ひょっこりひょうたん島〈1〉ライオン王国の巻 上 (ちくま文庫)

  • 筑摩書房
3.67
  • (1)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp (540ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480027016

作品紹介・あらすじ

あの"ひょうたん島"が帰ってきた。1964年4月から69年3月までNHK総合テレビで放映され、世代を越えた視聴者をひきつけた超人気番組の現存台本を初めて活字化する。第一巻では、ひょうたん島に遠足にきたサンデー先生と子どもたちが、折からの火山の爆発で切り離され、漂いだした島にとり残される。そこにダンディ、トラヒゲ、ガバチョなどが次々とあらわれて…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人形劇ミュージカル『ひょっこりひょうたん島』の台本。
    本当は映像を見たかったのだけど、読んでみるとこっちの方が面白いような気がしてきた。
    ト書きに作者の茶目っ気がちょいちょい入っていて、これは台本じゃなきゃ分からない。

    昔見たことがあるはずなのに、話は全く覚えていなかった。
    ひょうたん島にハイキングに来たサンデー先生と子ども達は、突如動き出したひょうたん島から出られなくなってしまう。
    そこに次から次へと怪しい大人が集まってきて‥。

    サンデー先生、ダンディさん、トラヒゲさん、ドン・ガバチョ、ムマモメム…とお馴染みの大人達は全く頼りにならない。
    でも改めて見るとそこがいいなと思う。
    現実の大人も本当はそんなに凄くないし、むしろちょっと抜けた可愛らしさがある彼らは魅力的な人格と言えるかもしれない。
    ドタバタとはしゃぎ回る(ようにしか見えない)彼らを見てるとこれでいいんだって思えてくる。

    だけどぼくらはくじけない
    泣くのはいやだ笑っちゃおう

    ってことだ。

    • takanatsuさん
      オリジナル版の映像はほとんど残っていないみたいですね。台本もところどころ欠本があって、非常に残念です。
      オリジナル版の放送期間には私はまだう...
      オリジナル版の映像はほとんど残っていないみたいですね。台本もところどころ欠本があって、非常に残念です。
      オリジナル版の放送期間には私はまだうまれていないので、その後に作られたリメイク版を見ていたのかもしれません。映像が残っていないと知るまでは再放送を見ていたと思っていたのですが…。
      2012/04/12
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「台本もところどころ欠本があって」
      日本ではアーカイブの発想が欠けていますからね、つくづく残念に思います。
      「その後に作られたリメイク版」
      ...
      「台本もところどころ欠本があって」
      日本ではアーカイブの発想が欠けていますからね、つくづく残念に思います。
      「その後に作られたリメイク版」
      それも20年前ですねぇ~(今、調べて1991年に放映されたと知りました)。
      2012/04/13
    • takanatsuさん
      「それも20年前ですねぇ~」
      はい。20年前と考えると自分の記憶が断片的であいまいなのも納得です。さらにその再放送を見ていたとなると、自分の...
      「それも20年前ですねぇ~」
      はい。20年前と考えると自分の記憶が断片的であいまいなのも納得です。さらにその再放送を見ていたとなると、自分の記憶力に失望するしかないです。
      2012/04/13
  • 初版

  • 井上ひさしさんの訃報をきいて、思い出したので。人形劇「ひょっこりひょうたん島」の台本、にあたるんだろうか。全13巻。読んだのは小学校の頃。母か兄かが借りてきたものが転がっていたので手に取って、最終的には自分で借りて読んだもの。
    ト書きがあるようなものを読んだのがはじめてだったので、正直いってなんだかよくわからないなぁと思いながら読んでいたのだけど。人形劇は再放送で観たことがあったのだけど、本で読むとだいぶ違う印象を受けた。ト書き部分まで読むと、どうもハカセが主人公のお話に読めてくる。あと、ライオンくんが意外と重要人物になっているような。
    時間があったら、また読み直してみても面白いかもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1934年、山形県生まれ。上智大学文学部卒業。浅草フランス座で文芸部進行係などを経て文筆業に入り、戯曲やテレビ脚本で数々の賞を受賞。主な著書に『手鎖心中』(直木三十五賞)、『吉里吉里人』(読売文学賞、日本SF大賞)、『腹鼓記』『不忠臣蔵』(吉川英治文学賞)、『シャンハイムーン』(谷崎潤一郎賞)、『東京セブンローズ』(菊池寛賞)、『太鼓たたいて笛ふいて』(毎日芸術賞、鶴屋南北戯曲賞)など多数。1984年に結成した劇団「こまつ座」の座付き作者として、自作の上演活動も行った。2004年、文化功労者に選ばれ、09年には日本芸術院賞恩賜賞を受賞した。
2010年4月9日、逝去。

「2020年 『文庫 野球盲導犬チビの告白』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上ひさしの作品

ツイートする
×