猫語の教科書 (ちくま文庫)

制作 : Paul Gallico  灰島 かり 
  • 筑摩書房
3.88
  • (212)
  • (193)
  • (226)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 1924
レビュー : 279
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480034403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 猫好きなら気になるタイトル(笑)  猫はどうやら‘飼われてやっている’より上手の‘家を乗っ取る’らしい^^ 確かに気ままに過ごしている我が家の猫をみると‘乗っ取られている’のかもしれません^^ まあ、それでもいいや。お互い幸せなら♪

  • 猫好きにはたまらない

  • きゃわわ。


    著者紹介からすでに秀逸。

  • ネコ好きにはたまらない一冊です。
    何より作者がネコというのがたまりません。
    ネコの気持ちが良くわかるので、これからネコを飼いたいと思っている人にもお勧めです。

  • 猫好き必読の書としてタイトルだけは知っていたこの本。今回古本屋で見つけたのでやっと手に取った。
    人間の飼い慣らし方などのハウツーを猫が執筆するという体制。内容は猫好きなら余裕で推測できる範囲だけど、それでも楽しい。なるほど猫好き必読だな。
    白黒とはいえ写真もかわいいし、文庫の見返しの著者紹介欄の芸が細かいのも良い。

  • 第一章 人の家をのっとる方法
    そうです。この本の原稿は、ツィツァという猫がタイプライターを使って
    他の猫のために書き下ろしたものなのです。
    猫が猫のために、タイプライターを使って書いた・・・?
    そんなところに拘ってはいけません。だって、結局ポール・ギャリコさんが、
    ツィツァの視点を借りて、人間のために書いたものだからです。
    そして、この本には、人間も猫も、幸せに暮らせる秘訣が詰まっています。
    ツィツァの視点から見ると、人間とはとても愚かにも思えますが、一方、
    愛すべき存在にも思えてくるのです。

  • ねこちゃんが書いた本ですって!

  • 猫による、猫の快適な生活のためのマニュアル本。猫ならではの高貴なプライドと、人間への愛情とちょっとしたセンチメンタルと、これを読めば、猫好きはたまらない気持ちになりそう。さて、飼われているのはどっち?

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/cgi-bin/opc/opaclinki.cgi?ncid=BA39253085

  • 3/8NHKラジオすっぴん で紹介!
    猫は何を考えているか知っていますか?
    そして猫のことを考える人間のことも丸裸に。オススメです!

全279件中 31 - 40件を表示

猫語の教科書 (ちくま文庫)のその他の作品

猫語の教科書 単行本 猫語の教科書 ポール・ギャリコ

ポール・ギャリコの作品

ツイートする