どんな本でも大量に読める「速読」の本

著者 :
  • 大和書房
3.74
  • (35)
  • (79)
  • (63)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 467
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479793311

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 速読は技術×ストックであり、速読のセミナーでは技術を教えてくれるが、実はストック(知識、経験などの)の方が大切というもの。著者は過去に200万以上を速読のセミナーに投資して本書を執筆した。この本で紹介されている読み方は、繰り返し読むこと。繰り返し読むことで情報が蓄積され一回目よりも早く読めるし、全体像も捉えやすい。なるほど!と思うことが多くあったので星4つにしました。

  •  「ストック(知識・経験・情報など)が多い人ほど速く本を読める」。これだけでお腹いっぱいになりました。「当たり前のことだけど良くぞ言ってくれた!」という痛快さでいっぱいでした。ストックなくしてフローはありえないし、そもそも、ストックがない人が本をじっくり読んだところで馬の耳に念仏です。ストックを軽視する風潮がある現代社会において清涼剤を得た感じがします。
     私は、この本から、「論語の素読」の意味を感じたし、そこからクラシック音楽の楽しみ方の根本的な考え方を他人に説明するときのヒントをつかんだ感覚があります。

  • 読みたい小説が沢山あるので、読むスピードを上げたいと思い読みました。が、書いてあることも普通で、そんなとこ太字にしなくても…と思うところも多少あり、正直ピンとこなかった。こういったハウツー本は普段読まないんですが、他の速読法を批判するのにスペースを割くのは普通なんでしょうか?提唱している速読法が本当に素晴らしいものであるならば、他を批判せずとも勝手にメジャーになっていくのでは?そこの部分にちょっとビジネスチックな印象を受けた。あと小説にはこの速読法は使えなさそうで残念。自己啓発本とかには使えるかも。

  • 一番興味深かった表現は
    「本を読んでる自分を読む」
    ということ。

    自分の知識と合わせて共感しながら読む。
    今自分がどうゆう考えでこの本を読んでるか?
    なぜこの本と出会ってるかを対話形式で話し込んでいく。

    本から得るのではなく、
    情報を照らし合わせ読書することのススメ。


    速読だけが大切じゃなく、自分が感じるところは積読しなさい。
    も染みた。

    【理解を理解で上塗りしていく。】

    このイメージを植え付けてくれただけでこの本は価値があった。
    リラックスして視野を広く保ち、右脳フル回転で刷り込む。

    速読はやはり小説向けではない理由。ふむふむ。

    キーワードは
    「高速大量回転法」
    やり方をメモ。

  • 著者が提唱する「高速大量回転法」。
    とっても納得感がある。試してみます。

  • 「巷に溢れているうさん臭い速読術の本とは違うからオススメ」と弟に勧められ、読んだ本。

    内容は共感できるとこが多く、僕もできているな、と思えるところもあった。

    速読術でよく言う、「目の動かし方」とか一切不要で、結局は自分のストックがものをいう、というのが本書の肝で、そのための
    一冊の本をざっと目を通し、何度も何度も繰り返す高速大量回転法など誰にでも実践できて、よいと思う。

    ただ、僕が思うのは、本書でも述べられているように、速読はあくまで手段、読書から得られる人生の道標が重要であって、それを学び得ることを忘れないようにしたい。

    • fo2bo33さん
      僕も、同感です。
      結局は速読は手段であって、一番大切なのは本を読んで理解して行動したりアウトプット出来るようになることだと思う!
      僕も、同感です。
      結局は速読は手段であって、一番大切なのは本を読んで理解して行動したりアウトプット出来るようになることだと思う!
      2012/03/09
  • もっといっぱい小説(特に推理小説)を読みたくて、速読トレーニングをしよう!と思い立ったのが先週。
    本屋で色々見て、この本が一番読みやすそうでレビューも良かったから、買ってみたが…もし、この本でいう「速読」を習得したとしても、推理小説には使えない(使いたくない)感じ…。
    ちょっと残念だけど、実用書やビジネス書籍には良いと感じたので、そういう本を読む(ことがあったらその)時には試してみようと思う。

  • 速読術もいろいろ読んでみてますが、
    こちらの内容はまぁすっきり入りやすいかな?
    今後は最低2回以上読むことにしようかな。

    この本は、まず60分で読みきって、
    直後に10分で再読してみました。
    内容すっきり入ってる気がします。

    速読の技術もいろいろありますが、
    「自分が蓄えてきた知識経験のストックの量や質に関わっている」
    これはとても賛成です。

    速読術の本が素早く読めたのもベースの知識経験があったから。
    同様に30分、ないし60分の中で知識経験を作ってしまうのは、
    よい考え方かなと。

    一読を薦めます。

  • さまざまな速読の本を体験した作者が、胡散臭さをとっぱらった理にかなった方法を読者に提供している。
    この方法ならば、無理なテクニックを身に付けるよりも現実的かつ有用である。
    速読本の上に立つ速読本の新解釈です。
    この内容ならば効果を体験できる人も多いはず

  • 速読のカギは知識の「ストック」である。文章を「見る」だけで理解するには、そこに書かれていることに関する自分の中の「ストック」がどれだけあるかで理解力が変わる。ストックが多ければ、読む速度は速くなる。ストックを蓄えるにはたくさんの本を読むこと。繰り返し読むこと。

    勉強法としては、かなり実用性があるように思います。今覚えたいことがあるので、早速参考にしようかと。小説についても簡単に言及されていますが、小説には向かないと個人的には思う。(小説の場合、繰り返し読みとかあり得ない…)既存の速読法に対する苦言の章は必要なのか疑問ですが、この著者は本当に本が好きなのだな、と思った。積読活用法は目からウロコ。もっとたくさん本を読みたくさせてくれる本でした。

全79件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

トレスペクト教育研究所代表。1967年生まれ。東京大学経済学部卒。出版社、コンサルティング会社勤務後、ニューヨーク大学留学(MBA)。外資系銀行を経て、2002年に独立。30年にわたり、心理学や記憶術、速読を実践研究し、脳科学、認知科学の知見も積極的に取り入れた独自のコミュニケーション法・学習法を確立。企業研修やビジネスマン向けの講座・個別指導を行う。専門家サイト・オールアバウト「記憶術」ガイド。主な著書に『絶妙な聞き方』(PHP文庫)、『「1分スピード記憶」勉強法』(三笠書房)、『暗記が苦手な人の3ステップ 記憶勉強術』(実務教育出版)など多数。訳書に『売り込まなくても売れる! 実践編』(J.ワース著 フォレスト出版)、『コーチング・バイブル』(H.キムージーハウス他著 東洋経済新報社 共訳)がある。

「2018年 『自分を変える「脳」の習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

どんな本でも大量に読める「速読」の本のその他の作品

宇都出雅巳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

どんな本でも大量に読める「速読」の本を本棚に登録しているひと

ツイートする