超キホンの日常会話なのに日本人なら必ず間違える英語

著者 :
  • 大和書房
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479793403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「英語産業」の実例を示すのに良い例だと思って。まあ、一概に無駄とは申しませんが。でも百害あって一利なしという言葉もあるくらいですし、ね。

  • 【新刊情報】超キホンの日常会話なのに日本人なら必ず間違える英語 834/ハ http://tinyurl.com/bqw9yzg 英会話には、ネイティブが好んで使う決まり文句がたくさんある。真意をつかむのが困難かつ日常会話で多用されるフレーズを集め、わかりやすく解説する #安城

  • 晴山陽一/著
    英会話にはネイティブが好んで使う決まり文句がたくさんあります。その語彙は日本人からしてみれば「中1レベル」なのに、フレーズとなるとなぜかわからないものばかり。
    You don't say.はどんな意味? これはじつは「意外だなぁ」という意味。では、Piece of cake.は? Well put!は? Way to go!は?
    初級者にとっては目からウロコ、上級者にとっては気の利いたフレーズのストックをつくれる、画期的な英語ガイド!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1950年、東京生まれ。早稲田大学文学部哲学科を卒業後、出版社に勤務。1997年に独立し、精力的に執筆を続けている。10年連続10万部で、2007年に100万部を達成。主な著書に、『たった100単語の英会話』(青春出版社)、『すごい言葉』(文春新書)、『英語ベストセラー本の研究』(幻冬舎)、『話したい人のための丸ごと覚える厳選英文100』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『英単語速習術』(晴山書店)、『1秒速答! 英語クイックレスポンス』(ジャパンタイムズ)など。電子書籍、海外出版を合わせると著書は約200冊。2015年にKindle総合1位、Amazonビジネス英語部門1位を獲得。

「2018年 『目で見る英文法 前置詞ダイヤル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

晴山陽一の作品

ツイートする