がどう思うかではなく、自分が幸せになれるかどうかを基準にする
    4)義務や役割をこなしながらも、好きなこと、楽しいことをする
    →好きなことや自分が楽しめることをやれば、
     その分成功する可能性もぐんと高くなる
    5)長期的なビジョンを持つ
    →物事を見るスパンの長さが、長い間に大きな差を作る
    6)自分でなくてもできることは人に任せる
    →自分の一番得意で好きなこと意外は、他の人にやってもらうこと
     任せる天才になること。
     何かを任せるときには、一番それを楽しんでやれる人を見つけること

    ※つまらない仕事などない。つまらない関わり方をする人間がいるだけ。

    ミリオネアになるための5つの銀行口座
    1)ミリオネア口座(一生引き出してはいけない口座)
    2)日常口座
    3)自己投資口座
    4)プレゼント口座
    5)投資口座

    ビジネスで成功する6つの条件
    1)人を喜ばせること
    2)多くの人を巻き込むこと
    →お客が新しいお客を連れてきてくれるようにする
    3)お金の流れを生むこと
    4)関わる全員がハッピーになるような仕組みをつくること
    5)リピートができる可能性を持つこと
    6)感動、感謝、癒しが起きる事

    真の豊かな人生とは
    好きな時に、好きな人と、好きな場所で、好きなことを自由にできる状態


    過去を受け入れ、未来をしっかりと見つめ、現在を真剣に生きること。

  • 本田健シリーズ。
    ユダヤ人大富豪の教えの続編。

    前作でもう満足だから、読まなかったが、安く購入できたので読む。

    結果、頭の中に次々と入ってくる言葉の数々。
    そうか、お金ってそういうものだったのか、と。

    読みやすいし、変なビジネス本よりもやはり良いな、と思う。

    以下、印象に思ったことをつれづれ。

    お金から解放されると心から決めた人間だけが、自由になれる。
    そして、自由になる価値が自分にはある、と決めればOK、と。

    サラリーマンをやっていると、お金を得るためには会社で働くことが一番近道、と考えがち。
    お金の機能には、蓄積、交換、そして増殖機能があることを意識する。

    お金を使うときには、感謝の心を。

    フローラはきっと美人なんだろなw。

  • 視野が拡がる◎

  • 自分が何故、お金を怖がっているかが、解りました。
    「お金」との関係に向き合える本でした。

  • お金に興味が湧きました。お金もちになるためには?のノウハウが面白かった。

  • ユダヤ人大富豪の教えの続編。面白い。

  • 「ユダヤ人〜」の続編。お金に関する考え方=男女関係の概念…まぁ、読んでみて下さいナ♪

著者プロフィール

経営コンサルティング会社やベンチャーキャピタル会社など複数の会社を経営する「お金の専門家」。育児のかたわら、お金と幸せについてのセミナー・講演会などを不定期に行う。『ユダヤ人大富豪の教え』などの著作シリーズはすべてベストセラー。累計発行部数は、700万部を超え、世界中で翻訳されつつある。

「2017年 『図解 「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本田健の作品

ツイートする