マーク・トウェイン自伝〈下〉 (ちくま文庫)

  • 筑摩書房
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480023643

作品紹介・あらすじ

やがてトウェインは、西部の地方新聞記者をやめて、一路サンフランシスコへ。創作に着手した彼の笑話が大都市ニューヨークの新聞に掲載されるや評判となり、トウェインはいちやく「アメリカ一のユーモア作家」としてデヴューする。最愛の人オリヴィアとも結婚し、順風満帆の作家活動が始まるが、出版社の破産、さらには事業の失敗と借金地獄、そして娘たちの死…。作家の栄光と暗転。トウェインの後半は陰影深く書き綴られる。凄絶かつ壮大なもっともアメリカ的な物語は幕を閉じる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 章ごとにつながりがなく、自伝というよりは思いついたことについて述べたエッセイのような章が多いですね。借金に関する話や人物評など、没後に出版されることが分かっているせいか、読み物として面白いです。ただ家族に関する話は、奥さんや三人の娘の内二人に先立たれていることもあって、感情がストレートに伝わってきます。特に最終章、三女ジーンについての章は悲痛な言葉で綴ってます。でも生き返らせる方法があっても、それはとらないという気持ち、分かる気がするなあ。

全1件中 1 - 1件を表示

マーク・トウェイン自伝〈下〉 (ちくま文庫)のその他の作品

The Autobiography of Mark Twain ペーパーバック The Autobiography of Mark Twain 勝浦吉雄
The Autobiography of Mark Twain ハードカバー The Autobiography of Mark Twain 勝浦吉雄

勝浦吉雄の作品

ツイートする