八丈島のロックンロール―キムラ弁護士事件帖 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480026590

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • テレビにもちょくちょく出ていたらしい、椎名誠の友人で、カラオケで有名だった木村弁護士のエッセイ集。

    寡聞にて存じ上げなかったのだが、1980年代あたりにマスコミで有名だった弁護士らしい。交友関係は、学生時代に椎名誠や色川武大とつるんでいたとか、森瑤子と物を送り合うとか、いろいろと文化人枠だったらしい。

    で、「ロックンロール弁護士」というので、ここんとこの音楽関係だと思いこんでいたのだが、ぜんぜん違うな。そもそも『酒と泪と男と女』でロックンロールとか言われてもなーという内容。音楽は、ほぼカラオケしか出てこない。

    で、そのタイトルに有る八丈島の件なども含めた前半部分は、「皆さん知ってますよね」というノリで、固有名詞などが説明されずに散りばめられ、椎名誠一派の内輪のノリという風合いが強く、いかんせん椎名誠も全然読んでいないので(そうだった!)、理解する以前のところで疎外感を感じてしまう。

    後半は、わりかし普通のエッセイであるものの、せっかくの海外旅行ネタなども尻切れで終わってしまうし、何かの本の解説みたいな変な文章が続いたり、ネタが尽きたか愚痴を羅列するというようなものが多く、当たりもあるがハズレも多いという印象だ。

    ちくま文庫という本流ではない出版社(失礼)から出ているので仕方がない面もあろうが、もう少しまとまった内容で数ブロックに固めて出版して欲しい内容である。

  • 図書館で。なんとなく。
    こういうエッセイって時代を超えても読めるものと時代が過ぎると難しいものとありますよね。これは後者かな。あまり面白くなかったな~とは思いましたが本業は弁護士さんですしね。

全3件中 1 - 3件を表示

木村晋介の作品

ツイートする
×