思考の整理学 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.67
  • (1319)
  • (2072)
  • (2173)
  • (419)
  • (112)
本棚登録 : 20540
レビュー : 2141
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480020475

作品紹介・あらすじ

アイディアが軽やかに離陸し、思考がのびのびと大空を駆けるには?自らの体験に則し、独自の思考のエッセンスを明快に開陳する、恰好の入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 名著と呼ばれているので読んでみた。
    元はかなり古い本のようで、使われている例なんかはどうしても時代を感じてしまう。ただ、書かれている内容自体は、今読んでも納得感も高く、さすが。 とはいえ、似た本をすでに読んでいると、既知の内容もあるので、うーん、といったところ。正確にはこの本が元なのだろうけど。

    思考のネタは寝かせろとか、詰まったらとりあえず寝ろ、とか、やっばりそうなんだなーと。詰まったらとりあえず書いてみろとかも納得。実体験としてもそうだと思うし。

    ちゃんと褒めるべき、というのは、思考の観点でもそうなのかーと。人を育てたり動かしたりするテクニックとしては知ってるけど、褒めることで思考もオープンになりよい循環に、というのは、言われてみればそうだけど、考えてなかったなー。

    カードノートとかも書かれていてけど、そのあたりは個人的にはあまり響かず。これは時代のせいもありそう。アナログ管理は嫌いです。

  • 第1回ビブリオバトル

  • ◯思考の整理学、というタイトルではあるが、途中まで読んでいて、論文の書き方の本かと思ってしまった。
    ◯しかし、読み進めるうちに、なるほど、これはそのタイトルとおり、「思考を整理し、それを通じて学ぶ」ということをテーマとして書かれていた。
    ◯当然と言えば当然であるが、この本自体も著者の理論の実践であるところが説得的で面白い。
    ◯終盤の章では、単純に思考を整理するだけでなく、また、それまでの思考の整理の過程における創造的思考でもなく、現実世界に即して創造的思考を行うことを書いているところ、思考の整理学というタイトルの終盤にふさわしい、発展的な内容で、恥ずかしい限りの感想ではあるが、さす学校の先生だと思わされた。

  • ものすごく面白かった。1986年の本なのに、内容的には全く古くない。むしろ今の時代にぴったり。情報を捨てていくことが大事、というのは、まさに今、必要な思考整理法だと思う。自分の仕事にもとても必要なこと。外山先生、ありがとうございました。

  • 『flier版』
    スキルを持て、とか、起業か独立しろ、など短絡的な内容ではなく、学び・表現・記憶などの各テーマでどのような思考が望ましいかが書いてある。

    方法だけでなく、その背景にも解説されてるので納得感もある。

  • グライダーよりも飛行機のほうがよいという暗黙の前提がある。誰もが創造的なんて恐ろしいことではないだろうかと少々疑問を感じる。定評ほどの感動はない。

  • 古い本だが、今に通ずるところもあって参考になった。
    「不幸な逆説」「朝飯前」「アナロジー」のページは特に面白かった。

  • 今年一番読むのに時間がかかった本。内容的にかなり古い本だと思うけど、納得できることが詰まっていた。
    自分は、この本に書かれている通り、教えてもらうことがあたりまえになっていて、自分で調べるとしても答えそのものを見つけに行ってしまう。自分で考えて、自分で疑問を作って、考えを応用して解決するということが全然できない。徹底して古いタイプの人間であることが悔しい。この本が書かれた時代にだめだとされていたことが未だにだめなことであって、未だにこれがだめだと気づける人が少ないのは恐ろしいことだと思った。
    すぐに自分ができることは、インターネットでも、答えそのものを探すのではなく、概念やヒントから推測して自分で答えを考えることだと思う。

  • 思考についてのお話をエッセイで軽く読める感じの本でした。グライダーとかコンピューターの話とかは、30年前の本なのに今でも通じるところがあって、この著者は未来が見えるのか?!なんてびっくりしつつ読み進めました。
    ただ、私にとっては多くがそうか。って感じの内容でとても面白かったということはなかったです。興味がないからかもしれませんが^^;;

  • 思考法や、アイデアのインプット/アウトプットについて洞察を与えてくれる本。
    セレンディピティや、三上(馬上、枕上、厠上)、月光会など、興味深い言葉を知ることが出来た。さすがはロングセラー、と思わせる内容だった。

  • 思考のとっかかりを探してたんだけど、残念ながら経験済みだったり、思いついたことのあるものだったり、ボツにしたものばかりだった。残念。

    初めて色々考え始めた人にはいいかも。具体的な事例は少なく、抽象的に包括的に書いてあるので、ぼんやり生きてきた人がいきなり読み始めるとなんのことをいってるのか分からないつまらない本だと思う。使わない人は一生使わない本。


  • 本書を要約すると、"グライダー型"の学びでなく"飛行機型"の学びを、"倉庫人間"ではなく"工場人間"を目指せ、ということになると思う。
    具体的に述べる。


    ・学校教育では、教員に引っ張られる形での、受け身の姿勢での学びしか教わらない。これでは学ぶことは半ば強制された不自由なものである上に、問題設定や答えがあらかじめ用意されている状態での思考力しか育たない。これが"グライダー型"の学びである。しかし社会における課題解決では、問題を自ら設定し、あるとも知れぬ答えを探すことが求められる。この形の思考は"グライダー型"の学びでは育たない。
    課題の設定から答えの無い問いの探求まで、全てを自力で行う"飛行機型"の能動的な学びが必要である。

    ・ネットなどで簡単に知識が手に入る現代では、知識を溜め込むだけの"倉庫人間"であってはいけない。既存の知識を活用し新たな知恵を生み出す"工場人間"になることが求められる。
    "工場人間"に必要な能力は以下の3つ

    ① 知識の保管のためにコンピュータやノートなどの外部の"倉庫"をうまく活用する能力(例えば、適切に"成型"、"整理"して保管する能力)

    ② そこから"適切な材料(知識)"を選び出す能力

    ③ 選んだ材料を適切に調合し反応させ、"製品(研究成果や新たなアイデア)"を生みだす能力

    そしてこれらの能力を身につけるためには、学校で行われている暗記中心の教育ではなく、上手に忘却する能力こそが重要である。


    本書は上記を示した上で、良い"倉庫"たるノートの付け方、良い忘れ方などの具体的な方法論を示している。

    個人的には共感する点も多く、またその上で新たな発見がありとても勉強になった。比喩や文学的?な表現も豊富な文体で、とても楽しく読めた。

    しかし客観的根拠に乏しく、主張は基本的に著者の経験や故事にのみ基づいている。40年ほど前の、認知科学も未発達な時代に書かれた本なので仕方がないところもあるかもしれない。
    よって思考の整理"学"と言えるほど普遍的であるかは微妙なところで、どちらかというと"コツの集まり"のようなものに思える。

    以上の理由より本書の手法が万人に適したものかどうかは未知数ではあるものの、少なくとも私にはしっくりきた。
    そもそも思考法を試すのにリスクはないのだから、自分に合うか合わないかは試してみればすぐにわかる。その点で本書に客観性や普遍性などを求める必要は薄いとも言える。

    どちらにしても多くの気づきを得られる本なので、読む価値はあると思う。

  • ひとりでは多すぎる。ひとりでは、すべてを奪ってしまう。

  • 書いてあることはすべて今の時代も適用できる思考法、ノウハウばかり。ただし、ノウハウチックではないところが興味をそそられ読みやすい。

    アイディア発想法のようなビジネス書は学生の頃にがむしゃらに読んだが、そこで書かれていることのうち重要な部分はこの著作に書かれていると思う。

  • 大学時代か社会人1年目とかに読みたかった。

    今までなんとなく考える上で経験していたことが言語化されていた。たしかにあるなーと思いながら、もっと早く知っていれば解決も早かったのかななと。

    寝かせる、翌日になると解決策がてでくるあたりよくあるので、さっと諦めようと思う

    寝かせる
    忘れる
    とにかく書く言葉にする
    思考の純化:抽象化
    純化した先は装飾のない一言の名詞になる

  • 問題を解くよりも、問題をつくる方向に頭を使う意味での思考のやり方についてのエッセンス。朝にやる、いったん寝かせる、忘れる(関心の薄いことまで覚えようとしない)、とにかく書く、言葉にする(喋って口にする)、触媒となる など。思考を突き詰めること、抽象のはしごを登ることを思考の純化と表現するのはいいなと持った。純化した先には装飾のないひとことの名詞になる

  • 旅先で読んだ一冊だけど読んでる途中に他の事を考えてしまって内容がいまいち頭に入ってこなかった。
    ただ一つ言えることは、万人向けでは無いような気がするのだが・・・。
    まあ、人それぞれ。

  • 思考法の原液という感じ。ここから自分なりに考えて発展させていく必要があるのでは。

  • 激変する現代において、思考することの重要性と方法とを説いた内容。
    2019年に読んだ、1986年発売されたとは思えない、今でも通用する内容に驚いた。

    ・グライダー
     近代の教育では、教師が一方的に知識を与え、画一的に動くグライダー型人間を量産してきた。
     自発的に飛翔する飛行機型の人間は邪魔とされたが、これからは飛行機型の人間が必要である。
    ・朝飯前
     朝食前の時間が最も仕事が進む。
     早起きできない場合は、朝食を抜いて仕事をしてからbrunchを取る。昼食後、しっかりと睡眠をとって、寝起きの状態をつくることで、1日に朝飯前が2回取ることができる。

    ・発酵
     麦に酵母を働かせて、価値あるビールを生み出すように。素材にアイデアを働かせて価値あるものとする。
    ・寝かせる
     素材に働かせるアイデアがみつかるまで、寝かせる。
    ・カクテル
     素材同士を面白くなるように混ぜ合わせる。
    ・エディターシップ
     素材と素材を絶妙に編集して、新たな価値を生む。
    ・触媒
     自らを主張せず、素材に化学反応を起こす。

    ・情報のメタ化
     2段階、3段階と抽象化を行うことで第1次情報の意味・意義を見出す。
    ・スクラップ、カード、ノート、手帳、メタノート

    ・整理
    ・忘却のさまざま
     睡眠、運動、お茶を飲むなど
    ・時の試練
     風化して新たな価値を得るには、通常数十年以上必要だが、ノートに取ることで1段階風化し、見返すことで2段階風化し、重要なところが残る。
    ・すてる
     収穫逓減の法則と同じく、知識が飽和状態になれば、壁に突き当たる。こうなれば、逆の原理で、削りだし、精選することが必要になる。

  • 喩えを多く使用し、抽象的な話をわかりやすくしてくれている。
    現代社会で、新入社員が指示したことしかやらないだとか自主性に関する問題はよく聞くが、それがなぜそうなったのか理解できる。
    そしてそのような引っ張ってもらわなければ飛べない“グライダー人間”でなく、エンジンを持ち自分で自由に飛ぶことができる飛行機人間になるための思考訓練を頭の体操のように紹介してくれる。

全2141件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2019年 『やわらかく、考える。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

思考の整理学 (ちくま文庫)のその他の作品

外山滋比古の作品

思考の整理学 (ちくま文庫)に関連する談話室の質問

思考の整理学 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする