働きながらリスクゼロで小さく稼ぐ 朝晩30分好きなことで起業する

著者 :
  • 大和書房
3.13
  • (6)
  • (7)
  • (24)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 266
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479795575

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • よくある自己掲示本
    内容も薄い。
    ワークは優秀だと思う。

  • 勝間塾に入っている方のアメブロから

  • よくある自己啓発本と違って、
    「自分はこんな風にやったから成功できたんだ」といった、自慢や押し付けを感じない本だった。

    あくまでも自分の経験を、他人の為に教えてあげたいという感じ。好感を持てた。

    自分の好きな事を続ける事は努力と感じない、というのはとても分かる。
    私自身、ソフトボールが仕事になった時にも、練習が嫌だとか感じた事がなかった。(置かれてる環境に我慢できなくて辞めたくはなったけど)
    好きなことが仕事にできていたことが、何よりも幸せなことだったのだと改めて感じた。

    また新たに自分が夢中になれるものを探して、いずれ起業できたら素晴らしいと思う。

  • 会社員が起業をするための心構えが簡潔に書いてあり、サクッと読めた。

  • サラリーマンだけでは物足りないと思った人へは勧めたい。やるか、やらないかは貴方次第。

  • 起業したい人が知りたい具体的なことが何も書かれていない低俗本。

  • ## ☆2:この本自体が情報商材みたいなものかも
    漠然と将来に不安を抱えて生きる人々に対して,身近にできるスモールビジネスを通して起業を勧めている。

    大きく3段構成になっていると感じた。

    1. 起業をするということ
    2. 自分の好きを見つけること
    3. 起業してやっていくコツ

    起業するというと,かなりすごい人のような印象を持つかもしれない。しかし,実はそうではなく,会社などで身につけた他の人よりちょっとできることを活かした身の回りの小さなことから始めることができるとのこと。

    そのためには,自分が好きなこと向いていることを振り返ることが大事だと書いてあある。今まで過ごしてきたことを振り返り,何が好きで何が嫌いか,どういうことに夢中になっていたかを把握することが必要だそう。

    そして,起業してやっていくには,自分が好きなことではなく相手が何を求めるのかということを意識する必要がある。たとえば,ブログで日々の活動を記すにしても,自分本位ではなく,他の人にとって有益になるように心がけることが大事だ。

    最初のほうで,起業をしていくうえでのスタイルの分類をいくつか紹介していた。その中で,情報商材を扱うものは自分の知識を活かせて,リスクなないのでオススメとあったのが印象的だった。まさにこの本がその情報商材なのではないかと感じた。

    ## まとめ
    なんというか,比較的一般的な内容が多くて,あまり具体的な内容はない。読みやすくて1日の通勤時間の往復でさらっと読み終わった。あまり読んでためになった感じはしなかった。

    パーマリンク:<https://senooken.jp/blog/2018/01/12/>

  • 好きなことだから続けられる、ということが大切。
    今後働く年数がどんどん伸び続ける高齢社会。自分の好きなことを見つけ鍛錬しながら細く長く収入を得る道を見つけるきっかけになってくれる本。
    過去を振り返ることで自分の現在位置がわかり、未来のゴールがわかる。そのための過去を掘り返す数々の質問が役に立ちそう。

  • 起業の心理的敷居を下げてくれる本。会社員でいながら、好きなことで起業すればよい。今の時代らしく、ネットのツールをどう使うかも書かれている。
    自分が好きで仕方なくて、かつ、他の人にも、それ、欲しいと言われることって何だろう、そこが一番難しいなあ。

  • Yotsuya

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

経済産業省後援事業・ドリームゲート認定専門家。パーソナルビジネスブレインズ・グループ代表。 10000人の人生を変えた「起業のプロ」。1996年、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。ラジオや雑誌などマスコミにも多数登場し、会社員のまま始める起業準備法を公開。経験・実績に基づいた、わかりやすい起業支援セミナー・ノウハウの解説には定評がある。一人ひとりの望むゴールに合わせた設計図を作り、スキマ時間に起業準備を進めるプログラム『スマホで学ぶ起業塾(通勤起業)&ダストボックスコーチング』のコンセプトを開発。現在、会社員を中心に、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業開発・マーケティング・海外進出を必要とするビジネスパーソンに向けてのセミナーや、自身が運営する起業コミュニティサロン(起業18フォーラム)の受講者は年間のべ1000人を超える。

「2021年 『朝晩30分好きなことで起業する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井一の作品

ツイートする
×