ひょっこりひょうたん島 全13巻 ちくま文庫 い-20

  • 筑摩書房
4.10
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784480027009

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4月9日に亡くなって、早や一週間が過ぎようとしています。

    『吉里吉里人』や『東京セブンローズ』や『四千万歩の男』や『組曲虐殺』や『ふふふふ』などをあてもなく読み返したりしていましたが、読めば読むほど胸が苦しくて張り裂けそうになってきます。

    そうか、もういないんだと思うと、とてつもない崩壊感覚が襲ってきて、自分の身体がその場からどんどん落ちて行って、果てしない地の底に際限なく落下していくような、すぐそばで小さく淡くゴーという音まで聞こえていてずっととても不安定な気持ちの状態のままです。

    小説・戯曲・エッセイすべてにおいて、巧妙なおかしみを与えてもらって、日本と世界がかかえる数々の問題定義を、庶民の目から百年先の孫子の世代をも見据えた視点から提示してもらって、まだそれに私は応えていません。

    私にとっても彼にとってもそれらの原点が、やはりこの不朽の名作『ひょっこりひょうたん島』です。

    全13巻をただ黙読するのではなく、再放送やなんかで知りえた声優の物真似をして、それぞれの配役に適した声色を使って演じたものですから、もう疲れること疲れること。
    こちらは弔いの意味を込めて真摯にやっていますのに、家の者は面白がってビデオ撮影するは拍手喝さいはするはで、だいぶ調子が狂ってしまいましたが、やっぱり見てるとき面白いものはやってみても面白いものだと証明できました。


    この感想へのコメント
    1.オヤオヤもんど (2010/04/16)
    ひょっこりひょうたん島、なつかしいです。
    井上ひさしさん、亡くなられましたね…
    ワタクシは熱心な読者では無かったのですが、
    何年か前に一度、氏の講演に友人と出かけた事があります。
    名古屋にみえる事も少ないのか、後半の質疑応答に、ていねいに答えられていた記憶です。新幹線を遅らせますと言って、時間オーバーして答えてみえた覚えです。
    ご冥福を、お祈りします…
    2.薔薇★魑魅魍魎 (2010/04/17)
    いえ、実は大好きな作家ではなかったのですが、どうしても無視できない何故か動向が気になる人で、戯曲を読むなどということを他の人ではあまりやったことがなかったのに、彼の全戯曲を舞台は見ていなくても読むということをしてきました。
    本当に小説でもエッセイでも、手を抜くとか失敗作とかいうものがなく、遅れるということがあっても常に傑作・問題作を出す人だったと思います。まだ75歳、肺癌が憎いです。

  • 今日、たまたまテレビで古い番組の紹介をしていたのを見て、懐かしく思い出しました。『ひょっこりひょうたん島』です。ぼくが小学生の頃ですからね、みなさんは知らないでしょう。と、言っても、ぼくは子供のころはあんまりテレビを見なかったので、この番組はあまり見ていません。90年代に一部がリメークされました。

    それでも、90年にちくま文庫から、古い台本を復刻(?)したものが13冊だけ出ました。

    今でも新鮮ですね。

    今日のテレビでは、その頃の舞台裏を紹介していましたが、今とちがってビデオの編集はしなかったそうです。15分の番組ですが、15分通しで撮ったそうです。ですから、14分目あたりで NG があると最初から撮り直しだそうで。

    15分とは言っても毎日ですからね。すごい話です。でも、すごいけど、ちょっといい時代でしたね。

  • 生きている楽しみを知ったんです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1934年、山形県生まれ。上智大学文学部卒業。浅草フランス座で文芸部進行係などを経て文筆業に入り、戯曲やテレビ脚本で数々の賞を受賞。主な著書に『手鎖心中』(直木三十五賞)、『吉里吉里人』(読売文学賞、日本SF大賞)、『腹鼓記』『不忠臣蔵』(吉川英治文学賞)、『シャンハイムーン』(谷崎潤一郎賞)、『東京セブンローズ』(菊池寛賞)、『太鼓たたいて笛ふいて』(毎日芸術賞、鶴屋南北戯曲賞)など多数。1984年に結成した劇団「こまつ座」の座付き作者として、自作の上演活動も行った。2004年、文化功労者に選ばれ、09年には日本芸術院賞恩賜賞を受賞した。
2010年4月9日、逝去。

「2020年 『文庫 野球盲導犬チビの告白』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上ひさしの作品

ツイートする
×