猫語の教科書 (ちくま文庫)

制作 : Paul Gallico  灰島 かり 
  • 筑摩書房
3.88
  • (212)
  • (193)
  • (226)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 1924
レビュー : 279
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480034403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 猫好きにはたまらない一冊。
    第1章 人間の家をのっとる方法は、まさに猫嫌いだった父のハートを鷲掴みにした手法そのもの。
    第15章 別宅を持ってしまったら も、そういえば外出・外泊が時々あった我が家の猫も。。。。と得心がいく。
    本書は猫が書いた(というかタイプした)本の翻訳なので、作家の顔写真も略歴も、ちゃんと猫ちゃん!というところまで洒落ている。
    他にも沢山、写真が掲載されていてて、著猫の恋猫(白猫)が我が家の猫にそっくりだったのも嬉しい。

  • [ 内容 ]
    ある日、編集者のもとへ不思議な原稿が届けられた。
    文字と記号がいりまじった、暗号のような文章。
    “£YE SUK@NT MUWOQ”相談を受けたポール・ギャリコは、それを解読してもっと驚くはめになる。
    原稿はなんと、猫の手になる、全国の猫のためのマニュアルだった。
    「快適な生活を確保するために、人間をどうしつけるか」ひょっとしてうちの猫も?描き下ろしマンガ(大島弓子)も収録。

    [ 目次 ]
    人間の家をのっとる方法
    人間ってどういう生き物?
    猫の持ち物、猫の居場所
    獣医にかかるとき
    おいしいものを食べるには
    食卓でのおすそわけ
    魅惑の表情をつくる
    ドアをどうする?
    クリスマスのおたのしみ
    旅行におともするコツ〔ほか〕

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 猫を飼っているので「分かる分かる」と共感してしまう。日本の猫だけじゃなく、海外の猫も同じような性格してるんだなぁと感心した。自分の家の猫を少し疑いの目で見てしまいそう。

  • 苦手な語り口、いらいらする。ツィツァ、サンボ。やがてくるであろう猫族による人間征服を一歩推し進めたということ、声を出さないニャーオ

  • 『雪のひとひら』の雰囲気が好みだったこともあり、作者つながりで買って読んでみた。結果、ギャリコの作品を手当たり次第本棚に登録することになっていた。

  • 猫が世界中の猫に向けた人間との暮らし方指南書。

    猫の視点から人間を描くというのはありがちな視点のようで、よくよく猫との距離が近くなければ猫飼いからの共感を得られないように思うが、本書は自分の飼い猫の行動を思いだしてにやにやしてしまうような面白さがある。

    猫を飼っていない人は猫を飼い主になった気分を味わえ、飼っている人は自分の猫がよりいじらしく思えるような本

  • 読了。

  • 猫の一人称、といえば漱石の『猫』である。同様に本書も猫の独り言なのだけれども、こちらは妙に気持ち悪いのはなぜだろう。途中から斜め読みになっちまいました……。

  • 猫が書いた人間操縦法。
    こんなに冷静に人間を観察できるのは、やっぱり猫ならでは?

  • 美人で、聡明で、自由な猫さん。

    私に、人生の上手な歩き方を教えて下さい。

全279件中 81 - 90件を表示

猫語の教科書 (ちくま文庫)のその他の作品

猫語の教科書 単行本 猫語の教科書 ポール・ギャリコ

ポール・ギャリコの作品

ツイートする