思考の整理学 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.67
  • (1313)
  • (2060)
  • (2166)
  • (416)
  • (111)
本棚登録 : 20417
レビュー : 2125
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480020475

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつか文系の論文を書くような機会に恵まれたら再読したい

  • 16.jan.20

    途中で読むのをやめた。

    思考というものはどのようにすべきか、自分なりの論理を組み立てるにはどういうプロセスを踏むのがよいか、等。

    色々なセオリーがとりとめなく並べられていて、それぞれの関係性がわかりにくいし読みにくかった。
    あまりピンとこなくて読み続けられなかった。

  • 社会に出る前に出会えたらよかった本・・・

    リピートすることはないけれど、

    『見つめる鍋は煮えない』

    ってすごーーーーーく心の残った言葉。

    考え事さえも、一度自分の手から離して、

    発酵させて、再度浮かんできたら縁だと思って熟考する



    ・・・なるほどだなぁ。

  • 本来例え話とは理解の補足として用いられる。が、この本は例え話が本文のようになっている。著者は知識はかなりあるが例え話を話したいだけのような本。しかも例え話は必ずしも本質と合致しない。イコールの関係にはなりえない。ビールの醱酵とアイデアを寝かせるのはわけが違う。前者はビールが出来上がるという結果が見えており、そのための行動。後者はこの時点でまだどうなるかわからない。とりあえずの行動。寝かせることが変化を生むとはいい難い。
    各章最後の1ページだけ読めば内容はわかる

  • 文章が読みにくく要点が掴みづらい。言いたいことが伝わりにくい。

  • 本当につまらなくてびっくりした。
    なんの実用性もない自慢話の羅列で最後まで読むのが本当に苦痛でした。

  • 「東大生が読む本」というキャッチフレーズに惹かれて購入したが期待はずれ。思考の整理についてのエッセーだが、要は知識は無理に覚えようとはしないでインプットして放っておけば、必要なものは残るし不要なものは忘れるということらしい。その意味では、先日読んだ「進化しすぎた脳」の記憶の仕組みに通じるような気がする。「あとがき」の日本人が"I think"を多用するという話が一番面白かった。

  • あまり学ぶことなかったと思ってしまったけど、東大生や京大生が絶賛してるらしいから、読み方によってはとても良いのでしょう
    学生向けなのかしら?論文の書き方とかのってるし、、

  • よくわからず。、数ぺーじで挫折。

  • クソ本

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2018年 『「考える頭」のつくり方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

思考の整理学 (ちくま文庫)のその他の作品

外山滋比古の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする