猫語の教科書 (ちくま文庫)

制作 : Paul Gallico  灰島 かり 
  • 筑摩書房
3.88
  • (212)
  • (193)
  • (226)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 1940
レビュー : 279
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480034403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 猫による猫のための人間のしつけ方の本。

    猫と同居させていただいている人間であるわたしも、猫ちゃんのことを知るために是非とも読んでおきたいところ。

    猫目線の語りが愛らしく、猫は絶対こう見ているだろうなと納得させられる。

    自由きままに生きている猫からしたら、言いたいこともやりたいことも十分には出来ず、不満を抱えつつも自分を幸せに見せたい見栄はあり、体裁を気にしと本当におかしな生き物に見えていることだろう。

    香箱座りしながら時々チラ見する我が愛猫も、愚かな同居人であるわたしを哀れんでいるのかもしれない。

    《ボクがいてやらないとアイツは何も満足に出来ないから手がかかるけれど仕方ないにゃ。》

    スザンヌ・サースの可愛らしい猫ちゃん写真も満載で、猫好き垂涎の一冊。

    この本を読んで勉強したからか、我が愛猫の好きな缶詰の銘柄がようやく判明し、愛猫にも満足していただけた。

    《これこれこれだにゃ。
    缶詰ひとつ見つけるのにどれだけ時間がかかるんだにゃ。
    本当にダメだにゃ。》

    良かったです。

  • 印税をその猫に支払うべきである

     表紙をご覧頂きたい。被写体がタイプライターに愛らしい手(前足)をかけた写真を。ちょっとさわってみただけにしては、随分としっかりした手つき(足つき)。その角度、その体勢、また、耳の向きなどから、知的好奇心がにじみ出ているように思えてならない。
     出版側の都合上、著者はポール・ギャリコ名義になっているけど、もちろん違いますとも。この教科書は、猫ちゃんがタイプライターで打ったものに決まってるじゃないか!

     ああ、文字を読むことのできる世界中の猫たちに、この優れた教科書を読む機会を与えたい。暗号を解読し、出版に尽力したポール・ギャリコ氏に、心から感謝したい。
     感謝した上で言いたい。
     印税は、猫に支払って頂きたい! 缶詰がいいかにゃ?

    『猫語の教科書』は、人間のしつけに最適の一冊。講師が自らの経験から、猫生来の魅力を最大限に引き出し、身近な人間をとりこにすること、また、人間をうまくしつけることが快適な生活を手に入れるための第一歩であることを述べている。
     その目的を果たすために、しばしば用いられるのが「乗っ取る」という表現。家を、椅子を、ベッドを、どんどん乗っとる! 獣医だって、じょうずに利用するという。
     また、猫の心意気の一種が食い意地である。ここで意地をはることは、恥ではない。食は文化だ。
     猫は、おいしい食事をすることを決してあきらめない動物なのだ。素敵なおすそわけを頂くための方法も、この一冊でまるわかり!

     野性の生活で培った本能は、簡単には薄れるものではない。「どんな天気だって外に出る権利があります」は、猫としての誇りを感じさせる、頼もしくも気高きひとことと言えよう。

     人間がこれを読んで幻滅するかって? 答えは猫が一番よく知っているはず。あり得ない。

  • 我々は人間に飼われているのではない。人間を外側から、また、内側から、完全に飼育しているのだ。その為には多少の犠牲も覚悟しなければいけないし、我慢することだって経験するかもしれない。だが我々は決して妥協してはならない。我らがいずれこの世界の長になるまでは。声なき声で叫ぼうぞ、ニャーン。

  • 再読(たぶん)。

    とある飼い猫が後輩猫たちのために書いた「人間の家を乗っ取って快適に暮らす方法」。

    人間は、猫にいいように操られているんだなあ・・・。
    いや、ほんとに。

  • この本は、猫を飼った人にはとても良く理解できると思う。本書は、猫がいかに快適な住処を手に入れるかという、猫による猫のためのマニュアルなのである。
    完全に上から目線で、人間が飼っていると思い込んでいる猫は、実は逆で人間が猫に操られているのだ。猫目線で愚かな人間をどう扱い、どうやって美味しいご飯を手に入れるか、あったかいベッドで寝るか、など人との暮らし方が丁寧に綴られている。この本によると、可愛らしいしぐさも、全部計算ずくということだ。
    自分が子どもの頃飼っていた猫を思い出して、懐かしい気持ちになるのと同時に、もっと優しくしてあげればよかったと思った。

  • 猫好きなら、必修。(教科書やし。)

  • 2011.2読了。
    友人からのプレゼント本。
    猫が大好き!猫に征服されたい!!あの肉球の上で転がされたい!!!という方におすすめ。
    パートナーが自分より猫を大好き過ぎることが悩みな人もお手本にしてみるといいかも?

  • 猫はいかにしてその魅力をもって人間を虜にするのか?
    猫による猫のための人間攻略書。
    必殺「声なしのニャア」の使いどころなど大変ためになる内容。

  • 猫視点による人間の扱い方が書かれた本です。
    作者(作猫?)がお茶目でとても可愛いです。猫はみんな可愛いです。
    読んでいると、所々にハッとするような人間に対する鋭い考察が書かれています。猫からすれば、本当に人間は奇妙な生き物なんでしょうね。気まぐれで、愚かで…。近所の猫からも自分は都合のいい人間だと思われているのだろうかと考えると、ちょっとだけ寂しくなります。冗談です。

    ずっと作猫の語り口調でチャーミングに書かれており、するするっと楽しく読み進めることが出来ました。本当に可愛いですね、猫という生き物は。

  • 2015.01.01.

全279件中 71 - 80件を表示

猫語の教科書 (ちくま文庫)のその他の作品

猫語の教科書 単行本 猫語の教科書 ポール・ギャリコ

ポール・ギャリコの作品

ツイートする