先延ばしは1冊のノートでなくなる

著者 :
  • 大和書房
3.39
  • (15)
  • (41)
  • (40)
  • (17)
  • (4)
本棚登録 : 742
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479795902

作品紹介・あらすじ

のべ7800人が劇的に人生を変えた行動イノベーションノートで本当にやるべきことを後回ししなくなる。達成したいこともどんどん実現できる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  ぶっとんだ目標を作る→毎日眺める→3つやることを決める→10秒でやることを書く→実行する という内容。あとは、この行動を後押しするために、毎日3つ良い事を探す→その良い事について10秒考えて書く、という感じ。確かにアクションとしては簡単だし、ノート1冊購入して実行すれば良いのでやってみたい。 
     あと、この本の内容は、世の中で先行する本(特に神田昌典さん)の影響を多分に受けているので、参考文献としてあげておくのが礼儀なんじゃないかな、とちょっと思った。

  • 先延ばししてしまって凹む事が多いので、手を取りました。
    ワクワクする目標を10秒でできるアクションに落とし込むという方法が紹介されています。
    自分はやりたいことがたくさんありすぎる、みたいなタイプですが、その根底には本誌であるようなワクワクする目標が埋まっていて、わからないままだから、手当たり次第にやりたくなるのかもしれないと思いました。
    本誌においては目標の見つけ方も具体的にわかりやすく説明されているので、やってみます。

  • 大きな夢を決めて、10秒アクションを起こしてやる気を出す。
    その方法が解説された本。
    ノートに書いて毎日意識することが大切。
    「できた」のハードルをかなり小さく設定しておくと良い。
    なるほどー!

    2019/08/06読了

  • 先延ばしは1冊のノートでなくなる
    著:大平信孝

    先延ばしの本当の意味は「自分にとって重要な仕事・価値あることを後回しにすること」である。
    「重要でないこと=些末なこと」を先送りするのは、「先延ばし」ではない。

    先延ばしをやめるには、まず最初にすることは、先延ばしし続ける努力をやめる決断である。決断をした瞬間から、変わりはじめている。この本ではその決断をサポートするための考え方や具体的な方法を以下の4章から説明している。
    ①目標設定の仕方
    ②行動イノベーションノートで大革新
    ③行動イノベーションノートの3つの実例
    ④行動イノベーションノートを楽しく続ける工夫

    本書はノート(行動イノベーションノート)を作り、継続する事で効果が出る。まだそのノートを作っていないので、その効果への実現度はわからないものの、著者が伝えたいことは大いに理解できる。先延ばしによるメリットでデメリット。デメリットはその時ではなく、心に対して後悔であったり自己嫌悪に陥ったりといいことはない。焦ってすべてをやることはできない。優先順位付け、自分と自分の将来を見据えたその優先順位付けが肝であり、その点を学べるだけでも気持ちをプラスに持っていける。

    まだまだ学べることが多い一冊である。

  • あれ、この本、感想を書いた記憶があるのだが。
    もう、思い出せない。

  • やることが具体的だしシンプルでわかりやすかった。
    ぶっ飛んだ目標っていうのが、あんまりぶっ飛んでないのもあった。なかなかぶっ飛んだ目標を持つって難しい。

  • ぶっとんだ目標と10秒アクション。
    昨日読んだ年収10倍アップ時間管理の、さまざまな方法の一つを丁寧に解説してもらった感じ。
    10秒アクションは良さそう。

  • 1

  • とてもシンプルだが、実践してみると思考が整理され、目標に向かって頑張れる気がする。しばらくこの習慣をまずは続けてみる。

  • 何かを取り組む時に、その発端となる10秒くらいでできることを考える。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

目標実現の専門家。第一線で活躍するリーダーのメンタルコーチ。
株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役

中央大学卒業。長野県出身。
脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。
その卓越したアプローチによって、これまで1万2000人以上のリーダーのセルフマネジメント・キャリア構築・
部下育成に関する悩みを解決してきたほか、オリンピック出場選手、トップモデル、
ベストセラー作家、上場企業経営者など各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。
その功績が話題となり、日経新聞・日経ウーマン・プレジデント・THE21など各種メディアからの依頼が続出している。
すぐに実践できるシンプルメソッドと評判。

現在は、経営者・ビジネスリーダー向けにキャリア構築、人材育成、目標実現の方法を中心とした
エグゼクティブコーチング・コンサルティング活動を行なっている。
これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。

「2019年 『「やめられる人」と「やめられない人」の習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

先延ばしは1冊のノートでなくなるのその他の作品

大平信孝の作品

先延ばしは1冊のノートでなくなるを本棚に登録しているひと

ツイートする