変身の恐怖 (ちくま文庫)

制作 : 吉田 健一 
  • 筑摩書房
3.10
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (419ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480033260

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初の長編チャレンジ…が、ダメでした。「最高傑作」ってどこが??? 肌が合わないだけかもしれないが…なんだろう、たぶん「文学作品」として読んだら納得いく内容だと思うが、ミステリ(心理モノ)を期待したので…。
    主人公である作家インガムがチュニジア(異国)で予想外に長期滞在するはめになり、途中現地の泥棒を殺した?となってサスペンスがはじまったかと思いきや…遺体(?)はなぜか片付けられ、殺人があったかどうかじたい怪しくなり、インガムもなぜかどうでもいいことと捉えるようになっていく…。その点では異常は異常ですが、物語の大半はチュニジアでそれぞれボヘミアン的暮らしをする3人の男たちの交流が主。それに後からインガムを追ってきた恋人アイナが加わり、でもそこでもインガムと関係を続けるかどうかでグダグダ悩むだけで…
    ラスト、あまりにも晴れ晴れした気持ちでN.Y.へ戻るインガムが不気味といえば不気味だが。

  • ともすればうだうだしてしまう思考やうだる気候が「訳」からだだ漏れ。この相乗効果、読むだけで感じられるお得感ったら♡

  • 訳が非常に読みにくい。 
    挫折。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1921-1995年。テキサス州生まれ。『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』が映画化され、人気作家に。『太陽がいっぱい』でフランス推理小説大賞、『殺意の迷宮』で英国推理作家協会(CWA)賞を受賞。

「2018年 『死者と踊るリプリー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パトリシア・ハイスミスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
高野 和明
ピエール ルメー...
ウンベルト エー...
伊藤 計劃
パトリシア ハイ...
アガサ クリステ...
三浦 しをん
村上 春樹
パトリシア・ハイ...
岸本 佐知子
パトリシア ハイ...
パトリシア ハイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする