大菩薩峠〈18〉 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (471ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480032386

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 突然前半部の新撰組のくだりに舞い戻ったり、前章の参照を求めたり、ここまで長いと実のところ作家も忘れていたストーリーを思い出したように前振り的に使っている部分もあったりするのではと訝ってしまいます。
    まぁそれが結構スムースに機能しているようだから、やっぱりこの作品は凄いんだろうなと思う次第。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

明治18(1885)年‐昭和19(1944)年。神奈川県西多摩郡羽村(現、東京都羽村市)生まれ。12歳で上京、電話交換手・小学校教員を経て社会主義運動に加わる。明治39(1906)年、都新聞社に入社。大正2(1913)年、28歳で『大菩薩峠』連載を開始。都新聞連載終了後は、毎日新聞・国民新聞・読売新聞などに昭和16 (1941) 年まで書き継がれた。

「2016年 『日本武術神妙記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中里介山の作品

ツイートする