出会いとつながりの法則 ~誰も書かなかった新・出会い論~

著者 : 永松茂久
  • 大和書房 (2012年6月25日発売)
4.08
  • (19)
  • (21)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :188
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479793519

出会いとつながりの法則 ~誰も書かなかった新・出会い論~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • めちゃめちゃ分かりやすく、出会いという人と人の繋がりを大切にします♪
    成長における5つのステップは、だからこそ自分の軸をぶらさず、
    努力していくことを決めました♪

  • 出会いとつながりの法則
    永松茂久氏

    ◆この世を支配している人間関係
    ・運はうつる
    運のいい人とつきあう

    ◆出会いを活かす
    ・誰かのためにが人を動かす

    ◆出会いのために心がけておくこと
    ・出会った人が何を求めているか把握
    ・弱い立場の人を大切に

    ◆感謝の本当の意味
    ・感謝が出会いを引きつける

    ・人生がうまくいく人の習慣
    父さん母さんご先祖様。今日も無事に過ごさせていただいております。いつも見守っていてくれてありがとう

  • 新しい出会いを求めるよりは近くにいる人たちを大切にしていくべき、という内容

  • 既に知り合いの人を大切に。

    行動指針には段階があるように感じた。
    ①誰かに決められて行動する段階

    ②自分がどうしたいのか心に尋ねて行動する段階

    ③相手のために行動したいと心から決めて行動

    人に決められた相手軸はしんどいが、自分で決めた相手軸は、ハッピーになる。

    読みやすい文章と文字の大きさで、泣ける部分もあり、人付き合いに関することの勉強にもなった。

    ただし、科学的に証明されてることしか信じない系の人には読んで欲しくないね。

  • 目の前の人にもっと全力で向き合う。
    いろいろなことから学ぶ前にひとつのことから、まずはとことん学んでみる。

  • 幸せになりたいとかお金持ちになりたいって言うとずっとそう思い続ける現象ばかりが引き寄せられる。そうじゃなくて、今幸せでありがとうございますって感謝すると、また感謝したくなる現象が起きる。
    常に自分自身を磨く、つまり自分のステージを上げる努力を怠らないということ。
    相手もすごいが、自分もすごい。
    変化することが本当の安定を生み出す。

  • 今回は永松茂久さんの出会いについての本。

    遠くにいる人と出会って教えを乞うことによって、自分が大きく成長できると思って、いろんな人に出会いを求めてしまうけど、実は違う。

    身近にいる人を大切にして、感謝して、今の出会いを大切にする。

    もちろん、この人は!と思える人には、機を逃さずに会いに行くことも大事やけど、ミーハーでいろんな人に会いすぎてもだめ。

    人が成長する人間関係には、聖なる五段階がある。
    聖なる違和感

    聖なる孤独

    聖なる出会い

    聖なるつながり

    聖なる絆
    この五段階があってこそ、人はいい出会いごできる。
    出会い~絆までのスピードは早いけど、違和感を感じたまま、自分の居心地のいい快適な空間で居続けてしまうことがあったり、孤独に耐えられず、戻ってしまったりしまうこともある。

    フォーミー精神でなく、フォーユー精神でいることで、自分の成長、周りの成長、日本の成長に繋がる。

    しげにいっちゃあ、どんだけいい人なんだって思える本がつづいてます。

  • 人こそ宝。人を大切にしていく心。フォーユー実践してみます!(^o^)

  • そうねぇ・・

  • 感謝。フォー・ユー。

全18件中 1 - 10件を表示

永松茂久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
スペンサー ジョ...
兄貴(丸尾孝俊)
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

出会いとつながりの法則 ~誰も書かなかった新・出会い論~はこんな本です

出会いとつながりの法則 ~誰も書かなかった新・出会い論~を本棚に登録しているひと

ツイートする