働き方 完全無双

著者 :
  • 大和書房
3.62
  • (6)
  • (16)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :212
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479796442

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非難された時に参入障壁が上がってしめたと思う発想はなかった。

  • 過激にみせて、実はとってもバランス感覚のある論理展開。「もっとみんな、幸せになろうぜ!」というロックな本とも言える。
    何より、ニコ生で「ゆるり、稀に激アツ」で大好きなひろゆきさんを、さらに好きになる一冊。
    個人的か好みからすると、健康Tipsとかの紙幅の分、「スキル×理論×経営者視点×環境」の「理論」の部分を厚く知りたかった。

  • 昨日買ったばかりの『働き方 完全無双』を早速読み終えた!ぜひ『10年後の仕事図鑑』と併せて読んでほしい一冊。より現在地点に立脚し、BIを見据えた行動・思考原理が明確かつロジカルに記述されてる。ポジションの取り方の参考になると思います。@teijikitakubu
    https://amzn.to/2qxemeD
    #長リョ本

  • バッシングは他者が参入してこないというメリットもある。バッシングがあってもメゲない。勝手にライバルが減っていくなかで、ひっそりとサービスを続けていく。
    能力よりも、たまたまそこにいたからという場合が多い。あとはやり続ける。それでブルーオーシャンに。

    新しいものには取り敢えず、顔を突っ込む。
    直ぐに結果を求めない。
    本業とは別に、個人でワンチャンを狙えることをしておいた方が良い時代。実社会で素早い結果を求めながら、個人では頭を切り替えて、「新しいツール」や「ものづくり」をコツコツやっておく。

    答えがない仕事⇒手離れよく。もしくは諦める。
    自分の中で完成と思えば完成。さっさと終わらさる。
    ちょっと違うと言われたら、じゃあどうすれば良いか?を率直い言語化させる。無駄にダラダラしない。

    期待値は下げられるだけ下げておくほうが絶対に人生得。

    働き続けないと落ち着かない人、いわゆるワーカホリックって一定数いる。それを一概に「定時に帰ってワークライフバランスを大切にしましょう」と押し付けているのが問題。
    放っておいても働き続けるひとは、そのままにしておいて、ただ残業代は支払うようにしておく。

  • ニコニコ笑顔であいさつすることは得をする
    →当たり前だと思ったが、実際に出来ているかというと、そうではないと実感させられた。

    言葉の厳密さは、責任が生じる立場の人には必要な能力だ
    →まさにその通りと感じた。日本語というのはよくもわるくもあいまいさがある言語だと思っている。その中で、ある程度の責任がある人ならば、言葉の厳密さを意識すべきだと思った。

    よくわからんものを認める
    →非常に共感できた。よくわからないということは、自身が何も理解できていない可能性があり、それゆえに否定すべきではないと思った。

  • 2018.9th
    著者のことは2chの管理人として知ってはいましたが、本を手に取ったのは初めてです。
    ベーシックインカムという考え方はおそらく実現は不可能にしても、財源から考えて提案されていて、著者の頭の良さを感じました。
    それ以外にも自分の身の守り方、日本の観光立国など面白い部分はチラホラありました。
    また、機会があれば著者の本を読んでみたいと思います(^^)

  • (ゴーストライターが書いているという噂はあるが、)小難しい書き方ではなく、分かり易くスッと入ってくる。

    "個人として、ワンチャンを狙いながら、幸せを目指す"
    個人として ⇒ 日本は、少子化の影響を受け、経済成長は低下するが、社会と個人を切り離して、個人として幸せになることを目指すのが良い。
    ワンチャンを狙う ⇒ 成功するためには、スキルが高いことはそれほど大きな要因ではなく、成長する場所/有利な場所、にただ居ること、が大きい。ヨーロッパの国々についても、家畜や農作物の大量生産に適した地理的要因から戦争に力を傾けることができ、人口の密集度が高かったために疾病への免疫力が高かったから歴史的勝者になれた。よって、新しいものが流行り始めたら、とりあえず取り組んでおく
    ことが”ワンチャン”成功する確率を上げる。

    とりあえず法人を設立しておく。Blogを始めとした著述業を行い、アフィリエイト収入を得ることができれば、海外旅行なども経費で落とせるので、可処分所得が増える。
    (個人的な注:安易に行って、税務調査が入った際に事業性が認められなければ、還付金の返還+懲罰的利息、で結構な打撃を受けてしまうのでは?要情報収集)

    日本は新しいものが流行り出して問題が起きると、個別対応ではなく、法規制をしてしまい、ビジネスチャンスを逃している。
    ビッドコインも、中国が規制するなかで、日本が主導権を握れる立場にいたのに、利益が出た際の税を高く設定することで、チャンスを逃してしまった。

    ひろゆき氏の意見として、日本はIT、観光で生きていくべき。
    特に観光については、シンガポールのマーライオンの例を挙げ、中長期的な視点から、観光するに値する制作物をつくっておくことが大事と指摘。
    スイスは、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語、英語を話すことができる人が多く、非常に優秀。
    金持ちは安いホテルには宿泊せず、1泊100万円を超えるホテルに泊まりたがるが、日本にはそのようなホテルはほぼない。
    パリには一見ホテルには見えない一軒家で、3~4部屋あり、20人程度が宿泊できる施設が、1泊50万円で提供されいてる(=プライベートホテル)

    大英博物館やルーブル美術館については、世界各国から奪った美術品も展示されているため、レベルが桁違いに高い。

  • この人すごいなぁという思いと、ここまで先を読んでしまうと辛くないかなぁという思いで複雑だった。あまりに(変な意味じゃなく)上からの意見すぎて、何を参考にしたら良いのかちょっと考えた。

  • ひろゆき氏の普段の言動などは全く追っかけてないので、興味深く読めた。
    ベーシックインカム案なども面白かった。
    ただ、日本ではほとんど100パーセント不可能ですね。
    ひろゆき氏も分かってるとは思うけどね。
    既得権益を持っている老人が投票権持っている世の中ではね。投票権を若者にたくさん持たせるしかない。1人3票とか。違憲になるから無理だけど。

    しかし、これからの日本の行く末を考えると暗澹たる気持ちになるね、

  • 内容としては毎回惜しい。著者の過去の本を幾つか読んでるが、いつも思うことは同じだ。考え方には共感できるし納得もできる。最もな正論を述べていると思う。しかし、なにか実感の伴わない印象が残る。

    特にビジネスシーンを想定した話がそうだ。一般的な働き方をしている日本の社会人と、ひろゆき氏の生き方には大きな溝があり、そこについては彼自身による詳しい描写をしてもらわないことには、読者としてうまく想像がつかないことが多い。

    ネット配信による話を聞いていても同じことを思う。我々が思うような「働き方」とかけ離れた考え方を持っているせいだと思うが、彼がどこまで本気で言ってるのか、失礼ながら本当にわかってて言ってるのか疑ってしまうことも多い。

    正直な話、トークや文章を読んでいても、うまく説得されてるだけの感覚がある。もちろん言ってることは正しいし、彼の言うようなことが社会に反映されると、今のままいくよりかは、断然うまくいきそうな気はしている。

    彼のキャラクターはとても好きだが、このような自己啓発書的な内容の本を出すと内容がイマイチだと思う。これならブログの方が面白いし、過去作には時事ネタに切り込んだ内容のものがあるが、そういったコメンテーター的な役割でいた方がいいんじゃないかと思う。

全19件中 1 - 10件を表示

ひろゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
リンダ グラット...
ジェームス W....
瀧本 哲史
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

働き方 完全無双を本棚に登録しているひと

ツイートする