猫語の教科書 (ちくま文庫)

制作 : Paul Gallico  灰島 かり 
  • 筑摩書房
3.88
  • (212)
  • (195)
  • (226)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 1941
レビュー : 279
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480034403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学生か中学生くらいの頃に買ってずーーーっと積んでたやつ。
    作者が猫大好きで、猫飼いの気持ちや願望がこれでもかというほど代弁されている素敵で愉快な本やったけど後半飽きたので評価低め。
    わかるよ、猫が主人だしわたしたちは猫の奴隷だしそうありたいし、猫にはそうあってほしいよね。猫好き・猫飼いのわたしらにはそういう願望がある。
    猫好きの猫飼いが読むと悦びで身悶えしちゃうよ。

  • 苦手な語り口、いらいらする。ツィツァ、サンボ。やがてくるであろう猫族による人間征服を一歩推し進めたということ、声を出さないニャーオ

  • わたしにとっては少なくとも昨日読んだ「わたしの一生」よりは面白かったかな。「猫が人間を支配している」という見解については両方とも一致してるんだけれどね(笑)

    やはり猫を飼っている身としては「うちの猫」はどう考えてるんだろう?と比較して考えざるを得ない。「この教科書、読んだのかな?読んでないのかな?」とかね。

    結果としては「うちの猫はこの本を読んでいない」と思った(笑)声のない「にゃー」は見たことないもの。。それとも単にできないだけだろうか?それに食卓と流しの上にはあがらないこと、というマナーもなってない(笑)ちょっとはこの本を読んで勉強して欲しいものだ(爆)

    っていうか、もしかしたらうちの猫もこの本はとっくに読んでいて「ここは納得できるけど、ここは無視」なんて決めちゃってるとかね。そしてこの本に書いてある風にわたしらのことを思ってたら怖いわ。

  • 猫が大好きなひとはおもしろいんでしょうね。

  • 勉強になった

  • 猫が描いた人間の家の乗っ取り方読本。

    跳躍者の時空のガミッチを想像して買ったらがっかりした。
    文章の合間合間に「アタクシ、頭いいでしょう?」といった筆者の自慢が入るHowto本と言えば分かりやすいだろうか。

    猫視点の本って自信満々に見当違いなことを言うから猫っぽくて可愛いのになぁ。この「アタシ頭いい!」感を前面に出してる感じがむしろ猫っぽいとも言えるけど、これに可愛げを感じるのは俺には難しい。

  • 猫が人間の家を乗っ取るための方法を説いた本という設定。
    う〜ん、期待が大きかっただけにちょっと肩透かし。

    「人間は猫を擬人化して考えたがるの、
     本当は猫はそんなつもりじゃないのにね」
    というような言葉が出てくるけど、
    まさにこの作品がその最たるもの。
    あまりに人間的な思考法で語る文章に
    ちょっと冷めてしまい、その設定を楽しめない。

    僕が猫を好きなのは、人間のような理性や知性に則った
    思考の想定を遥かに超えたルールで飄々と生きる、
    その「人格的でなさ」なんだろうな。。

    ただし序盤の、男や女や子供や
    独り者についての考察は大層面白かった。

猫語の教科書 (ちくま文庫)のその他の作品

猫語の教科書 単行本 猫語の教科書 ポール・ギャリコ

ポール・ギャリコの作品

ツイートする