火星ルンバ (ちくま文庫)

著者 : 吉田戦車
  • 筑摩書房 (2002年1月発売)
3.50
  • (4)
  • (5)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
  • 45人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480036995

火星ルンバ (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 吉田戦車のマンガは、時々売られてゐるのを見つけると、ついつい買つてしまひたくなるマンガである。
    火星といふ世界は、どうも色々な想像をかきたてる世界である。地球上でも縦横無尽に暴れてゐた想像力が、地球上を突破して、さらに自由に駆け巡る。
    火星といふ土地柄のせいか、概念のナンセンスさは今まで読んだ中でも一番ではないかと思ふ。ものの名前、性別、社会システム、どれもとつても、ナンセンスなものばかりだ。しかもそれを、いとも簡単に、自然にやつてのけるから笑へてしまふ。
    概念とはかくも簡単にひつくりかへる。そも、概念とはひとが生み出したものに過ぎない。信じるひとが変れば信じられる概念も変る。火星と地球のひとが出合ふといふことはなささうだが、育つた文化や環境が異なれば、かうしたことは往々にして生じることである。しかし、地球上においては、行き渡つた情報の網があるため、人間であるといふその前提に基づく以上のずれはない。人間であるといふ文脈が持ちうる情報は大きい。けれども火星は事情が違ふ。人間のやうで、人間ではない。地球の当たり前など、いとも簡単にぶち壊される。
    それにしても、火星に行く地球の人間もかなり適応力が高い。大きな隔たりを前にしても、彼らはたくましく、そして楽しんで火星の生活を満喫してゐる。疑ひながらも手探りで、少しづつ巻き込まれながら過ごす火星生活は、まさしくルンバ。

  • 地球人が火星に侵攻し、火星人と付き合い始めて3年。

    唄って、踊って、恋をして。
    火星ルンバ!!温かい家を渡り歩く、渡り男が好き♡

  • 火星トラ?

  • きもかわいい。

  • スコラ版を持っています。
    漬物といっしょに漬けられていた兄大会は、ぜひ地球でも開催すべきなのです

  • 地球人と火星人との交流(?)を描いた、吉田戦車の短編集。一見ムチャクチャな設定の中でも、不思議と矛盾無くストーリーが展開されていく手法はやはり流石と言えるだけものがある。<br>
    「渡り男の季節」と「辺境のチーズ」辺りが良いですね。バカバカしくて。

全7件中 1 - 7件を表示

火星ルンバ (ちくま文庫)のその他の作品

火星ルンバ Kindle版 火星ルンバ 吉田戦車

吉田戦車の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

火星ルンバ (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする