3分でわかる恋愛心理学―使っただけでうまくいく!

著者 :
  • 大和書房
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479792055

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前に同じ著者の恋愛でない一般心理学の本を読んだので、ついでに。
    一般心理学の本と重複する点が多かったので、目新しい点は少なかった。

    ・ダブルバインド
    相反する2つのメッセージを同時に発する。これを受けた相手は戸惑い、心が揺れ動く。この不安定感が恋を燃え上がらせることがある。
    例:常に親切にしていたが振り向いてもらえなかった。急にクールな態度をとってみた。彼がおや?という表情をした翌日には、また優しくを交互に繰り返した。すると、冷たい時には、彼から話しかけてくるようになった。
    彼女が自分を空いていると思ったが、反対のメッセージが発せられたために、「どうしたんだろう?もしや心変わり?」と落ち着かなくなり、自らアプローチするようになった。

    ・仮眠効果
    最初に情報を聞いた時、それが信用できなくても、しばらく寝かせておくうちに、信用できるようになる。寝かせている期間に、情報に付随してくる余計なイメージが薄まり、情報そのものの価値を見直すようになる。
    例:お調子者のイメージの彼がアピール。なんだか信用できないと思っていたが、距離が離れると、彼の言葉が気になる。数カ月後、再度アプローチしてきた彼を受け入れた。
    ⇒告白したら、返事を急がず、相手の中で眠らせることも必要。
    「相手の態度がはっきりしない」と焦って結論を出すと、折角の可能性の芽を摘んでしまう事もある。

    ・恋人が怒るのは、寂しさの裏返し
    恋人を叱咤しすぎると、「自分は正しいのに、相手が受け入れてくれない」と感じる。
    分かって欲しい人が分かってくれない、手をさしのべてくれない=愛してほしいのに愛してくれないという悲しみになる
    ⇒これが怒りとなる

  • イラストがかわいかった。うさぎ・・・
    わかりやすいです。道に迷っていたので、よく読んでいました。
    多分、これからも。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

目白大学名誉教授・社会心理学者

「2018年 『怖いくらい人を動かせる心理操作』 で使われていた紹介文から引用しています。」

3分でわかる恋愛心理学―使っただけでうまくいく!のその他の作品

渋谷昌三の作品

ツイートする