東京の江戸を遊ぶ (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
4.00
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480035950

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 下町で生まれ育った著者だからこその1年をかけた下町論だ。自分なんぞは月島の路地裏を歩いてもノスタルジーを感じるのだが、もう東京には江戸はおろか昭和の下町さえ壊されていっているんだな~ 江戸切絵図を携帯し、東京を歩いたことがあり、落語好きで、カヤックも趣味としていた自分としては、本書は膝を打ちながら楽しめた。「黄金餅」を歩くなんざぁ粋でいいね~

  • 大分前に読了。いつもながらのなぎら節が心地よい一冊。けんど、これ以前に一度読んだかも。

  • 深川の七福神巡りはしてみたいね。

  • なぎらさんが木挽町のお生まれだったとは!

全4件中 1 - 4件を表示

なぎら健壱の作品

ツイートする