ウェブ3.0型社会 リアルとネット、歩み寄る時代

著者 : 神田敏晶
  • 大和書房 (2007年2月23日発売)
3.03
  • (1)
  • (4)
  • (25)
  • (3)
  • (1)
  • 60人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479791928

ウェブ3.0型社会 リアルとネット、歩み寄る時代の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ウェブ3.0の社会とは?

    →見るだけのウェブから使えるウェブ、そして察してくれるウェブへ進化してきた
    ウェブ上では双方性のやりとりが重要
    ロングテールといえ、そもそも商品力がなくてはならない

  • チェック項目5箇所。火や電気と違いネットには共有させる力がある。今起きていることがネットの大きな歴史的転換期、これからの新たな局面に注目する。ウェブ1,0はポータルサイトの時代、ウェブ2,0は人の経験やアイデアで情報収集を補完できるようになった。2,0ではユーザー同士がネットを通じてコミュニケーションを図り、情報を共有できるようになった。2,0は使えるウェブ時代→3,0は察してくれるウェブ。将来的には身体のセンサー代わりになり、自分の状況やゆとり具合を判断し、その状況に応じた情報を先読みしていくようなパーソナライズな端末サービスが登場する?

  • 今から4年前、「Web2.0」が騒がれた頃、神田さんは、既に、その先の未来を見据えて書いていた作品らしい。

    「ネットワークやウェブで構築された文化や社会を、リアルな社会へと、今度はリプレースする必要があるのではないだろうか。」

    さて、今は、リアルとネットが歩み寄った時代なんだろうか?

    個人的には、まだまだ歩み寄りは遠いと感じています。

  • ウェブ3.0の姿を予想、もしくは提言しているかと期待して買ったものの・・・。

    内容はウェブに関する筆者のエッセイって感じです。

    で、うまいことまとまっている訳でもなくダラダラと細かいエッセイの羅列。

    期待のウェブ3.0とは?ってことには多少触れているものの、なんらかの確信にいたっている訳でもなく。

    甚だ中途半端な印象でした。

  • とりあえずおさえとこうっと。

  • へーそうなんすか。という感じで知らないことがいっぱいでした。ウェブの知識が浅はかでも読めます。

  • 具体的事例も紹介してくれていて、
    非常に読みやすい。
    加えて個人的に興味のあった分野の、
    行く末というか、展望についてもふれてくれていて大変満足。

    グーグル脅威論みたいのがあるけれど、
    実際はその中間くらいをいくんだろうなって思ってて、
    まあそういう意味でリアルな
    ネット未来予想図っていうかんじでした。

    もう少しの間は、確実におもしろく動くんだろうな。
    ネット世界。

  • インターネットが登場してからのWEBコンテンツの存在と法律との距離、意識、存在について比喩を用いて表されている。進化中の新しいメディアの立ち位置が興味深い。

  • 「ウェブ3.0」に惹かれて衝動買い
    前半は物足りなさもあるが、後半へ進むに従い、著者の主張や具体例が面白い

全10件中 1 - 10件を表示

神田敏晶の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
トーマス・フリー...
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

ウェブ3.0型社会 リアルとネット、歩み寄る時代はこんな本です

ツイートする