超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

著者 :
  • 大和書房
3.64
  • (59)
  • (100)
  • (112)
  • (22)
  • (3)
本棚登録 : 1217
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479795612

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ワークライフバランスからワークアズライフへの転換
    マインドセットの変換点

    「人間vs.機械(AI)」ではなく「人間vs.機械(AI)親和性の高い人間」です
    「AIが仕事を奪う」
    これは否定論肯定論双方ありますがどちらも正しいということです。
    これからはAIや機械に親和性の高い人が仕事を得て親和性の低い人が機械化された残りの仕事を奪い合う形になるということです。

    あらゆるものを「ググればわかる」「一度は自分で解いてみたことがある」レベルにしておく
    本書でも書かれているのですがなんでもできるゼネラリストはAI時代には不要になっていくとあります。
    そのためにも自分の興味ある能力を伸ばせと。
    ただそれは平均的な能力がある前提なんですよね。
    だって少なくとも読み書きができなかったらググることすらできませんから。
    解いたことのある問題を増やしてどのような質問にもある程度対応できるレベルにしておかないといけないと思います。

  • とてつもない疾走感。読み始めたら、一気に最後まで。時代の変化のスピードを読みながらに感じられる。AI時代の生き方や経営に触れた書籍は多いが、この本はそのジャンルでトップの部類に入る。

  • 自分に自信が持てるようになった本。
    読むまでに自分の中で考えてたことを全部詳しく書いていて、それに対する解決策などもあって、この本のせい(おかげ?)で指針が180度変わった。
    この本に会ってなかったら、多分人生つまらないものになってた

  • 新時代のパラダイムシフトがうまくまとまっていると思う。ユヴァルノアハラリのホモデウスの、ちょっとスケール小さいバージョンな感じ。

  • 落合さんの本、初めてだが面白い!読み止まらない。

  • 本書を読んでシンギュラリティ(機械の知能が人間の知能を超えること)についてより深く理解し、時代の変化に対応する必要があると感じました。

    著者は、AIの発達により機械が代わりに仕事をするようになると、自由に使える時間が増加し、その時に自分の趣味を仕事とすることが可能な「ワークアズライフ」の時代が来る、と述べています。

    そして、没頭するような趣味のメカニズムは、
    ・ギャンブル性(うまくいくか分からないことに挑戦し、ドキドキする感覚)
    ・コレクション的(積み上がっていく感覚)
    ・心地よさ
    の3つが大切な要素であると書かれています。


    私は今の仕事が大好きで、「お金を支払ってでもやり続けたい、最高に面白い」と心から感じています。

    本書を読み、今の仕事がこの3つの要素を満たしているから、のめり込むことができているのだと気がつきました。

    それらは会社員として勤めていた時の仕事では得られなかったであろうものもあります。

    そしてこれからの時代の変化により、さらに面白い人生を自分が選択していきたいと感じる一冊でした。

  • 読了。なんとなく10パーくらいしか分からず。
    もう少しわかりたいので、2週目読む予定。

  • 考えていきましょう自分にしかできないこと(と言えるくらい自分にとって好きなこと)を

    ・コミュニティを決める
    ・優位性はアピールする
    ・勘違いによるストレスはなくす

  • 落合陽一が説く、個人の生き方。

    今後、人工知能が発達した世界で僕たちの生活は、生き方は、どのように変わっていくのだろうか。
    仕事は決してなくならないだろうとは思う。
    しかし、仕事のやり方は、ITと融合することにより大きく変わってくるだろうか。
    何を僕たちはやって、何をやらないのか。
    ITの進化と同時に、僕たちの頭の中で必死に考えつつ、ITと社会と僕たちの生き方を少しずつ馴染ませていく必要があるように思える。

    そんな中、以下の考え方がすごく面白かった。

    1.自分の価値基準を自分で作っていく。
    今後、社会が多様化していく中、それぞれのフィールドを持ち、その中で一番にならなければならない。

    2.仕事となる趣味を3つ以上持ち、その中で、ストレスレスな働き方を行う。

    3.プレゼンは、それが「エンタメ」なのか「効率のいい情報伝達」なのか、考え、その方向性によって発信のし方を変えていく必要がある。
    また、仕事のやり方としては、「プレゼン」を行うことを前提としたほうが、プロセスを考えた場合、すごく効率的な仕事のやり方なのだという。

    4.適度な「運動」が必要という話。
    この本では、「機械との差別化のため」、「脳みそを回すため」といった、少し違った意味合いなのが、なんだか印象に残った。

    名前はよく耳にする方だったが、本は初読み。
    想定していたよりもずっと考え方が面白い方だったと思う。

  • 最近、時間があるのでちょっと落合陽一を読み始めている。
    個人的には内容はとても腹に落ちた。Life Shiftに通ずるところもあるように思えたし、Life Shift後の日本をどう行きていくか、その心構えとか意識しておいた方がいいことが散りばめられているように捉えた。
    これから本格的に取り組む我が幼な子の教育を考えると考慮すべき論点は多いよねぇ。

著者プロフィール

落合陽一(おちあい よういち)
メディアアーティスト、研究者。2015年より筑波大学図書館情報メディア系助教、デジタルネイチャー研究室主宰。2015年Pixie Dust Technologies.incのCEO。2017年から筑波大学学長補佐、大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授を兼務。2017年12月からは、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社による筑波大学デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長 及び 准教授を兼務。代表作に、最初の著書『魔法の世紀』、『日本再興戦略』『デジタルネイチャー』など。ほかにも様々な作品と著作に関わる。2019年9月7日、『2030年の世界地図帳』を刊行。

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリストのその他の作品

超AI時代の生存戦略 Kindle版 超AI時代の生存戦略 落合陽一

落合陽一の作品

ツイートする