ゆるい生き方 ‾ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜

著者 :
  • 大和書房
3.38
  • (41)
  • (99)
  • (138)
  • (37)
  • (10)
本棚登録 : 980
レビュー : 145
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479792895

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ノマドライフ』や『リーディング3.0』の著者、
    本田直之さんのエッセンスがまとまった一冊、でしょうか。

    ちょっと疲れたとき、ふと振り返りたくなったとき、
    パラパラと気ままにめくってみたくなるような。

    本田さんへの導入本としても、いい感じかもです。

     “ゆるい生き方を選ぶには、それなりの覚悟が必要なのです。”

    ふと、「自由は野垂れ死にの自由と背中合わせ」なんて言葉を思い出しました。
    今の時代に限らず、“自由”に生きていくのは覚悟がいるな、と。

     “(趣味の仲間は)仕事仲間からは到底得られない新鮮な刺激に満ちています。”

    それだけに、大事な仲間との関係を大切にしていきたいところ。
    『ワーク・シフト』でいう“ポッセ”とも通じるところがありますかね。

    生き方をいろいろと考えないとなぁ、、なんて。

  • ゆるい生き方について知りたくて読書。

    養老孟司さんの言葉を借りると都市化した日本人の生き方を考える内容。

    ハワイの生活スタイルが魅力的に伝わってくる。

    参考となる習慣も多い。

    プライベートでは、楽しい、楽しくないで決める。
    閾値という言葉は初めて知ったが、閾値を下げる。
    議論しない。
    感情は人へ伝わる。
    睡眠の質より、寝付きを大切にする。
    自分の精神状態を表す鏡は、子どもと老人。
    モノを処分する日を決めて、徹底的に処分する。
    自分の言葉で自分を縛らない。
    ゆっくり歯磨きする。
    モノをもらわない、増やさない。
    冠婚葬祭に出ない。

    ストレスコントールは、予防意識と自分の習慣を変えることからが大切だと氣づきを得る。1つでも今から即実践してみる。

    読書時間:約40分

    • だいさん
      >冠婚葬祭に出ない。
      ???
      いいことなのですか?

      閾=敷居と同じですよね。
      敷居が高いとか
      >冠婚葬祭に出ない。
      ???
      いいことなのですか?

      閾=敷居と同じですよね。
      敷居が高いとか
      2013/01/26
    • びあしん慶次郎さん
      だいさん、
      コメント有り難うございます。

      >冠婚葬祭に出ない。
      文中の内容で少し補足すると、その人の思いや気持ちがもっと伝えられる方法で、...
      だいさん、
      コメント有り難うございます。

      >冠婚葬祭に出ない。
      文中の内容で少し補足すると、その人の思いや気持ちがもっと伝えられる方法で、伝えられる方がいいのではないかという提案です。

      知らない人だらけの結婚式へ参加するのではなく、個別に食事会を開きて招待して祝うとか。

      著者は別の本でも同じ旨を書いています。私は、同感する部分もあります。

      閾=敷居
      その通りです。
      2013/01/28
  • タイトル通りゆるい生き方。

    楽しい/楽しくないかで生きるということ。

    『ゆるい』って言葉が好き。
    自分のペースでってニュアンスがあって好き。

    人それぞれのペースがあって、
    自分のペースで生きたいように生きる。

    毎日いらいらせず、
    自然な感じで。

    だらだらとは違うゆるい感じ。

    たまには肩の力を抜いて、
    やりたいようにやりましょう!

  • これまでのビバレッジシリーズをいくつか読みましたが,それらとは違い,プライベートを中心にした「生き方」について書かれた本です.
    1年の半分をハワイで過ごされている本田さんですが,ハワイの生活のゆったりとした空気,ストレスなど感じもしない豊かな生活が感じられ,自分の生活の感覚を見直せるような内容です.


    イライラした運転をする人がいるが,急いでも到着時間は10分ほどしか変わらない,
    『だったら10分早く家を出てゆっくり運転すればいい、というのがわたしの考えです。』


    『物事に白黒つけない』
    『「仕事と私とどっちが大切なの?」という質問も非常にナンセンスな話だと思います。どちらか一方を選ぶ必要など無く、優劣を付ける必要もありません。』


    『ドロップオフリストをつくる』
    『自分にとってのいらないものをあらかじめ決めておかないと、欲望が際限なく広がっていくからです。』


    『普段からなるべく自分の閾値を下げる意識を持ちましょう。他者に対する期待のハードルを下げ、ある程度のレベルをクリアしてくれたらそれで十分だと思えるようにしておくのです。』


    『楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる。』
    『わたしはいつも「なにか笑い話のネタになることはないか?と意識しながら毎日を過ごすようにしています。』


    『扉を開けたまま次の人を待つ』
    『たとえばハワイの人々は、ビルやオフィスの入口でドアを開けると、後に続く人がやってくるまで手でドアを開けたまま待っていてくれます。』

  • いいなー。
    こういうゆるい生き方に憧れる。
    肝に銘じておきたいこと、そーだよなーと頷ける引き出しが沢山書いてある。

    ・・・しかし、この日本の社会で実際に実現可能かどうかと考えると・・・ではあるけども。笑

    結果ハワイに移住するのが一番だな!

  • 「そういう人」と思ってもらう、言葉で自分を縛らない、何事も60点主義で考える、物事に白黒つけない、楽しいか楽しくないかで判断する、などいい言葉がいっぱい。著者ハワイに住んでいる。ハワイはストレスフリーな暮らしが自然にあるとのこと。

  • ビジネスではレバレッジシリーズの本田直之さんが書かれた、人生をゆるく楽しむ本。
    仕事をしていないわたしには、この本はかなりしっくりくる内容だった。
    ゆるい=ゆっくりと構えながらも目的地に向かって確実に前進すること、というところがとてもよかった。
    60の習慣のうち、今の自分の生き方にあてはまる部分も多くあったし、そういう考え方、そういう行動もあるのか!という部分もあって読んでいて楽しかった。
    プライベートの充実は、仕事をする上でも大切だと思うので、ビジネス書ばかり読んでしまう人にもきっと何か気付きのある本だと思う。

  • 私に大事なこと。
    白黒つけない
    感情は伝播する。
    ロジカルに考えすぎると窮屈になる、せめてプライベートは離れないと、非常に疲れる。

  • 本田直之さんのゆるい生き方の紹介。全部マネはできないけど、参考になることのほうが多い。
    一番気に入ったのは、これ、「会社という組織に縛られない、自分のライフスタイルを確立しておく。(中略)焦ることなく、4~5年は時間をかけるつもりでゆっくりと準備していきましょう。」



    目次------
    カリカリライフをやめたいあなたへ
    PART1 思考編
    楽しいか楽しくないかで判断する
    プライベートに論理を持ち込まない
    物事に白黒つけない
    ドロップオフのリストをつくる
    何事も60点主義で考える
    人生を競争しない
    物事の閾値を下げる
    言葉で自分を縛らない
    会社に縛られない準備をしておく
    場所に縛られない
    忘れっぽい自分を受け入れる
    贅沢品のために働かない
    ムダを削ってシンプルに生きる
    そういう人と思ってもらう
    見た目よりも機能を大切にする
    アクシデントを笑い話にする
    広く浅くの付き合いはしない
    知ったかぶりをしない
    プライベートは長期視点で考える
    本当に足りないのか?を考える
    他人と比較しない
    治療より予防に力を入れる

    PART2 環境編
    島のライフスタイルに触れる
    ネット環境のないところに行く
    目的もなく海に行く
    睡眠時間より寝つきを大切にする
    蛍光灯を使わない
    公共の場で怒らない
    歩く速度で街を見る
    トレンドに翻弄されない
    五感のすべてをゆるくする
    おいしいものにこだわる
    行きつけのゆるい店をつくる
    趣味を通じて新しい仲間をつくる
    スーツをやめてネクタイを捨てる
    街中でもビーチサンダルを履く
    寒い季節も重ね着をしない
    満員電車を避ける

    PART3 行動編
    ゆっくり歯磨きをする
    エレベーターの閉ボタンを押さない
    エスカレーターで歩かない
    扉を開けたまま次の人を待つ
    人が多い場所には行かない
    モノを減らして身軽になる
    貰いものをしない
    車のクラクションを鳴らさない
    プライベートで名刺交換をしない
    敬語とさん付けを禁止する
    余計な議論はしない
    何事も子どもとお年寄り優先で
    年賀状を書かない
    お土産を買わない
    冠婚葬祭には行かない
    自己紹介ではハードルを下げておく
    ルーチンの拘束時間をつくらない
    ゆっくりと話す
    朝はテレビをつけない
    疲れても完全休養しない
    早寝早起きではなく早起き早寝を
    積極的に他者をほめる

  • 本田さんの考え大好き。
    だけどどの本も似たり寄ったりなのがちょっと物足りない。
    まあ、2,3割は新しい考えがあるので、そのうちの気に入った一つだけでもマスターするつもりで読もう。
    気に入ったものをいくつかメモ。
    「ゆっくり歯磨きする」・・今日やったら目覚めがよかった!
    「年賀状を書かない」・・確かにいつも迷いとか軽いストレスがある。
    「お土産を買わない」・・確かにいつもこれが頭から離れず落ち着かない。

    実行が難しいものもあるけど自由を求めて一つずつ考えを変えていきたい。

  • 20150829
    130420
    120612
    人の感情は伝染する。ドロップオフリスト、積極的な忘却。用もないのに海にいく。キャンドル。ゆっくり歯磨き。モノを捨てる日。部屋に植物とか絵。

  • 最近急ぎすぎてる気がしたので読みました。
    こういう本は忘れたぐらいに読んだ方が効果ある。目次を軽く読み流すだけでも自分のリズムを取り戻すことが出来そう。
    ハワイでの生活のことを書いているのである程度の「理由付け」が出来ているので理解が早いし受け取りやすい。「どうせ口だけでしょ」とか思えないようなそうでないような。
    ゆるゆる~

  • 目次を読めばほとんど理解できるような軽めの内容。

    半分は自分でも意識していることだったけど、ストレスで自分を見失わないように自分を見直して習慣を変えてみようと思うこともいくつか。よりチカラを抜いてみようと思いました。

    なんかうまくいかない、
    イライラする、
    忙しくてやりたいことが出来ない、
    など、日々に不満がある、最近ストレスがたまるなぁという人にオススメです。

  • これまであまり意識していなかったプライベートの時間の考え方を指南する本。
    仕事上の問題は正しいか正しくないか、プライベートの問題は楽しいか楽しくないかで判断する…は腑に落ちた。が、何でもマニュアルに頼りがちな現代的な内容の本かもしれない。ストレスをできるだけ減らしたいなら、一度目を通すのはオススメ。ただ、私自身は本田氏の具体的な生活を垣間見られるような内容のほうが楽しかったかなーと思った。

  • Q.どうも職場の人間の影響か最近カリカリ・イライラしてる。この本をまた読み直し、そんな自分をなくしていく

    ☆物事の閾値(期待のハードルや満足するレベル)を下げる事→完璧主義ではなく60点主義

    ☆ゆっくり歯磨きして朝のぼんやりモードがリセットされ、起動モードに切り替える

    ☆蛍光灯をやめて、間接照明や白熱灯やキャンドルでゆるい環境を演出→ストレスなくなる

  • これは、レバレッジシリーズで有名な本田直之さんの本です。
    いつも何かに追われている、いつもカリカリしている方にストレスフリーな人生を手に入れるための習慣が紹介されています。

    私もやるべきことに追われている、何となくイライラしている感がいつもありますので、それを解消したいと思い、この本を読みました。

    この本で学んだことは、

    ・仕事上の問題は、「正しいか/正しくないか」「損か/得か」で客観的・合理的に判断する。プライベートの問題は、「楽しいか/楽しくないか」、ロジカルよりエモーショナルで判断する。

    ・プライベートにまで論理を持ち込まず、非効率、矛盾があっても「楽しい・幸せ」という感情に素直に従うほうがいいライフスタイルを築ける。

    ・ワークライフバランスとは、仕事とプライベートの時間を上手に配分するという発想ではなく、仕事は徹底してスピードや効率を考え、自分のレベルを上げ、プライベートではゆるさを保つという思考のバランスを保つことである。

    という点です。

    仕事において無駄を省き、損得勘定で動いているため、家でも同ような思考に支配されカリカリし、心のバランスをとることができません。

    このように仕事とプライベートにおける思考を分けて考えればいいのかとたいへん参考になりましたが、家でも人生の目標に向かってするべきことがいろいろあり、楽しさのみを追求することが今の段階ではできません。
    そのあたりをどのように考えればよいのか、疑問が残りました。

  • ・プライベートに論理を持ち込まない
    ・ドロップオフリストをつくる
    ・言葉で自分を縛らない
    ・迷う要素を減らし、シンプルにいきる。
    ・早く帰るやつと思わせる。
    ・笑いの種を常に探し、常に笑っている。感情は伝染する。
    ・歩く速度で街をみる
    ・疲れても完全休養しない。
    ・積極的に他者をほめる

  • この本と逆のことを、見事にやり通した30代でした。何やってもなんとなく楽しくないし、忙しいはずなのに、満足感は一切ないし、若干給料は上がったかもしれないけど、それがどうした・・

    ・人生競走しない
    ・言葉で自分を縛らない
    ・会社に縛られない
    ・他人と比較しない

    渦中にいると気づかないですが、振り返るとそんな感じだったんだと、改めて気付かされます。

    そんな気付きになる一冊だと思います。

    今ですか?

    ここに来て、物事の好き嫌いが激しくなってきました。そして、やっと嫌いなことが、なぜ嫌いかわかってきました。その先にある自分が見えないからでしょう。なぜ時間を投資しなければいけないか、アウトプットが想像できないと、その行動をとることが自分には非常に苦痛になります。イメージできないことは、自分の範疇ではない、イメージできることに時間を優先的に割り振ろうと思います。不思議と好きなことをしている時、時間は気にならないものです。

  • 人生に競争はない。自分で選んだ人生には自由がある。
    仕事が変わっても住む場所が変わっても、何があっても変わらない自分の軸をつくっておけば会社にしがみつく必要はなくなる。
    人間は楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる。
    知ったかぶりをすることは教えてもらうチャンスを逃す。
    物事を素直に聞けるということは知識異常のものを得るための重要なスキル。
    長期的な視野でも物事を考える。
    疲れているときこそ、体を動かす。
    ゆっくり歯を磨く。

  • 基本的に中身の薄っぺらい本。
    本田さんということで読んでみたが。

    内容としては、効率を求めるのは仕事だけにして、プライベートでは無駄やリラックスすることが必要ではないか。というもの。

    プライベートと仕事との垣根をなくし、お互いをバリアフリーのように行き来できればいいと自分は考えている。

    物事の閾値を下げ(期待値を下げる)、怒らないメンタルを基本とするというところは共感。

  • 心に残ったフレーズ。①「周囲の人はあなたが思っているほどには、あなたのことを気にしていない」②「知ったかぶりをしない」③「物を減らす。貰い物を断る」④「ゆっくり話すと自分も周囲もリラックスできる」⑤「積極的に他者を褒める」

  • レバレッジシリーズで有名な本田直之氏の本。
    東京とハワイで生活する中で気がついた,ストレスフリーな「思考法」「環境」「行動」を解説している。ほとんどのトピックが見開き2ページでまとめられているのでどこからでも気軽に読める。
    「ゆるい」と言っても決してダラダラと過ごすわけではなく,相応の覚悟が必要であることを痛感させられる。取り上げられている60の習慣全てに賛同できるとは限らないが,参考になる考え方は誰にとってもきっとあるはず。
    覚えておきたい点:
    ・プライベートの問題は,楽しいか/楽しくないかで判断する。プライベートに仕事と同じ論理性や効率性を持ち込まない
    ・知ったかぶりをしない
    ・目的もなく海へ行く
    ・満員電車を避ける。人が多い場所には行かない
    ・ゆっくり歯磨きする
    ・疲れても完全休養しない

  • ゆるい生き方、簡単なようでも、人によっては大変勇気が必要な生き方である。ストレスをためないためのいろいろな習慣を提案されているが、これを全部実行できる人はアイデンティティーがしっかりした、ブレがない人でないと、よけいにストレスになりそうな気がした。著者を羨ましいと思う反面、温度差を感じてしまうのは自分が小心者だということかも。
    目的は幸せに生きることであるので、自分がどういう状態が幸せなのかという中心軸をしっかり持つことが重要だろう。

    以下、気になったフレーズ。
    ・物欲はきりがないこと
    ・なるべく物はもたない、不要なものは捨てることが大事
    ・他人と自分を比較しない
    ・人生の中で、仕事をすべてと思わないこと
    ・仕事以外で楽しめることをつくる
    ・プライベートと仕事は切りわける
    ・プライベートで仕事の名刺は渡さない
    ・休みの日のゴロ寝では疲れはとれない
    ・プライベートで浅く広いつきあいはしない
    ・他人におみやげは買わない
    ・冠婚葬祭には出ないという選択もある

  • 沖縄やハワイなど、海の側での生活に魅了され、
    ハワイと東京という複数の場所での生活をされている著者。
    本田直之さんはお仕事本を多数出されてるイメージですが、これはライフスタイルに焦点を当てた内容でした。

    タイトルに「ゆるい生活」とあるように、ゆるく生きるための様々なアイデアが載っていますが、
    正直日本でどっぷり暮らしている私には「そのゆるくするまでの過程がぜんぜんゆるく生きられねえ!」と思いました。笑
    つまり、日本の特に都市部で生きている人たちには実践するには難しいことも書いてあります。

    だがしかし著者はかなりの成功者。そして、量より質を重んじた彼の言うことは説得力もあります。
    そして、かなり羨ましくもなります。真似してみたくなります。
    少なくとも方向性だけは真似できるのではないでしょうか。

    いかに自分がストレスフリーに生きるか。
    そのやり方は千差万別なので、著者のやり方全てを参考にする必要はないとは思いましたが、
    仕事はしっかり。プライベートはとことんゆるく。
    というライフスタイルは読んでいてキラキラした気持ちや、希望をもらえます。
    私はやっぱり本田直之さんの本好きだなと思いました。
    そして頭にはドミニックローホーのシンプルリストを読みたいという気持ちもよぎりました。

  • そういえばいつからエスカレーターの片側をあける暗黙のルールができたんだっけ。

  • 2010/05/26

  • 時代を読むのが上手い人だ。その器用さがなんか妙に自分的にしっくりこない。

  • 図書館

  • ゆるく活きる方法が書かれた本。
    できること、できないことはあるが、できることは習慣にして出来るだけストレスフリーな生活を送ろう。

  • 好きな音楽を聴き、好きな匂いで、好きな空間でゆっくりと読書を。

全145件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。ハワイ、東京に拠点を構え、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行いながら、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を食およびサウナを巡る旅をし、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。食やサウナのイベントのプロデュースも行う。

「2019年 『人生を変えるサウナ術 なぜ、一流の経営者はサウナに行くのか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゆるい生き方 ‾ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜のその他の作品

ゆるい生き方 Kindle版 ゆるい生き方 本田直之

本田直之の作品

ゆるい生き方 ‾ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜を本棚に登録しているひと

ツイートする