脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

著者 :
  • 大和書房
3.99
  • (125)
  • (173)
  • (89)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 1504
レビュー : 199
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479795827

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 時間の使い方は勿論だが、どちらかというと集中力の本だった。どうやって集中して、効率的に時間を使うかという話、個人的には為になりました。

  • 時間はいつだって一定の速度で進み、伸びたり縮んだりしない。
    相対性理論的にはこの命題は正しくなくても、常識的には上記命題はいたって正しいと思われている。
    しかし本書は冒頭から、人間の集中力は時間によって左右するため同じ1時間が2倍・4倍にもなると主張する。

    仕事は優先度や重要度ではなく、集中を要するか否かで分けられ、その仕事は集中力の高い時間(起床直後、朝、昼寝後、休憩後、運動後など)に行うべきと述べられている。

    集中できないのであれば、時間を制限して、また締め切りを自ら設定して作業効率を上げる方法が提示されており、これはすぐにでも使えそうだ。

    さらに時間を生み出すために、決断は30秒で行い、2分で終わる仕事はその場でやり、その場でアポを取るなどの時間創出の技術が語られる。
    そしてそのようにして創出された時間は、自己のスキル向上や余暇(遊び)にこそ使うべきであるというところがポイントである。
    「遊びのリスト」を作っておいていつでも遊べる準備をしておくのは、ぜひ参考にしたい。

    著者のワークライフバランスの感覚は現代的で、仕事のためだけでなく余暇を生み出すための仕事術であると感じた。
    繰り返しとなる箇所もなくはないが、偏執狂的なまでに効率を追求する著者の姿勢はまるで求道者のようだ。

    忙しい→スキル向上やリフレッシュのための時間がない→生産性上がらないので忙しいまま。
    こんな状況にある方には、すぐに効果が期待できる実践的なTips集となるであろう。

  • 新年度から仕事の仕方を変えられないかと思い、購読しました。最高の生産性を創出するための時間利用術や生活のポイントを解説したもので、集中力が高い時間帯に相応の仕事をしようというのが本書の趣旨です。また、集中力を高めるのではなく、起床後数時間をピークとして減少する集中力を、いかにして回復させるか、また、いかにして回復した状態で一日を開始するかのポイントも解説されています。

  • 朝型に切り替える必要性を感じた。正直今まで睡眠時間が短かった。その結果効率が悪く、仕事後も何も手につかないということがあったので、そこを改善していかなければと思い知らされた。
    うまく脳のコンディションに日々の業務を効率良く当てはめながら、充実した日々を送っていきたい。
    運動も少しずつ始めよう…

  • 「生産効率をあげるヒントが載っている」

    タイトルから「神」ってなに?「ドラゴン●ールか?!笑」と読み始めは軽い気持ちでしたが、時間術=生産性の高い一日の過ごし方が記述されており、大変参考になりました。
    最近、「もっと生産性の高い過ごし方ができるのでは」と感じていたのでちょうどよかったです。
    その時の自分の状況に応じて何度読んでも新しい発見がある本だと思います。

    特に、「読んだら必ずアウトプットする」(他の著作にもでてくることが後で分かるのですが)を実践してみようと思います。

    最後に、本書では同じ文章、フレーズが繰り返しでてくるので、くどい、しつこいという印象を持つ方もいらっしゃるかと思いました。しかし、私は、何度も大切なところは繰り返し読ませる(しかも同じ表現で)ことで脳に記憶させるという著者の書き方の工夫なのではと感じました。

  • 自分の仕事のメインスキルを伸ばすことで、自己成長と時間創出のポジティブスパイラルに突入する

    1日15分(30日分)の運動で1000日寿命が伸びる

    人間は寝る前15分に考えた人間になる


    歯磨きについてはあまり書いてなかった。歯磨きはいいと思う

  • この方の本って装丁がかっこいいし、最近本屋でよく目につくところにあるのが多くない??笑

    数値で教えてくれるから素直にへぇー!て思えたし、改めて仕事とプライベート分けたい思考の自分には合ってる内容でした。
    特に、早く出社して5時退社のアメリカ人って話で自分アメリカンだったんだと思った笑(ちがう
    なんか残りたがりな人が多いけどそれに引っ張られて変に残らなくていっかーって思えた。
    ストップウオッチ仕事術いい!
    他にも、昼に散歩したり外食したり、適度な昼寝は午後のパフォーマンス向上になるって知ってよかった。
    ASAP as soon as possible仕事術は信頼とお金につながる

  • 時間の有効活用について書かれており、今後の生き方、実践について非常に参考になりました。
    特にテレビについて参考になりました。今後の生活見直します。

  • 集中力が高い状態と低い状態で仕事のアウトプットが全く違うということは体感として感じていたため、とても納得、共感する部分が多かった。
    経験的な知識に脳科学の裏付けがついてよかった。
    ただ、30年生きてきてこのやり方がいいって部分も少なからずあるし樺沢さんのやり方だとこうなんだろうなぁという印象なので、この本を読んで明日から世界が変わりそうかというとそうでもない。

  • 脳科学に基づく、実践しやすい内容。
    メリハリをつけることが苦手で、思いつくものから手をつけたり、連絡(メールや電話)が一番優先!と思ってきた今まででしたが、樺沢さんの時間術を実践して毎日が清々しい。継続して習慣にする。

全199件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

精神科医

「2018年 『人生うまくいく人の感情リセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術のその他の作品

神・時間術 Kindle版 神・時間術 樺沢紫苑

樺沢紫苑の作品

ツイートする