とんでもねえ野郎 (ちくま文庫 す 2-7)

著者 :
  • 筑摩書房
3.89
  • (48)
  • (29)
  • (53)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 299
感想 : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480030443

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんか引き寄せられるように杉浦さんを読んでいるが・・・これはイカンかった。

    独特のギャグマンガである。「戯作」の流儀のようで、フツーのマンガのイディオムと違ってはなはだ居心地が悪い。

    下級御家人の知られざる境遇や生態は面白い。腕に覚えありそうでなさそうな武家出の若奥さんもいい。

  • 時代は幕末
     開発のために造られた女郎屋が、一応道場になり、そこへなんかとんでもねぇ野郎が住みついてゐる。
     ポルタアガイストの関係、衒ひの無さ加減がよい。
     後の対談での、おに―たんの相手をさせられる杉浦日向子様のエピソードが頭の中を駆け巡る。

  • 驕灘?エ荳サ縺ァ縺ゅk譯?恍蠖ヲ谺。驛弱′逋サ蝣エ縺吶k貊醍ィス縺ェ騾」菴憺寔縲る%蝣エ荳サ縺ィ縺?▲縺ヲ繧ょ殴縺ョ驕比ココ縺ィ縺?≧繧上¢縺ァ縺ェ縺上?√↑繧薙□縺九>縺、繧ら?縺ォ蟾サ縺阪▽縺、辟。驫ュ鬟イ鬟溘@縺ヲ繧区─縺倥?

  • 落語の世界
    いや、江戸がこんな感じだったのかな?
    ゆるーくてきとーな主人公の感覚がいい

  • 杉浦日向子さん「とんでもねえ野郎」、1995.7発行の漫画です。江戸「真武館」という道場、もとは女郎屋を改造した道場。主は桃園彦次郎、妻は若菜。門弟は近所の子供たち7人、ほとんど託児所w。でも、若菜はとても強いのです(^-^)

  • 幕末。
    彦次郎が酒と食と女に放蕩する、友人が巻き込まれる、妻はにこにこと見守っている、
    という何も起こらない与太話。
    作者の叙情は抑えられ、小話がただ続くのみ。
    ぬるま湯のような空気が心地よい。
    彦次郎にだまされても誰も「怒らない」というところがポイントだと思う。
    気分を緩めたいときに読んだらよさそう。

  • ゆるくておかしいお江戸漫画。
    主人公の桃園彦次郎は、ワリィ事坊主のまま大人になったようなやりたい放題の「とんでもねえ野郎」だけれども、なんだか憎めない。
    妻の若菜も、そんな彦次郎を微笑ましく思っているようで、なんとも良い夫婦だった。

    登場人物皆に、愛嬌があって癒される。

  • ここまでとんでもないと、超面白い¦
    自分は、若菜さんになりたい。

  • 飄々とした雰囲気になごむ、杉浦ギャグ。
    食い逃げ上等。

  • 桃園彦次郎という剣道場主の話。が、弱っちくてやたら逃げ足が速い。そんな男の日常を描いた漫画。大円団なんてありません。ありませんけど、ずっと読んでいたくなる漫画。残念ながら、薄い本。

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

杉浦日向子(すぎうら・ひなこ)
1958年、東京生まれ。1980年、「通言室之梅」(「ガロ」)で漫画家としてデビュー。1984年、『合葬』で日本漫画家協会賞優秀賞受賞。1988年、『風流江戸雀』で文藝春秋漫画賞受賞。1993年に漫画家を引退し、江戸風俗研究家、文筆家として活動した。NHK「コメディーお江戸でござる」では解説を担当。主な漫画作品に『百日紅』(上・下)『ゑひもせす』『二つ枕』『YASUJI東京』『百物語』、エッセイ集に『江戸へようこそ』『大江戸観光』『うつくしく、やさしく、おろかなり』『一日江戸人』『杉浦日向子の食・道・楽』『吞々草子』等がある。2005年7月22日、逝去。

「2021年 『杉浦日向子ベスト・エッセイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉浦日向子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
杉浦 日向子
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×