就職する前にしておきたい17のこと

著者 :
  • 大和書房
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479793441

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【配置場所】工大特集コーナー【請求記号】 159.4||H
    【資料ID】91120815

  • 1/130902

  • CD必聴。

  • わかりやすい言葉で、そうだな、そうだなと納得しながら読み進められました。自分の価値観を見直して、普段このままではいけないと気付いていることと向き合わねばならず苦しい部分もあった。それでも、ポジティブに世界を広げてくれる言葉がたくさんあって、ワクワクに素直に従ったり、もっと興味のあることに投資してみたり、失敗も楽しんで前向きに考えようと思えました。今からでも遅すぎることはない!と心に刻んで、ひとつひとつ選択していきたいです。

  • 完結にまとめられていて、とても参考になりました

  • 甥にプレゼントしようかなと考えてる。

  • 本田さんの本は2冊目だが、この人は本当に視点が高いというか他のビジネス書や自己啓発本とは観点が違うなと思う。
    例えば「一流、二流、三流のどこに行くかを決める」は、少し意識の高い人なら一流に行きたいと言うに決まっている。しかしこの人の言う「一流」について読むと、自分なんかがこんなレベルまで行けるのか、行っていいのかと思ってしまうほどすごい。本当の一流を知っている人なんだなと思う。


    以下、読書メモ

    ・自由人になるか、不自由人になるかを決める
    ・お金を引き寄せられる人→セルフイメージが高い
    ・一流の人から学ぶと一流になれる(一流のオーラの風圧に負けてはいけない)
    ・才能とは「がんばらなくてもできること」
    ・仕事がもたらすよろこび・・・「お金をもらう喜び」「人に感謝される喜び」「人とつながる喜び」「自分が成長する喜び」
    ・自分と似たタイプの人をメンターに選ぶ→同じ弱みを持つのでその人からの学びを活かしやすい
    ・友達に助けてもらう→業界のキーパーソン、一緒に上がって行ける仲間
    ・父親への反抗心が仕事運を落とす
    ・まさか!に備える→家族との繋がりを大事に
    ・回り道を楽しむ→人生では速さより面白さを優先させよう
    ・迷ったらちょっと怖い方を選ぶ→自分を幸せにしてくれるものは今まで避けてきたことの中にあったりする
    ・(自由人として生きるため)群れから離れて生きる勇気を持つ

  • チェック項目14箇所。大好きなことをやっているかどうか?就職するとは何か?転職するとは何か?就職するときはその業界から離れない覚悟があるか?これからは専門の知識を持っている人が強い。何でもできる→特にできることがない。一流の人から学ぶと一流になれる。自分のタイプは何か?展開型と目標型。自己投資=お金×時間×情熱×行動。知識とスキルを身につける。心がワクワクしたり、気になることをすべてやってみる。一緒にあがっていける仲間と一生付き合う。父親への反抗心が仕事運を落とす。変えられるもの、変えられないものはなにか?幸せはだれかからもらうものではない。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

経営コンサルティング会社やベンチャーキャピタル会社など複数の会社を経営する「お金の専門家」。育児のかたわら、お金と幸せについてのセミナー・講演会などを不定期に行う。『ユダヤ人大富豪の教え』などの著作シリーズはすべてベストセラー。累計発行部数は、700万部を超え、世界中で翻訳されつつある。

「2017年 『図解 「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

就職する前にしておきたい17のことのその他の作品

本田健の作品

ツイートする