東のエデン (ちくま文庫 す 2-5)

著者 :
  • 筑摩書房
3.79
  • (43)
  • (38)
  • (64)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 401
感想 : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480027559

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 文明開化にわく、江戸から明治へと移り変わろうとする時代に生きた青年たちを描いた連作短編のかたちをとった漫画だ。(表題作は、故郷を懐かしむ日本に来た外国人が主人公)
    この人の作品をはじめて読んだけれど、青春の物語であるのにどこか哀愁が漂っていてなんとも不思議な情感がある。

  • 文明開化期の横浜を舞台にした四人の書生のお話。
    赤煉瓦倉庫の前を人力車が走って言ったり、山下埠頭に異人さんがたたずんで月を見たり、元町のハイカラな洋品店の様子・・・など、横浜の風景描写が効果的に使われている。

    せつない。
    誰もが持っている懐郷病や
    移り変わる時間の縦糸におりこまれている人達のゆらゆらした危うさや、将来を思うときの眼のくらむようなまぶしさやこわさが
    ゆったりしたコマの中から静かにあふれ出てくる。

    中でも「金時計」が素晴らしい。
    賢者の贈り物を超す「懐中時計」ものだ。

  • 収録されている「閑中忙あり」シリーズが楽しいです。明治初期の世の中を飄々と生きる書生たち。ぜひNHKあたりでドラマ化してもらいたいものです。らしゃめんの殿に対する想いがせつない。ヨーソロ ニッポン!

  • 姉が好きでこの作者の本をよく読んでいたなあと思い借りてみました。漫画だけじゃなくて文章も書かれるのかと思ったら漫画でした。ちくま文庫って漫画も収録してるんだ。初めて知りました。

    日本人の潤滑油は米だ、は面白かったです。
    昔は本当にたんぱく質はなかったんだろうなあ日本って。
    ハムレット日本版が面白かったです。

  • 杉浦日向子作品初体験なのですが
    この空気感、好きです。
    どの作品も甲乙つけがたく愛着の湧く1冊。
    赤瀬川原平さんの後書きの文章がとても的を射ています。
    「私たちの科学はいまだタイムマシンを持たぬかわりに、日向子のマンガが読めてしあわせです。」

  • 明治の初めの頃の若い男達の下宿場の話。若い男は4人。それぞれが異なるバックグラウンドを持つ。意味なんかないのだろう。そこに話があるだけ。
    そういえば昔ヤオイという表現があったような。山なし,落ちなし,意味なし,というやつ。
    ヤオイというわけではないが,何かカタルシスがあるわけでもなく,ふーんという感じ。そう感じるのは教養が足りないのか,センスがないのか。どうも自分を責めてしまう。

  • 穂村弘「これから泳ぎにいきませんか」つながり。まだ明治になりたて、江戸の色を濃く残した東京を舞台に描かれる、来日した外国人や、元下級武士・殿様・商人らの下宿を舞台に描かれるストーリー。トノさんの飄々として銃弾をかいくぐり、洋妾に惚れられても、許嫁がいるから気持ちは受け入れられぬとかわし、世が世ならなさなかったようなことにも積極的に首をつっこむ佇まいが印象に。この4人のストーリー、もっとよみたかった。

  • 2018.11.高校図書室(長女)
    試験週間を前に現実逃避用にどさっと借りてきたらしい一冊。
    昔どこかで読んだことがあるので再読。杉浦ワールドはいい。なんというか、たぶんそういうことなのだろうと匂わせつつ、あれはなんだったのだろう、ともやもやしながらふっと終わってしまう、狐につままれたような感じ...登場する人物たちがつかず離れずみんな一所懸命生きていて。

  • 縲碁桝荳ュ蠢吶≠繧翫?阪す繝ェ繝シ繧コ縺ィ縺ァ繧ゅ>縺??縺?繧阪≧縺九?√◎繧後′荳ュ蠢?→縺ェ縺」縺溽洒邱ィ髮??よエ句ヲセ縺ョ豌玲戟縺。繧偵?縺倥a縺ィ縺励※縲∵緒縺阪″繧峨★縺ォ縺薙■繧峨?諠ウ蜒上↓莉サ縺帙※縺上l繧九→縺薙m縺後>縺??縺医?

  • 江戸から明治になる時期を漫画で描く。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年、東京生まれ。漫画家、江戸風俗研究家、エッセイスト。おもな著作に『江戸へようこそ』『百日紅』『YASUJI東京』『花のお江戸の若旦那』など。2005年没。

「2022年 『江戸へおかえりなさいませ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉浦日向子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
杉浦 日向子
花輪 和一
杉浦日向子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×