池田重子 美の遍歴

著者 :
  • 大和書房
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479880424

作品紹介・あらすじ

おしゃれを極めて、人生の幸せに至る…モノに出会い、魅せられ、導かれ、豊かに実った池田重子「美」の履歴書。初公開のコレクション多数掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美しい池田コレクション。

  • 美とは断崖絶壁を歩くようなもの。すなわち余分を排除した本質で真剣勝負に挑むということ。「はんなり」が過ぎれば「野暮」になる、「粋」が過ぎれば「下品」になる。バランス感覚が肝要。おしゃれ以前に必要なのは「清潔感」、理想は「さりげなさ」。池田の美学に深く感じ入る。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1925(大正14)年、神奈川県横浜生まれ。東京・目黒の「時代布と時代衣装 池田」店主。明治以降の着物や帯留めなど、和装品全般を集めた「池田重子コレクション」で知られる、日本一のきものコレクター。
自らの貴重なコレクションをコーディネートして展示した「日本のおしゃれ展」を全国で開催、「昔きものブーム」を起こし、幅広い人気を得る。きものブランド「夢工房」「池田重子きものコレクション」のデザインや、古裂を活かしたきもの創作を手がける。『池田重子流コーディネート 春のおしゃれ』(夏秋冬編もあり 実業之日本社)『髪飾り』(ハースト婦人画報社)、『池田重子コレクションTHE BEST』『池田重子 美の遍歴』(大和書房)など著書多数。

「2014年 『遅く咲くのは枯れぬ花』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田重子の作品

池田重子 美の遍歴を本棚に登録しているひと

ツイートする