男の器量

著者 : 川北義則
  • 大和書房 (2008年5月22日発売)
3.67
  • (5)
  • (7)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 53人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479792376

作品紹介

お金を生かすも殺すもあなた次第、お金の使い方を変えれば未来が変わる。何が「生き金」か、何が「死に金」か。人生をお金で諦めない生き方。

男の器量の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男の小遣いに余裕がなければ、その国に余裕がなくなる。

  • お金に対する考え方は非常に共感した。特に子供のお小遣いに関すること、モノは値切ってもサービスは値切らない、「夢の器」と「お金の器」などが印象に残った。それから「収入-支出=貯蓄」ではなく、「収入-貯蓄=支出」が大事という話もその通りだと思った(出来てないけど)。お金を貯めることが目的にならないように、お金を上手に使えるように良い夢を持ち続けたいと思う。

  • ・お金の使い方について書かれた本。

    ・貧乏になったら貧乏を楽しむ
     →贅沢で破産する人はいない。見栄で破産する。
     →貧乏でも何か贅沢を。
      例:ピクニックに行く際に、ナイフだけ高いのを使う。

    ・飲む・打つ・買うは、2つまで。自制しながら行う。

    ・大きい買い物とかでお金の使い方に迷ったら
     →「今の収入の3分の2になっても、それがほしいかということ

    ★モノはいくらでも、値切ればいいが、サービスは絶対に値切ってはいけない。
    サービスを値切っているときは、相手の気持も値切っているということ。

    ・貯金自体を目的にしないこと
     →「幸福は富そのものによってえられるのではなく、富を使って初めて得られるのだ」 スペイン作家 セルバンテス

    ・おごり、おごられの作法
     →御馳走する側は、「おれがお金を出す」なんて思わず、
      終始、相手をもてなす脇役に徹する
      御馳走される側は、ふりで財布を出したりはしない

    ・身銭を上手にきる
     →得意先へのプレゼントとか

    ・収入-貯蓄=支出

  • 自分はこういう考え方はすごく好きです♪

    今の世の中では少し古いと考える人もいるかもしれないけれど、自分はこんな人間でありたいなと思う☆

    副題には『お金の使い方でその人がわかる』と書かれており、帯びにも『何が生き金か、何が死に金が』と問いかけてもいる。


    いやぁ~ホント粋な男になるためにがんばろ♪っと思える一冊です!

  • ジェンダー(男女の特性)の活用を、指導している立場でよむだけでなく、いい男に出会いたいなら、川北義則氏の著書はオススメ(^-^)/

  • 男じゃないけど、人生大切にいきなきゃって思う。

  • 2008.7.13読了 「お金は稼ぐより使う方が難しい」のは人間性が見られるから、つまり男の器量が試されていると説く。

全7件中 1 - 7件を表示

川北義則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ロンダ・バーン
スペンサー ジョ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

男の器量はこんな本です

ツイートする