詳注版シャーロック・ホームズ全集〈5〉四つの署名 バスカヴィル家の犬 (ちくま文庫)

  • 筑摩書房
4.13
  • (8)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (740ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480032751

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちょこちょこと展開が読めた。
    怪しい男がだれであるかも、夫婦であることも、影がホームズであることも、最後の死に方も。
    それでも、面白かった。

  • 5巻は
    「四つの署名」と「バスカヴィル家の犬」。

    バスカヴィルは超有名どこ!!
    小学生のとき読んだけど詳細はわすれ、オチ?てか犬の秘密だけしか覚えていなかったので、普通にわくわく楽しめました笑

    いやーおもしろいよね!!!!!
    バスカヴィルはワトソン君が非常に頑張ってたよ!!

    もちろん、四つの署名も面白かった~!!!!

  • 『四つの署名』…被害者の死にざまや殺害方法に毒矢を使ったり、犯人が原住民であったり、ワトソン博士のこいだったりと新しくておもしろかった財宝が見つからなかったのが残念だった。
    『バスカヴィル家の犬』…ホームズには珍しい伝説系の物語だった。また、ワトソン博士が大活躍する。地獄の犬もあっけない幕引きだった。

  • 「四つの署名」ワトソンののろけ話。セポイの反乱1857年。
    「バスカヴィル家の犬」グリンペンの底なしマイアと先史時代の英国の風景描写は秀逸。

  • 『四つの署名』

    『バスカヴィル家の犬』

全6件中 1 - 6件を表示

アーサー・コナンドイルの作品

ツイートする
×