大菩薩峠〈4〉 (ちくま文庫)

著者 : 中里介山
  • 筑摩書房 (1996年1月発売)
3.88
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480032249

大菩薩峠〈4〉 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 単純でもあり複雑でもある同構造の組み合わせが確かに堪らんという気が。昨今よくわる二つの話の並行展開ではなく、複数の人物の(作家の頭の中ではおそらく整然として秩序だった)交錯は並大抵の業ではないですなぁ。でも繰り返しだけれどもまだ4巻でござる、、、

  • 青梅から江戸、伊勢から東海道と舞台を変えてきた物語の登場人物が、はからずも同時に甲府に集まり、新たな交流は意外なところでその登場人物をつなげていく。メンツ争いに執心するダメ支配ってのはこういう平和な時代だから出てきたのかなとか、資産家ってのはいつの時代も悪巧みに巻き込まれるもんかなとか、今に通じるというか、僕はこの物語を通して今を読んでるようにも思えてきました。

全2件中 1 - 2件を表示

大菩薩峠〈4〉 (ちくま文庫)のその他の作品

中里介山の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ハーマン・メルヴ...
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

大菩薩峠〈4〉 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする