自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 大和書房
4.14
  • (1179)
  • (819)
  • (548)
  • (77)
  • (31)
本棚登録 : 7858
レビュー : 1002
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479791775

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 141103
    生活している上で言われると知っている、分かっていると思っていそうで、実は本当には理解できていない。日々『箱』を意識して生活していきたい。それだけで自分のなかでパラダイムシフトが起きる。そう思える本。

  • 人間関係がうまくいってないときに読む本。
    うまくいってないときは、
    自分への裏切り→自分を正当化→現実を見ない→自分が箱に入る→他人も箱に入る
    という悪循環に陥る。
    自分の心の持ち方次第で周りが変わる。

  • 感情は相手が助けを求めていることを知らせてくれる。その感情を無視して行動しないと、自分を正当化するために相手を悪く考えるようになる。ものの見方が歪んでしまう。

  • 面白い自己啓発書でした。

    この本では自己欺瞞、つまり自分で自分を騙すことを「箱」に入ると表現していて、その状態では人間関係に影響をおよぼす為、仕事のパフォーマンスは低下すると書いてありました。(かなりざっくりなまとめ方です笑)また、話は小説型式で進むため非常に読みやすい。

    恐らく読んだ人全員がこの本の指摘に共感するのではないでしょうか。僕も「ああ、こんな経験あるな~。」と苦笑いしました。

    ただ、別に箱に入るのが悪いと言っているわけではないようです。いつも「箱」が開いた状態だとそれはそれで大変ですしね。

    問題は自分が「箱」に入っていることを自覚できているかでしょう。誰しもが「箱」に入っていて、気づいたときどうやって脱出するか、また脱出した後に「箱」に戻らないようにするにはどうしたらいいのか。
    それを知っているのといないのとではかなり行動に差が出ますね。

    評価は☆5で。
    僕が買った本屋ではビジネス書の括りになっていましたが、仕事とか関係なしに人間関係の本としておすすめです。

  • 人付き合いにつかれた、と言っていたら貸してもらった本。

    自分は知らず知らずに箱の中にいたのかもしれない。
    自分を見つめなおすきっかけになったし、なぜか湧き上がる苛立ちの源も、なんとなくわかった気がした。
    状況を把握するときに、今、自分が箱に入っていないだろうか。と、気を付けることでもう少しは人付き合いが楽になるのかな。

  • これは読んでいて色々と考えさせられた。間違いなく自分は「箱」の中に居て、他人を「なんで分かってくれないんだ、なんでこんなことするんだ」と責めていた。そしてそんな自分を反省した時に「箱から出る方法」を読んで目頭が熱くなった。誰でも自分の中に「箱」は持っていると思う。全くない人はいないんじゃないか。でも、より円滑な人間関係を築く為にはその「箱」から出ないといけない。この本は会社に関わらず、人間関係で悩みを持っている人にはいい本だと思った。

  • 正直、驚いた。箱の中にいたんだ。
    自分への裏切りから自分を正当化するために、他人を貶し、見下す。一旦そうなると、どんなテクニックを使っても相手に悟られてしまう、それどころか、さらに悪循環へと向かう。反発し合う。
    読んだ後、清々しい気持ちになれた。何か探してたものが見つかったような。
    この本は一生の本として大事にしたいと思います。

  • 自分の感情に対する裏切りから、小さな箱に入ってしまい、周りを攻撃し、自分を正当化するという、何とも恐ろしく、言われてみれば確かにという内容。
    あまり箱に入らない方だとは思うけど、これからは思わず箱に入ってしまったときはこの本のことを思い出そうと思う。
    特に息子たちとの関係に気をつけなきゃ。

  • 自己欺瞞に陥っている状態を「箱に入っている」とし、人間関係を良くする為には箱から出なければいけないと説きます。人はなぜ箱に入るのか、箱に入ると何が起こるのか、そして箱から脱出する為には?ザグラム社に上級管理職として入社した主人公が二日間の研修を受けるという物語の中でそれらが明らかにされていきます。とても読み易いですが内容はハードです。多くの人が身につまされるのではないでしょうか。

  • 箱の中、外という考え方は新しい視点を教えてくれた。
    人間関係がうまくいかないことは自分に原因があるのではないかとなんとなく思っていたものの、何を直したら良いか解らなかったが、自分への裏切りから自己の正当化、相手を貶める、関係の悪化というつながりがあることを知って、自己中心的な考えや自己欺瞞を取っ払い、相手のために何かをしようと思う事でより良い人間関係を気づいていける事に気づけた。
    どうしても洋書の和訳であるため主語がなくてわかりにくかったり、会話のタイミングがアメリカンだったりするところが読みにくいが、リーダーを目指す人は読むべき一冊である。

全1002件中 51 - 60件を表示

アービンジャー・インスティチュートの作品

ツイートする