ハーバード流宴会術

著者 :
  • 大和書房
3.42
  • (46)
  • (135)
  • (134)
  • (48)
  • (11)
本棚登録 : 1327
感想 : 167
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479793670

作品紹介・あらすじ

ハーバードで一番有名な日本人が教える若手社員もベテラン社員も役立つ仕事のやり方、お付き合い、おもてなしの行動。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハーバードを出た人の宴会流儀。すなわちおもてなしの姿勢。営業としての精神が書かれていると感じました。

    ・いくら頭が良くても、仕事ができても、「やさしさ」がない人とは、本気で一緒に何かをやってみたいとは思えない
    ・ビジネスパーソンたるもの常に9000円は財布に入れておくのが正解です。
    ・強いグリップの握手と堂々としたキスで場を掌握しろ
    ・最初の挨拶
    ・空いたグラスを見逃すな
    ・さんまさんはあまり自分の話をせずに笑いを取っている
    ・自分のポジションを良くするために笑うのではない。周りが働きやすい環境を作るために笑うのである

  • 「ハーバード流」と題しているが、特にそれらしいものがあるわけではなく、自己流の哲学に基づいた手法にように思える。内容はシンプルで読みやすいが、その文冗長で、かつ個人の経験ベースで語られており、あまりしっくりくるものがない。アプローチの仕方も強引というか体育会系流で(これが悪いと言っているわけではない)自分には到底取り入れられなさそう。むしろこのようなアプローチでなければ大人数のコミュニケーションはうまく機能しないのだろうか、、?

  • この本は、真面目に(?)宴会について心得を書いている本です。

    全48個の宴会の心得は、なかなか面白かったです。

    宴会での心得の理由をビジネスシーンで求められる事を使って説明しています。

    宴会のいろはは、あまり教えてもらう機会がないと思います。
    宴会で気を付けるべき事とかを一読しておくと色々と役にたちそうです。

    やはり宴会も相手の立場にたって考えて行動しないといけません。
    でも、宴会は、自分も楽しむ事が大切ですね✨

    オススメの本です。

  • ハーバード流と言いながらも、日本の宴会力はどうのこうのなので、題名負けしているような。
    宴会や合コンにおける気配りからビジネスにも応用できます的なハウツー本ですね。
    人には合う合わないがあるので、自分がやったら精神的に参ってしまいそうです。

  • ハーバード流と銘打ちつつ、ほぼ宴会ノウハウといった内容で、「商社マンの宴会術」と題した方が読者を裏切らなかっただろう。要諦を心配りと主張する点には頷けるが、頻出する著者の宴会エピソードなどは実にくだらなく、時間を損した気分になる。表紙を見て興味を持った人には、まず中身をざっと確認する事を強くおすすめする。

  • 必要な事なんだろうけど、今の自分には関係がなさ過ぎてイマイチ。

    自己紹介は自分の最高のプレゼンの場という部分だけ共感

    ×マラソン4時間で走れます
    ○マラソンが好きで、仕事が忙しくてもその練習時間は優先するタイプです

    など、価値観を明確にプレゼンする

  • 読了。これぞ最高のおもてなしか!?

  • 本書は『ハーバード流』と銘打たれておりますが、内容にはそんな深くは関係ないと思われます。宴会などで幹事を引き受ける機会がよくある方は、本書を読んで参考になされてはいかがでしょうか?としか言えません。

    本書はまぁ、なんというのか。『宴会術』をキーワードに様々なテクニックを用いて『成功』に導いてもらうためのノウハウが凝縮されております。個人的にはここで言う所の『宴会弱者』なので、ここに出ていることのほとんどは、全くこころに響いてきませんでした。学生時代から現在に至るまで、一時期、特殊な環境に身をおいていたことがあるので、ほとんど最低限度の『気配り』くらいはどうにかこうにかできるようになりましたが、ここしばらくは酒を飲む機会も一切なくなっているため、それを使うこともなくなりつつあります。

    『ハーバード流』とは銘打たれていても、あまり関係はないのかもしれません。筆者は総合商社に入社後、『東京の夜の怪物くん』という異名を持つ先輩社員に師事し、『宴会術』を極めていったそうで、それに磨きをかけ、整理体系化していくきっかけとなったのはハーバード・ビジネススクールで学んだ『経営学』だったとおっしゃっているのですが…。僕にはよく分かりません。

    ここに書かれているテクニックを使いこなすことができれば『幹事』として認められてはいくのでしょう。それ以外の事は正直、よく分かりませんでした。どこか、ここに書かれているのは『違う世界』のこととして捉えているせいなのかもしれません。

  • 前作が非常に面白かったため手に取りました。
    本書も勉強になる点があり、改めて自分の甘さを実感しました。。仕事柄、所謂宴会はそこまで多くはないですが、 常にビジネスマインドを持って行動することが公私問わず重要だと感じた次第です。

    So, let me ask you....
    What do you mean?
    Why?
    How do you feel?

    語尾を笑いでしめる。

  • 前著「パンツを脱ぐ勇気」でその行動力と面白さに一気に魅せられたため、2冊目が出たら絶対買うと決めていました。

    前著ではハーバード同期100数名を日本に招待したとさらっと書かれていましたが、本書では著者が商社時代から大事にされてきた宴会術、姿勢、心構えなどが紹介されています。

    本書が特徴的なのは、単なるハウツー本で終わらせることなく、ハーバードで学んだ、リーダーシップ、マーケティング、戦略、ファイナンス、組織論、人材育成などと絡めながら宴会術を紹介しているところで、これらの分野の知識も吸収しつつ、有益な宴会術が学べる点は素晴らしいです。

    ファシリテーターは練習次第で誰でも出来ると本書を読んで自信が持てました。これから海外で仕事をするので、その点でも参考になる点が多かったです。日本の宴会術を用いて少しでも働きやすい環境を作りたい。

全167件中 1 - 10件を表示

児玉教仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 優
デイル ドーテン
ウォルター・アイ...
佐々木 圭一
ジェームス W....
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×