失われた時を求めて〈10 第7篇〉見出された時 (ちくま文庫)

制作 : Marcel Proust  井上 究一郎 
  • 筑摩書房
4.37
  • (15)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (707ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480027306

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 終刊にして、本作は第一次世界大戦に突入。フランス本土は突如戦場と化す。「ソドムとゴモラ」の意味がこうした形で具現化。燃えるパリ。
    シャルリュスの存在が一挙に際立つ。彼はドイツの血を引き、同時に同性愛者である。フランスが女とすれば、ドイツは男(あるいはその逆でもよい)。そんな彼が、戦火のパリにおいてドイツの立場にもくみしていることの意味。これは同時に、男に、あるいは女になりきっている、あるいはなりきろうとしている人々への、あるいは、フランス国民になりきろう、ドイツ国民になりきろうとしている人々への、痛烈な批評だ。また、シャルリュスのマゾヒズムも、深い。

    中盤は芸術論と文学論。ドゥルーズの引用で有名になった箇所が登場。理知や理論への痛烈な批判。

    老いによる、つまり時間の経過による、人格および容貌の劇的な変化(あるいは変化のなさい)に対する考察に入った。本作を読み始めたのはたしか、昨年の9月か10月頃。ほんの数日前に祖母を亡くした私にとって、あまりに身につまされる内容で、まるで、祖母を亡くす準備をするために本作を読んでいたかのような錯覚を覚えた。特に、老いるにつれて、すべての欠点を失ってしまった人物に関する言及が、私の心情をピンポイントで串刺しにした。

    ーーーーーー
    ついに読了。当初は死ぬまでにプルーストを一度は通読しなければという気持ちで読み始めたのだけれど、いま、再読したくてうずうずしている。次は吉川訳で。

  • ついに読破!マルセル・プルーストの超大作。
    失われた時が見出されます。無意識的記憶を呼び覚ますマドレーヌ体験と同じ体験をして、無意識的記憶の状態を突き止める主人公。
    そして、主人公はこれらの体験全てを書きとめるためとてもとても長い小説を書く決意を固める。この小説を書き始めるところで、この小説は終わるのです。こうしてまた第一部から読んでねってことなのか?
    長い長い物語の全てがこの「見出された時」に集約されております。

  • マルセル・プルーストの大作

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4480027300
    ── プルースト/井上 究一郎・訳《失われた時を求めて 10 19930722 ちくま文庫》
     

  • 男色家シャルリュス男爵の無残な老いさばらえようにぎょっとします。
    人物それぞれで「時」の現れ方が違うのですね。

全7件中 1 - 7件を表示

マルセル・プルーストの作品

ツイートする