脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

著者 :
  • 大和書房
4.00
  • (128)
  • (179)
  • (88)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 1546
レビュー : 200
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479795827

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生を良くするための時間術。

    本書が目指すところは、仕事を効率良くこなして、好きなことを自由にできる時間を作り出し、楽しく幸せな人生を送ることにあります。日々、仕事ばかりになってしまい、なかなか自分の時間を持てないことを何とかしたいと思っている人は、一読してみると良いかも知れません(その時間が無い?)

    本書で軸となるのは、時間の使い方を「集中力」を中心に考えるということでしょう。

    基本は、高い集中力が必要な仕事は、集中力が高い時間帯に行うということ。
    当たり前といえば当たり前の理屈ではありますが、集中力が高い時間帯をきちんと把握し、そこに適切なタスクを割り当てることは、意外と徹底できていないかも知れません。あまり意識していないか、仕事に追われてそれどころではないか・・・。

    また、1日の中で、集中力を回復させる方法が幾つか提示されています。
    最高の集中力を保てる時間は限られていますが、ある程度の水準までならば回復できるという話です。集中力を回復できれば、効率良く仕事をこなせる時間が増えるので、ある意味で「1日の時間を増やす」ことになります。

    実践しやすい時間術が数多くまとめられています。
    すべてを実践することは難しいかも知れませんし、どの方法が合うかは個々人で異なると思いますが、幾つかやれそうなことを取り入れてみる価値はありそうです。

  • 目新しい情報はないが、改めて時間術について知りたい人にはおすすめ

  • 本書にも買いてあったのだが本を読んだら必ずアウトプットをするという、「3ポイント・アウトプット法」を試してみる。これはその本を読んで得られた気づきを3つ書くということ。
    1、朝の脳のゴールデンタイムを有効活用する。朝はどちらかというと仕事へ出かけるギリギリまで寝ていたいと思っていた。しかし、通常の4倍も効率がいいとのこと。朝活を始めようと思う。

    2、夜の時間を最大限に活かすための運動と睡眠リセット。夜はどうしても集中力がおちてしまう。それを運動の仮眠によりリセットするということだ。

    3、捻出した時間は自己投資に回す。空いた時間を仕事へ回してしまう人がほとんどである。しかし、その空いた時間を趣味や自己投資に使うことが人生を豊かにする。

    本書には3ポイントアウトプット法、3分で終わると買いてあったのだが10分かかってしまった。相変わらず文章を書くことは苦手である。しかし、これは大きな1歩である

    最後に、一流の仕事人は一流の趣味人である。心に残った本書の言葉である。仕事も遊びも100パーセントで楽しみ、人生を豊かなものにして行きたい。

  • オススメされて読んでみた。
    精神科医の先生が作者の、時間術の本。
    めっちゃ学びがいっぱいで、つい最近二巡目読了。
    実践すべく頑張っています…トリプルワーカーにはなかなかきついところがあるけど、いつか一本に絞るためにがんばろ。

  • 【Mo.220】「とにかく雑念が出たら書き出すこと。そして、書いたら忘れる」「夜に運動するのなら、眠りに入る3時間前までに終了しておくこと」「人間は寝る前に考えた人間になる」「忙しい人は、”自分の時間”を大切にしますが、”他人の時間”をないがしろにします。そういう人は、”他人の時間”を奪っていると同時に、”自分の信頼”を失っていることに気付くべき」

  • この本に書いているのいくつかの助言を参考に、この1週間ほど実践してみています。

    * 朝シャワーを浴びる
    * 起きた2時間に大切な仕事をする
    * 何か思いついたりしたらとりあえず書き出しとく

    この3つだけしっかりと意識して実践してみると、見違えるほど生活習慣が劇的に改善してきた感じがします。

  • 朝の時間の活用方法、パフォーマンス向上のための睡眠リズムの摂り方など、保育者としても生活リズムが多種多様な子どもたちに対して配慮する上で知っておくべき学びがあった。

  • 午前中の時間価値は夜の4倍

    「集中仕事」は集中力の高い時間帯に行う。
    「非集中仕事」は集中力の低い時間帯に行う。

    「集中仕事」を朝に持ってくる

    変に集中力を高めようとしない

    「集中力の高い時間」
    ・起床後2~3時間
    ・休憩した直後
    ・就業間際の時間帯
    ・締め切り前日


    睡眠時間を削ると、ガンのリスクは6倍、脳卒中は4倍、心筋梗塞は3倍、高血圧は2倍、糖尿病は3倍以上へと跳ね上がる


    集中力を完全にリセットするのは「運動」

    「有酸素運動」をすることで、BDNF(脳由来神経栄養因子)という脳を育てる物質が分泌され、意欲を高めるドーパミンという脳内物質も分泌される。


    集中力を高めて仕事を効率的にこなすためには、「雑念の排除」が必須

    雑念排除法1 モノによる雑念

    机の上のモノ、パソコン内の整理。


    雑念排除法2 思考による雑念

    例「今日出さないといけない書類があった」
     「そういえば、会議の予約をしないと」
     「Aさんにメール返信しないと」

    気になることはすべて書く、雑念がでたら書き出すこと。そして書いたら忘れる。

    思考の切り替えの具体的な方法は、「日光を浴びる」「リズム運動をする」「咀嚼する」の3つ


    雑念排除法3 人による雑念

    村上春樹著『職業としての小説家』

    仕事術の達人たちも推奨する「ストップウォッチ仕事術」

    ストップウォッチを使って、時間を「見える化」する

    制限時間を決めると集中力が高まり、仕事効率がアップする


    集中時間をこなすには、「午前中」しかない

    アメリカベストセラー作家・スティーブン・キングは小説作法をまとめた『書くことについて』(小学館文庫)の中で1日の時間の使い方についてこのように書いている。

    「私の日課は実にわかりやすい。午前中は執筆、午後は昼寝と手紙。夜は読書と家族団らん、テレビでレッドソックスの試合、どうしても後回しにできない改訂作業。というわけで、原則として、執筆は午前中」


    超・朝活起床術

    「朝のスッキリ」を手に入れる5つの方法

    起床して2~3時間は、脳がさえわたる「脳のゴールデンタイム」

    その1 朝シャワー、運動、ランニング

    その2 カーテンを開けて寝る

    その3 不動明王起床術

     朝日の入る部屋で5分間目を開けていると、必ずセロトニンのスイッチがONになり、「つらい気分」「嫌な気分」が「さわやかな気分」「はつらつとした気分」に置き換わっていく

    その4 リズム運動

     15~20分程度、少し早足で外を散歩してみる。

    その5 よく噛んで朝食をとる


    絶対にやってはいけない朝の習慣→「テレビをみる」


    脳をリセットする仮眠の技術

    NASAの研究によると、26分の仮眠によって、仕事効率が34%アップ、注意力が54%アップした。


    良くない休憩とは、スマホでゲームをして脳を興奮させること。

    人間の脳は、視覚情報の処理に脳のキャパシティの90%を使っている


    脳を休める究極の休憩

    音楽、川のせせらぎなど「聴覚」

    おいしい食事は「味覚」

    アロマは「臭覚」

    マッサージやペットと遊ぶのは「触覚」

    入浴、サウナ、日向ぼっこは「温痛覚」

    いずれも視覚を使わずに、「癒し」ている。


    仕事中にもできる、脳を休める最も効果的な休憩は、

    「目をつぶる」こと。

    目をつぶるだけで視覚情報が遮断され、脳は休息モードに入る。


    さらに目をつぶるよりも、もっと効果的に脳を休める休息方法が

    「瞑想」や「マインドフルネス」(瞑想の一型)

    Googleやナイキなどもやっている。


    瞑想については、『最高の休息法』(久賀谷亮著、ダイヤモンド社)

    マインドフルネスについては

    『マインドフルネスの教科書』(藤井英雄著、Clover出版)

    をおすすめ。


    運動リセット法

    1日2倍活用する方法、それは脳の究極のリセット法。その方法は「運動する」ということ。

    運動のやりすぎは集中力を下げる。
    約60~90分くらいがちょうどよい


    運動が脳にいい科学的な根拠

    1、「海馬の神経を増やし、長期記憶を強化する」

    2、「脳を育てる」

    3、「運動直後から学習機能がアップする」

    4、「頭がよくなる」

    5、「作業記憶がよくなる」

    6、ぐっすり眠れる

    7、やる気が高まる

    夜に運動するのなら、眠りに入る3時間前までに終了しておくこと


    交流は最大の癒し

    夜のリセット術としておすすめの時間の使い方は、「交流」

    家族で食事をする、子どもと遊ぶ、友人、恋人と飲みに行く、気の合う仲間と盛り上げる、家で猫とたわむれる。

    「仕事をする」のと同じくらいに、夜に「休む」「リラックスする」ということが重要。


    会社を出たら、仕事のことは考えない


    睡眠にいい生活習慣

    「寝る前2時間」で人生は決まる

    朝起きるときの生活習慣で「1日」が決まる。寝る前の生活習慣で「人生」が決まる

    寝る前に食事をすると、成長ホルモンが分泌されません。

    成長ホルモンをわかりやすく言うと、「疲労回復ホルモン」

    成長ホルモンが分泌されないと、十分な疲労回復ができない。

    7~8時間は寝ているのに疲れがとれないという人には、「寝る前に食事をしている」というケースが多いので注意。


    寝る前15分活用術

    寝る前15分に記憶したことは、1日中で最も記憶に残りやすい

    「人間は寝る前に考えた人間になる」という言葉がある、これは心理学的に正しい。


    寝る前に、「今日あった楽しかった出来事を1つ思う出す」ようにしよう。


    「ファーストチェス理論」

    チェスの名人に、チェスの盤面をみせて、次の一手を言ってもらう、まず「30秒」で最初に浮かんだ一手を言ってもらう。

    次に、さらに1時間、じっくりと考えてもらって、次の手を言ってもらう。結果、「30秒」の最初の手と「60秒」熟考した手が90%も一致した。

    つまり、「ひらめき」や「直感」というのはかなり正しい。あるいは、長く考えても最初に思いついた判断とほとんど変わらないということ。

    30秒考えるのと、60分考えるのとで、同じ結論が出るのであれば、30秒考えれば十分といえる。長く考えたからといって、よりよい判断ができるとはかぎらない。

    だから、日々の決断は、即断即決していく。これが時間を大きく節約するコツ。


    並行仕事術

    「ながら仕事」は、やめなさい


    読んだら必ずアウトプットする

    一番簡単なアウトプット法は、「3ポイント・アウトプット法」

    その本を読んで得られた気づきを3つ、それぞれ1行ずつ書く方法。


    耳学

    1.Kindleの読み上げアプリで聞く電子辞書

    2. 語学教材、語学の音声アプリ

    3.動画セミナーの音声

    4. YouTubeの音声

    5.ポッドキャスト


    本をより多く読むほど集中力が鍛えられ、テレビをたくさん見るほど集中力が低くなる

    アウトプットの実践方法については

    『ムダにならない勉強法』(サンマーク出版)

  • ・起床後2時間
    ・運動する(まずは週1・30分から。)

  • 時間術の本を、いろいろ読んできたせいか、時間術に関してはあまり目新しいものはなかった。
    心に留めておきたい点は、以下3点。
    ・私はそこそこ、時間を有効に使い、集中力が切れたときの対応も身につけ、濃い日々を送ってるつもりだったけど、まだまだ のびしろがあることがわかった。(まだまだ工夫の余地あり)
    ・インプットしたものは、必ずアウトプットして自分に定着させる
    ・やっぱり夜型より朝型がよいみたい。

全200件中 111 - 120件を表示

著者プロフィール

精神科医

「2018年 『人生うまくいく人の感情リセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術のその他の作品

神・時間術 Kindle版 神・時間術 樺沢紫苑

樺沢紫苑の作品

ツイートする