天皇陵古墳への招待 (筑摩選書)

著者 :
  • 筑摩書房
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480015259

作品紹介・あらすじ

日本考古学の研究上最重要の対象である「天皇陵古墳」に対しては、残念ながら研究の基礎となる発掘作業なども行われていない。本書では、古墳の地理的位置・形状、『古事記』『日本書紀』等の文献資料などを駆使し総合的アプローチを試みる。また、天皇陵古墳をめぐる考古学の歩みを考え、新しい研究への道を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなり冒険的な、学界からは認められないだろうなというところまで踏み込んでる部分も多い。
    しかし、考古学者人生の長い森氏の経験と知識、探究心に裏打ちされた見解だけに、重みがある。
    今後、別の機会に天皇陵古墳について書かれたものを読んだとき、実際に天皇陵古墳の前に立ったとき、この本に書かれていることを思い出すだろう。

  • f at arc jan 20,14
    b in apr 14

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

耳鼻咽喉科医師、医学博士(神経科学)
国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局長
1992年頃より吃音の脳機能についての研究を始め、その後、吃音の行動実験や治療方法の開発研究を行い、2011年より所属施設の病院耳鼻咽喉科で成人吃音相談外来を担当している。日本吃音・流暢性障害学会理事、日本音声言語医学会評議員。

「2018年 『クラタリング[早口言語症]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天皇陵古墳への招待 (筑摩選書)のその他の作品

森浩一の作品

天皇陵古墳への招待 (筑摩選書)に関連するまとめ

ツイートする