社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!

著者 :
  • 大和書房
3.77
  • (121)
  • (302)
  • (183)
  • (34)
  • (7)
本棚登録 : 1805
レビュー : 310
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479793489

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「社会派の旅人」の著者が世界各国を旅する視点は、いままでの私がまったく意識せずにいたものばかりで、目からウロコというか、旅ってここまで楽しむものなんだ!と今まで漫然と旅をしていた自分をちょっと反省しました。

    ・リプトンのティーバッグでお茶を出すことが何よりのおもてなしとなる国があること
    ・コカ・コーラの流通の仕方でわかる国の発展の過程
    ・自国通貨より外貨を欲しがる国
    ・お金では豊かさが買えない国

    自分も旅をしたときにもっともっと現地のことに目を向けようと思いました。(ホテルの快適さばかり見ずに・・・)

    旅をする前にはぜひ読み返したい本。

  • ●内容
    ・元外資金融勤務で、プチリタイアした著者による世界旅行記。
    ・豊富な知識に裏打ちされた確かな「学び」

    ●コメント

    豊富な勉強と、過去の経験から「ちょっとした出来事」にも鋭い洞察を加える。その洞察は現地での「お金」や「社会構造」にまで及ぶので、ただの遊びの旅行とは大違い。これぞ「旅」の理想像。

    (引用)

    ・(現地通貨よりもドルでの支払いを求められる経験から)こういった経験をすると、自分が「自国通貨を信頼できる国」に住んでいることのありがたみを強く感じます。よく考えてみると、国際市場で自由に両替可能な「ハードカレンシー」を持っている国はそんなに多くはないのです。普通に働くだけでそういった通貨が得られる国で生活していることの有利さは、普段は意識もしないけれど、実はものすごく恵まれたことなのです。


    ・(お金持ちのビルマ人とのやりとり)私は、彼の質問を反芻しました。「おまえは家を持っているか?」「車は持っているのか?」「ではお金を持っているか?」…すべての質問に対する私の答えは「いいえ」です。それでも私は、目の前でその問いを発している「すべてを持っている男性」より自分のほうが圧倒低に豊かであることを自覚していました。
     「何を持っているか、ということが、これほどまでに豊かさと無関係なのだ」と気が付いた瞬間でした。

  • 面白くて一瞬で読み終わっちゃった。
    ちきりんさんの色んな経験がぎゅっと詰まった一冊。
    私も海外に行くときに参考にしようと思う事がたくさんありました!

  • 旧ソ連、中国、ミャンマー...
    ニュースで見て、「わかったつもり」になっていても、実際のことはわからない。
    わかったつもりではなく、
    実際に「体感」することが、どんな場合にも必要なのだと思う。

  • 人気ブロガーちきりんの海外旅行記?エッセイです。

    世界から見て、日本の文化が特異だということはよく言われているし、視聴覚的に(建築物、言語など)わかりやすいが、世界の中の一国としての歴史や政治・経済的なポジションというのは(どのくらい「豊か」なのか?とか)、著者のように複数の国を回ってみて実感できる種類のことなのかもしれないと思った。

    普段著者のブログを読んでいる感覚でスラスラと読み進められるが、お金や、文化などテーマごとに章立てがあり、複数の国の話がまとめてあるので、比較しながら筆者の視点や考えに触れられる。

  • 読み終わった後はすぐにでも海外に行きたくなる本。
    と同時に、格差とは何か豊かさとはなにかを考えることができる本である。

    著者は約50か国の渡航経験のあり、なおかつ独特の視点をもつ社会派のちきりんさんである。

    約50か国の国を歩きまわる筆者だからこそそれぞれの国の特徴などが比較されていてとても読者としても楽しく読めた。

    リゾート、美術館、文化、通貨、古代遺跡など様々な旅の話があったが、
    特に第10章の「豊かであるある実感」は印象的だ。
    お金があるから豊かであるというのは違うのであって、
    世界には、お金があっても買える食料もなく、資源もない国もある。貧しい自国を出たくてもそれも許されない国もある。
    つまり、豊かさとは、人生に自由な選択肢があることだというのである。この話を読んで、お金がなく嘆いている自分が情けなくなった。
    また同章のインドの子供の話も印象的だ。
    カースト制度がいまだに残っているインド。
    路上で、人力車を引く埃まみれの子供、そしてそこ乗ってるのはきれいな恰好をした同年代の女の子。異国の人間から見ると格差であるが、彼女たちには格差の「認識」がない。
    日本でも格差は騒がれている。しかしそこには格差の「認識lはある。しかし世界にはその「認識」すらない国もある。改めて日本は豊かな国だと思った。

  • ちきりんさんが海外旅行するときの、ものの見方、考え方が垣間見られて面白かった!興味深いエピソード満載でした。海外旅行行きたい。。。

  • ちきりんさんが海外を旅して考えた記録。
    新しいまたは違った「ものの見方、考え方」って他者との違いを実際に体験しないと身につかないことなんだなって思った。ちきりんさんは海外の旅の中で、訪れた国でみた常識・慣行を通してその国/場所の背景を探ってみる。すると世界の中の日本の姿もよくわかってくるのかもしれない。社会が多様化する速度が急速の進むなかで、これから必要な視点がたくさん発見できたと思う。

  • 海外旅行をして考えたことを書いてある。
    けっこう新鮮。

  • 旅行記。
    考える部分は、始めとラストの数ページ。

全310件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

【ちきりん】社会派ブログ「Chikirinの日記」運営者

「2013年 『強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!のその他の作品

ちきりんの作品

ツイートする