完訳 怪談 (ちくま文庫)

  • 筑摩書房
3.80
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480028778

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 怪談に関しては、もうすでにお馴染のお話が分かりやすい言葉で語られていて、なんとも懐かしい「日本むかし話」を聞いているかのような趣でしたが伝聞を記したものであるからか、あまり深いところまでは響かず。英文で読んだ方がいいのかも?
    後半の「蟲」に関するエッセイの方が面白かった。
    特に「蟻」。今や雄が滅び雌だけで生殖できるかもしれない、という時代を先取りしたような内容であった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1850年、ギリシアのイオニア諸島にあるレフカダ島で、アイルランド人の父とギリシア人の母との間に生まれる。幼くして父母と別れ、19歳でアメリカに渡る。以後、世界各地を転々とし、90年に通信記者として来日。同年、小泉節子と結婚。96年に帰化し、小泉八雲と改名。英語、英文学を講じる一方、日本人の内面や日本文化の本質を明らかにする作品を描き続けた。1904年没。

「2022年 『怪談』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ラフカディオ・ハーンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×