「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣

著者 :
  • 大和書房
3.18
  • (19)
  • (79)
  • (146)
  • (52)
  • (6)
本棚登録 : 929
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479792789

作品紹介・あらすじ

仕事、恋愛、人間関係…ほんのちょっとの「一歩」で、驚くほど変わる。こころにたまったストレスがスーッと消える毎日の習慣。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • R1.10.27 読了。

     サクサク読めて、分かりやすかった。本書の中にある自分にも出来そうなことをやってみたい。

  • 考え方がとても単純で、うじうじ悩んでしまう時には、こんな考え方があると思い出そうと思えた。夢にもポジティブに向かうと人生もっと楽しそう。

  • 考えすぎるとタイミングを失う、やったもん勝ち。

    苦手なことはなるべく避けろというのが特徴。。

    これに関しては、共感できない点も多い。


    一番実践したいと思ったのが、人に頼ること。

    なんでも真面目に抱え込むと、効率が悪くなる。

    マネすることの重要性も説いている。

    できない人ほどオリジナルにこだわるというのは、

    たしかにそうだなと思う。

  • 558

    あれこれ考えて動けない
    というコトを言い訳にしながら、なかなか実行できない人=わたしが読んでみて、確かにというな内容が多かった。と言ってもどこかでみた内容も多かったが、、、

    著者が挙げた9つの習慣ごとに、自分もやってみようと思った点を挙げてみる。


    習慣1 とにかく動く
    不安は考えるほど大きくなる。そもそも不安なコトは滅多に起きない物と思えばいい。最近、これが成功モデルと言える物が少ない、「試しやすい時代」なのだから、先ずやってみる。やって見ないとわからない。

    習慣2 できることだけ、やる
    良いところ、好きなところを見てやってみる。(焦げたトースト裏返して食べれば、結構うまい)
    時間オーバーは0点と同じ。タイミングを測りすぎて、時期を逸しないように。記録をつけて自分の時間の使い方、できた自分を振り返り。

    習慣3 他人に頼る
    相談相手を。アウトプットの回路を作る。臆せずお願いする。

    習慣4 計画しない
    計画、予定通りにいかないのは当たり前。それで落ち込んでも仕方がない。何ができるかで、予定修正。
    マニュアルあるなら使って、悩む時間を短縮。「失敗しても変えられない」が一番まずい。

    習慣5 休む
    スケジュールは休み(楽しいこと)からいれて行く。
    人の目を気にしすぎない。浮いていたっていいじゃない。

    習慣6 失敗してみる
    ダメだったのは、「自分(だれそれ)」じゃなくて「やり方」。
    負けても当然、勝ったらラッキー。
    批判せずに仕事しろ。足の引っ張りあいは、みんなの不幸。
    劣等感も出し方次第。闘争心外に出せば卑しいだけだが、うちに秘めれば、それは「闘志」。

    習慣7 感情にしたがう
    仕事の選り好み、結構。好きなコトで成果をあげるべし。でも掃除や整理をしないというのとは違う。
    諦めない。調子の悪い時も、1日1つ何かする。

    習慣8 マネする
    先ずメタ認識。
    自分に問いかけ。「自分の立場、経験、知識からの視点だけでは?」「感情に左右されていないか?」
    とにかく、マネてやってみてから考える。

    習慣9 法則を見つける
    成功への方法論を見つけたい。

  • 時間がどれだけあるかを気にせず、やり始めることだ。やりはじめてしまえば、そのための時間などいくらでも出てくるし、またそのための時間を探す気になったり、作る気になったりするものなのである。

  • 買うか買わないかものすごく迷った一冊でしたが、素直に買って良かった。
    本当にためになる、というか動き出そう、ひとつのことでもいいからと気軽に背中を押してくれる内容でした。

  • ・とにかく動く。
    止まってしまうと、次に動き出すのにエネルギーがいる。余計にあれこれ考えてしまう。それを防ぐために、1日1つは何かをやる。
    ・考えることをやめよう。真面目な人ほど目標を高くしがち。1分でもみつけて少しずつやっちゃう。
    ・スケジュールは、変わって当たり前。「守り抜かなくてはいけない」という考えは即刻捨ててしまおう。今日からラフでアバウトな人間を目指してみては。

  • 自分にとっては物凄く為になった。
    分析派な自分は結構細かく分析をしてしまう癖があって、まだやりもしていないのに自分で自分の限界を決めてしまっていて行動に移せないことが多い。
    この本はそんな自分の欠点に気付かせてくれた。

    精神科医の方が書かれた本とあって、心理的な要素から解明される。

  • あれこれ考えるより、動かないと損だし、後悔する。

    ・失敗するのが怖いから成功できない

    ・失敗が悪いのではなく、失敗しても変えられないのが悪い

    ・相手が大物だと尻ごみするひとは、ビジネスチャンスを失う。
    でも性格だから仕方がない。

    ・タイミングを読みすぎてタイミングを失う

    ・挑戦したいから悩むし迷う。

  • 本書の題名通り、自分は割と優柔不断で周囲の状況、立ち位置、失敗のリスクなどと、本当にあれこれ考えて動けないタイプの人間だったため、この本と出会ったとき少しでも変われたらなと思い読んでみることにした。
    本書を一貫して通じる筆者の伝えたいことは、とりあえず動けということ。動くだけでそこで立ち止まる何人もの人との間に差が生まれるし、もしそれで失敗したとしても原因を知れて人間的にステップアップすることができる。
    自分が今までためらってたこと、まあいいやと心のどこかで諦めてたことをやってみようと行動するための力になるくらいにはなる本だと思う。少なからず僕はこの本を読んでやってみよう精神で迷ってたことを行動できたから、読んでよかったと思う。読みやすいし、割とオススメしたい。

全110件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学)。和田秀樹こころと体のクリニック院長。一橋大学経済学部非常勤講師。川崎幸病院精神科顧問。1998年、2003年に日本人で初めて、米国最大の精神分析学派である自己心理学の国際年鑑Progress in Self Psychologyに論文が掲載される。
劇映画初監督作品の『受験のシンデレラ』が、2007年モナコ国際映画祭で最優秀作品賞受賞。公式ブログ、『テレビで言えないホントの話』http://ameblo.jp/wadahideki/ は、ほぼ毎日更新されている。

「2020年 『こんなに怖いアフターコロナ心の病』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田秀樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
やました ひでこ
デールカーネギ...
阿部 紘久
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣を本棚に登録しているひと

ツイートする
×