成果を生む人が実行している朝9時前のルール

著者 : 美崎栄一郎
  • 大和書房 (2010年5月22日発売)
3.34
  • (22)
  • (36)
  • (52)
  • (16)
  • (9)
  • 本棚登録 :557
  • レビュー :69
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479792918

成果を生む人が実行している朝9時前のルールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あなたは今の会社に違和感はありませんか。
    いまの働き方に違和感はありませんか。

    会社に、あなたの人生を埋めてはいけないのです。
    会社は、あなたの人生の一部であり、それがすべて
    ではありません。

    会社がすべて悪いわけではありません。
    会社はあなたの思いを縛るものではなく、
    本来、あなたの持つ能力を発揮するための
    場所であるはずなのです。
    もちろん会社の考えがあなたを縛ることも
    ありますが・・・

    逆に自分の考え方によって、
    会社に縛られていることにも
    気づいてほしいのです。

    自分のアクション次第で、会社に縛られずに
    生きることができます。
    いまの仕事をなおざりにすることもありません。

  • 午前中の仕事が始める前の時間に自分の好きなことをやる。
    自分を磨き、仕事以外の分野を伸ばすこと。
    自分の名前だけで勝負できるような人になること。
    相手に名前を覚えてもらうために自分をアピールする名刺作りのチップスを紹介している。

  • 成果を生む方法が書いてあるというより
    社会人になってからの友達作りの方法を教えてくれる本です。

    大人になると会社以外の知人を作る事ができにくいですよねぇ。。。

  • 前半の話題は面白かったが、後半の名刺でのセルフブランドはまだまだ難しい状況。

    朝は仕事始まりの時間が固定化されており、自分がしたいことを考えることで自然と早く起きれる。夜は、仕事に時間を左右されるため、毎日時間がバラバラ。このバラバラが長続きを遮断する要因にも考えさせられた。

    一人一人が持つ人生のタグ。このタグが多いことが良いというわけではなく、タグをいかに深化させるかが個を強くするとのこと。

  • 朝食会をすすめてたりオフ会をすすめてたりする。そういうのは、ちょっと縁がなさそう。

  • いわゆる美崎本(化粧品メーカーの企画屋から出発するアイデアマンの本)です。今回は、早起きと朝の使い方が成果を出すことに繋がるというもの。

    変わった名刺の作り方も面白いです。

  • 名刺の活用法を知りたくて手に取りました。

    セルフブランディング、タグ付け、名刺の活用の3つの流れとつながりが、とてもよくわかりました。
    どれか一つ、ではなく、3つはセットで活用したいと思いました。

    早速、自分のタグ付けとセルフブランディングをしてみました。
    た、楽しい~。

    そして、職場から与えられている名刺も、とても素敵なものであったということを再確認しました。
    その上で、個人名刺、どんなのを作ろうかな。。

  • 名刺のタグ作りなど非常に参考になった。初対面の方と名刺交換した際にいかに印象に残すか、といった工夫が掲載されており自分でもやってみた。

  • ふむふむ
    いろいろと使える情報が載っていた
    特にこれだけに情報があふれる社会で
    専門家のフィルターを上手く使うってところは
    面白い発想と 非常に使える方法だと思えた。

    ネタバレになるからそれ以上は書かない
    読んでみる価値あり!

  • 内容は、朝時間の使い方ではない。自分のタグを作り、宣伝する方法、名刺の活用法、セルフブランドの作り方である。

全69件中 1 - 10件を表示

美崎栄一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
平野 敦士 カー...
小池 龍之介
ロバート キヨサ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

成果を生む人が実行している朝9時前のルールはこんな本です

成果を生む人が実行している朝9時前のルールを本棚に登録しているひと

ツイートする